【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

福岡の名店「たんか」熟成されたシルクのような牛タンのしゃぶしゃぶと焼き飯がうますぎる!

福岡の名店「たんか」熟成された牛シルクタンのしゃぶしゃぶと焼き飯がうますぎる

グルメの街・福岡には、知る人ぞ知るおいしい名店がたくさんあります。

今回紹介する牛タンの店「たんか」もその1つ。
(「知る人ぞ知る」と言った割にはかなりの有名店ですが、そこは目をつぶっていただいて……)


名物は「牛タンしゃぶしゃぶ」。希少なタン元の部位を独自の方法で熟成させることにより生まれた滑らかな口溶け食感が特徴で、柔らかく旨味が強いのに脂っこくなくさっぱり。

シャキシャキのネギ、特製の和出汁ダレといただくと最高。

締めの焼き飯は、東京で「チャーハン王」なる専門店をひらくほどの出来栄え。特製酢醤油ダレをかけると、また違った味わいが楽しめます。


牛タンと言えば焼き肉のトップバッターの印象でしたが、しっかり仕込まれた良い牛タンをしゃぶしゃぶで食べたらこんなにおいしいのかと感動するほど。ぜひ一度行ってみてほしい!


「たんか 本店」のアクセスと基本情報

「たんか」の本店があるのは、福岡市中央区の清川というところ。

天神、博多駅からそれぞれ徒歩だと20分ちょいかかる距離なので、バスやタクシー等を使った方が良さそう。

駅で言えば地下鉄七隈線の渡辺通駅が一番近いですが、そこからでも徒歩10分くらいかかる。

最寄りのバス停「高砂」からなら徒歩2分です。


本店でなくても良ければ、天神、博多駅それぞれに支店があるのでそちらに行くのもいいかもしれません。
いずれも人気店なので、予約しておくのがおすすめ。

天神たんか(@tenjin_tanca) • Instagram写真と動画

博多たんか|店舗詳細・アクセス・営業時間 – たんか/TANCA


【たんか 清川本店の基本情報】

店名たんか 清川本店
電話番号092-531-8529
住所福岡市中央区清川2-19-28
営業時間18:00〜25:00(ラストオーダー24:00、ドリンク24:30)
定休日なし
Web公式:たんか清川本店(渡辺通)|店舗詳細・アクセス・営業時間 – たんか/TANCA

Instagram:たんか清川本店(@tanka_kiyokawa2010) • Instagram写真と動画

Twitter:牛タンたんか(@gyutan_tanca)さん / Twitter

たんか本店のメニュー。牛タン焼き、タンしゃぶ、焼き飯は外せない

渡辺通りから横道を少し入ったところにある、たんか清川本店。看板や入り口が小さめで落ち着いた印象。

渡辺通りから横道を少し入ったところにある、たんか清川本店

待っている方たちもいましたが、私たちは予約していたのですんなりと入店できました。


店内はカウンター席にテーブル席が3、4つほど。ただ2階もあるようだったので、席数はもっと多そうです。

たんかに来たらまず注文しておきたいのが、牛タン焼き(1,848円)。
サガリ焼きやテール焼きもいっておきたいですが、タンしゃぶを食べるつもりならそのあたりはお腹と相談で。

たんかに来たらまず注文しておきたいのが牛タン焼き

特製タンしゃぶは2,500円。これは外せない!
もつ鍋も食べてみたいんですが、タンしゃぶを注文しない勇気が必要になるのでいまだに手を出せていません。。。

特製タンしゃぶは2,500円。これは外せない

一品料理メニューも豊富なので、色々つまみながら呑むのもいいですね。(空いてれば)

一品料理メニューも豊富

一品料理メニューも豊富2

タンしゃぶと並んで外せないのが、名物の焼めし(759円)。
食べてみたいものはたくさんありますが、締めの焼めし分の容量は空けておくのをおすすめします!

