福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみた。食・温泉・観光どれも豊富な九州へぜひ!

Kyushu travel plan 3days title

おいしい食べ物、海や山、温泉などの豊富な観光資源、どれを取っても旅行先にうってつけの九州

……のはずなのですが、とある旅行サイトの調査では、地域別で「沖縄」「北海道」「九州」がベスト3になったとのこと。
沖縄や北海道が人気なのはわかるが、それにしても…3位だとっ……!

というわけで、対抗して長崎出身・福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみることに。

九州各県をそれぞれ語りだすととても収まりきらないので、今回は全国各地からの来やすさも考えて福岡を拠点とした場合で考えたいと思います!


1日目・福岡泊。選びきれないほどの美味しいものを堪能

初日、福岡に着いたら早速チェックイン。

例えば首都圏や近畿圏からだと、飛行機、新幹線、バスなど様々な移動手段があります。

もちろんジェットスター等のLCCも充実。
成田や関空経由だとちょっとめんどくさいですが、福岡空港に着いてしまえばLCCだろうと他の航空会社だろうと同じ空港内にあり、そこから地下鉄5分で博多駅、10分で天神まで出られます。

たぶん日本で一番便利な空港。

もしチェックイン開始前の早い時間に到着しても、普通のホテルなら荷物を預かってくれるはず。
大きい荷物を置いて、遊びになりご飯を食べに出かけましょう。

到着してから時間があるなら、オープントップバスに乗ったり、川端商店街を歩いてみたり、太宰府天満宮に足を伸ばしたりなど福岡を観光して回ってもいいですね。


頑張って初日の昼〜夜に福岡グルメを詰め込むなら、昼に水炊き、夜はもつ鍋&魚でその後ラーメンで締め、といったところでしょうか。

Yamasho 9 Shin shin 7

さらに言うなら次の日の朝か昼にうどんも食べてみてほしいところ。

福岡は全国でもトップクラスに美味しいものの種類が豊富でクオリティも高いところなので、旅行に一緒に行く人達で大いに悩んでください!


私のおすすめの店は、以下の記事にガッツリまとめてあります。
行きやすいように、福岡市中心部(天神、中洲、博多駅周辺)限定で選びました。

ガチで選んだ福岡グルメまとめ
【保存版】福岡市民の私がガチで選んだ、福岡グルメのおすすめ店まとめ


旅行や出張で来て福岡を気に入り、そのまま移住することにしたという人にも何人も会いました。
街のコンパクトさ、適度な人口、ご飯のおいしさ、本当にいいところですよ。
独身の若い女性も多いので、相手を探したい男性にもうってつけ

私がそれでも福岡市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!住と食のクオリティが高すぎる。

2日目・観光を楽しんだら、温泉地でゆっくり

さて、九州旅行の2日目。

福岡はいいところだと書きましたが、実際のところ「ここは行っとけ!」と思えるような観光地が少ないのは事実。
(もし「こういう良い観光地があるよ!」というのがあれば@ushigyuまでご一報を)


せっかく2泊するのであれば、ぜひ2日目は九州の名だたる温泉地や観光地に足を伸ばしてみてください。
電車だと場所や時間が限定されるので、動き回るのであればレンタカーがおすすめ。

私が最近よく使っているのは、たびらい楽天トラベル(レンタカー)
大手予約サイトにはない割引プランがあったりして、お得に利用できることが多いです。要チェック。



たびらいでレンタカーをチェックする

楽天トラベルでレンタカーをチェックする

その際、福岡から西・東・南にそれぞれいいところがあるので、分けてご紹介。

▼西プラン

福岡から西に行くと、佐賀県や長崎県があります。

ちょっと忙しくはなりますが、佐賀県まで移動して呼子で名物・イカの活き造りを食べ、長崎ハウステンボスでエンターテイメントを満喫してから、嬉野温泉に宿泊、なんていうプランはいかがでしょうか。

[グルメ]イカの本場、佐賀・呼子でめちゃ美味いイカづくし!「いか本家」

福岡空港にも1時間20分くらいで戻れるので、翌日の飛行機がある程度早い時間でも大丈夫。

嬉野温泉では、温泉はもちろん全国一を何度も受賞しているお茶や、佐賀牛などのグルメも楽しめます。

Ureshino warakuen 24 お茶が香る温泉旅館「和楽園」嬉野の名物、温泉・お茶・溶ける湯どうふを満喫してリラックスできる宿。
Ureshino spa attaka matsuri 10

