【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

iPhoneのロック画面にPayPayウィジェットを設置する方法。支払い画面が1タップで出せて超便利!

iPhoneのロック画面にPayPayウィジェットを設置する方法

2022年9月リリースのiOS 16で、iPhoneのロック画面にウィジェットを設置できるようになりました。

【iPhone】ロック画面の壁紙やウィジェットをカスタマイズする方法

横1列4ブロックの狭い範囲ではありますが、天気予報や気温、スケジュール、株価など好きなウィジェットを置いていつでも情報を確認可能。

iPhoneロック画面のウィジェット

このiPhoneのウィジェット機能に、日本で1番普及しているコード決済・PayPay(ペイペイ)が対応しました。


ウィジェットをiPhoneに設定しておけば、支払いのときにロック画面から1タップでPayPayコード決済の画面が開けてとても便利。

iPhoneでPayPayを利用中のユーザーは、ぜひ設定しておきましょう!


iPhoneをiOS 16にアップデート

まず、iPhoneがiOS 16以上にアップデートされている必要があります。


iOSのバージョンがわからない場合は、設定の「一般」→「iOSバージョン」を確認。ここが16.0以上であれば大丈夫です。

iOSバージョンの確認方法

iOSをアップデートしたい場合は、同じく「一般」→「ソフトウェアアップデート」から「ダウンロードしてインストール」してください。多少時間がかかります。

iOSのアップデート手順


PayPayアプリを最新版にアップデート

まず、PayPayアプリをウィジェットに対応した最新版にアップデートしましょう。

App Storeを開き、右上の人型マークをタップ。
アップデートの欄にPayPayが含まれていたら、「アップデート」を押して更新してください。

PayPayアプリを最新版にアップデート

上記画面に表示される情報が古い場合があるので、一度ディスプレイを上から下にグイッと引っ張って一覧を更新するといいでしょう。

それでもPayPayアプリが出てこなければ、おそらく自動的に更新されているはず。


なお、PayPayアプリのウィジェット対応は2022年10月5日にリリースされたバージョン3.59.0以降となっています。


iPhoneロック画面にPayPayウィジェットを設定する手順

ロック画面を長押しして、壁紙(ロック画面)の選択画面で「カスタマイズ」をタップ。

条件が整っていれば、ウィジェット追加の画面にPayPayの項目が出てくるはずです。場所はNewsとカレンダーの間。

ウィジェット追加の画面にPayPayの項目が出てくる

iPhoneもPayPayアプリもアップデートしたのにPayPayの項目が出てこないという方は、一度PayPayアプリを開いてから再度試してみてください。私はそれでうまくいきました。


PayPayウィジェットの種類は2つ。

コンパクトな1ブロックのタイプと幅広な2ブロックの2種類がありますが、デザインは異なるものの機能は同じなのでどちらでも好きな方でOK。

PayPayウィジェットの種類は2つ

試しに両方設置して試してみましたが、どちらもタップすると直接PayPayの支払い画面が開きました。ロック画面から直接移動できるので非常に便利。

タップすると直接PayPayの支払い画面が開く

どちらのウィジェットも機能は同じなので、私はコンパクトな1ブロック型のPayPayウィジェットを設置することにしました。
機能が同じなのに、あえて2ブロック型の無駄にでかいウィジェットを使う意味ないですもんね。

1ブロック型のPayPayウィジェットを設置


最後にひとこと

QRコード決済アプリ戦国時代を生き抜き、日本のコード決済で圧倒的No.1になったPayPay(ペイペイ)

リリース当初は「ペイペイって変な名前」「ペイペイドームって。。。」などと言われていましたが、すっかり日常に定着した感があります。


この記事で紹介した通りiPhoneウィジェット機能で、PayPayがロック画面から1タップで起動できてより便利に。

iPhoneでPayPayをよく使うユーザーは、サクッと設定しておきましょう!


好きなカードでPayPayチャージできる「まとめて支払い」を解説
PayPayで「ワイモバイルまとめて支払い」を設定する方法。好きなクレジットカードでチャージしポイントを貯められる

コメントを残す