タンしゃぶと並んで外せないのが、名物の焼めし


旨味の詰まった牛タン焼きを噛み締める

まずはビール!舌が大きな牛がプリントされた、たんかオリジナルのジョッキでいただきます。
お通しは牛モツと野菜の酢の物で、来たるべきお肉に向けて食欲を高めてくれる。

舌が大きな牛がプリントされた、たんかオリジナルのジョッキでビール

最初にやってきたのは、牛タンメンチカツ2ヶ660円。

牛タンメンチカツ2ヶ660円

中身はジューシーな牛タン100%。外側はザクザクとした衣で、オリジナルトマトソースが思った以上にクオリティ高い。うまうま。

中身はジューシーな牛タン100%


たんかに来たら絶対に外せないメニューの1つ、牛タン焼き
漬物とあっさりめの酢醤油、それに撮り忘れましたがからし、マスタード、わさびがつきます。

たんかに来たら絶対に外せないメニューの1つ、牛タン焼き

コリっと歯ごたえはあるものの、とても柔らかい。熟成され凝縮した脂が内蔵されていて、噛むたびに牛タンの旨味がじわじわあふれてきます。これはうまい。たまらん。

噛むたびに牛タンの旨味がじわじわあふれる

牛テール焼き。感覚としては豚足に近く、脂身とコラーゲンが多めで柔らかい。
しっかり煮込まれているのでホロホロと骨から外れます。さっぱりとしたタレやからしと好相性。

たんかの牛テール焼き


滑らかなタンしゃぶは和だしと相性抜群。激ウマとしか言えねえ

暖機運転にしては豪華すぎるメニューを食べ終えたら、いよいよ本日のメインディッシュである牛タンしゃぶを注文。
卓上コンロがセッティングされ、美しい牛タン盛りと野菜、鍋が運ばれてきました。

本日のメインディッシュである牛タンしゃぶ

細かいサシが入った桜色の牛タン。見るからにおいしそう……!

細かいサシが入った桜色の牛タン

別皿には牛タンと一緒に食べるネギや水菜、豆腐、ヤングコーン、ポン酢に入れる小ネギと大根おろし。

牛タンと一緒に食べるネギや水菜、豆腐、ヤングコーン、ポン酢に入れる小ネギと大根おろし

タレはポン酢と特製和だし。おすすめは和だしとのこと。

タレはポン酢と特製和だし


店員さんの説明にしたがい、まず火の通りにくい豆腐とヤングコーンを入れておきます。
あとはネギと牛タンを入れ、いい感じになったらタンとネギを一緒に食べる。

ギと牛タンを入れ、いい感じになったらタンとネギを一緒に食べる

牛タンでネギを巻いて、和だしにつけて……いただきます!!

牛タンでネギを巻いて、和だしにつけていただきます

とても滑らかなシルクタンは、食感はちゃんとあるのに柔らかい。
タンの旨味と和だしとの相性も抜群で、とにかくうまいとしか言いようがない。牛タンってここまでおいしくなれるのか。


ポン酢につけるとよりさっぱりといただけます。こちらも文句なくうまい。
けど和だしとのカップリングにはかなわないかな。

ポン酢につけるとよりさっぱりといただける


たんかの締めはやっぱり焼き飯しか考えられない!

たんかの締めはやっぱり焼き飯

そのまま食べても超うまいですが、卓上にある焼き飯のタレをかけるといい味変になります。
メニュー記載のおすすめの食べ方では「半分食べたらかけてね」とありましたが、お好みで。

卓上にある焼き飯のタレをかけるといい味変になる

締めのお供に黄金テールスープまでいただいてしまいました。お腹いっぱい。

締めのお供に黄金テールスープa


たんかのタンしゃぶは全国でお取り寄せできる!

福岡には行けないけどタンしゃぶが食べたい!

そんな方に向けて、たんかではお取り寄せの牛タンしゃぶしゃぶセットを全国に向けて販売しているようです。

2人前の牛タンとネギやタレ、お店にはない締めのうどん、それに焼きめしまでついて6,980円。
ただし人気があるようでいつでもは購入できないらしく、毎週日曜の10:00より販売しているようです。

牛タンしゃぶしゃぶだけでなく、ハラミしゃぶしゃぶやもつ鍋、焼肉、一品料理のセットも。


私も店に行けない状況のときにはお取り寄せ狙ってみようと思ってます。


「たんか」は訪れる価値のある名店です

福岡在住の方はもちろん、旅行や出張で福岡に来る人にもぜひ行ってみてほしいお店。

牛タン焼きと牛タンしゃぶしゃぶ、焼き飯は必須なので、それだけお忘れなくお願いします!


福岡市民の私がガチで選んだ、福岡・博多の絶品グルメおすすめ店まとめ 【2022年】国内旅行に安く行くために調べるべきオススメ予約サイトまとめ

コメントを残す