佐賀〜長崎の県境付近は全国有数の焼き物の里でもあるので(有田焼、唐津焼、伊万里焼、波佐見焼など)、好きな人はそちらに行ってみるのもいいですね。

福岡⇔嬉野温泉の移動手段に関してはこちら
福岡や長崎から、嬉野温泉に向かう交通手段の比較と所要時間




もう少し先まで行って、長崎市内を観光するのもおすすめ。

日本・西洋・中国が融け合って独特の雰囲気をもった長崎市内観光、日本三大夜景にも数えられる稲佐山、地獄めぐりが楽しめる雲仙など、こちらも見どころ満載です。

Kyushu travel plan 3days 2
DSC_04435875 / Marufish

福岡から長崎までの移動に関しては、以下の記事も参考に。

福岡⇔長崎間の交通手段を比較
福岡〜長崎間の移動なら電車・バス・車のどれがいい?どれが安い?考えてみた


▼東プラン

東に行けば、温泉の源泉数、湧出量ともに日本一を誇る大分県があります。

中でも有名なのは由布院(湯布院)温泉別府温泉

由布院はおしゃれなカフェやレストランが多く、周りには田園風景が広がっています。
温泉街というよりもモダンで若い世代にも行きやすいイメージ。

DSC02106 モダンでのどかな温泉街、大分県・湯布院の風景や街並みの写真

別府は日本一の温泉地・大分県の中でも最大の温泉湧出量・数を誇る場所で、他に類を見ないほどの歴史ある巨大温泉都市。

Beppu_Umi_Jigoku_Onsen_7
Beppu_Umi_Jigoku_Onsen_7 / variationblogr

温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市。源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。国際会議観光都市にも認定されており、毎年800万人を超える観光客が訪れる観光都市別府は泉都とも呼ばれている。
別府市 – Wikipediaより)

いずれも関アジ・関サバや豊後牛、唐揚げやとり天など、食べ物に関しても事欠きません。


周辺観光地としてもいろいろありますが、例えば日本一の吊り橋があったり、

DSC02244

以下の記事で紹介されている羅漢寺なんかも個人的に気になってます。

▼南プラン

福岡から南に行けば熊本県

黒川温泉、阿蘇周辺の温泉郷などこちらも温泉地が充実。

黒川温泉サイコーな理由
私が黒川温泉をオススメする理由。被災地支援とか小難しいことはいいから、ただただ普通に遊びに行こう


現在も火山活動を続ける阿蘇山。ここ数年は活動が活発になっており、残念ながら火口を見ることはできません。(2017/1現在)

ですが、そこまで行かなくとも阿蘇は絶景のバーゲンセール状態。どこへ行っても素晴らしい風景。

阿蘇の絶景ポイント紹介
絶景のバーゲンセール!熊本・阿蘇で押さえておくべき眺望ポイント3選


阿蘇周辺は畜産業も盛んで「阿蘇ミルク牧場」や「カドリー・ドミニオン」など、動物と触れ合える牧場施設もありますよ。


市内に行けば熊本城がありますし、馬刺しや熊本ラーメン、海の幸なども味わえます。

Mutsugoro 10 Gw kumamoto gourmet tour 24

3日目・温泉街を散歩して帰るもよし、福岡でもう一発グルメを楽しむもよし

3日目は、残り時間に合わせて温泉街を散歩したり湯めぐりをするもよし、福岡に戻ってもう1、2食とグルメを堪能するもよし。

思い思いに残りの九州滞在を楽しんでください。

あとがき

九州じゃなくて九州北部やん!と言われるかもですが、福岡を拠点にと考えるとやはりそうなってしまうのと、九州全土をがっつり語り出したらキリがないということで今回はこのくらいで。

もちろん宮崎や鹿児島も温泉や自然豊かな観光地に、黒豚や地鶏などのグルメも充実した魅力的なところです。
九州新幹線の開通で、九州北部からのアクセスもかなり良くなっていますしね。
(どなたか南九州編書いてくださると嬉しいです。私自身があまり開拓できてないので。。。)


いずれにしても、食べ物が美味しく人が暖かいというのは九州全体で共通。どこに行っても楽しめるいいところなのは間違いないです。

ぜひ一度…と言わず何度でもおいでください!

⇒ エクスペディアで福岡のホテルをチェックする


なんだか九州旅行行ってみたくなった、あるいはいつか行ってみたい…という方は、以下の記事をブックマークしておくと便利です!
飛行機やホテル、それらを組み合わせて割引になるツアーなどが予約できる、私が実際に使っているサイトを紹介しています。

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

この記事は、以下のブログ記事にインスパイアされて書きました。ありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。