博多のソウルフード。なぜかたまに食べたくなるラーメン「元祖長浜屋」in 福岡・長浜[グルメ]

元祖長浜屋 長浜ラーメン

こんにちは、ラーメン食べ歩きブロガー@ushigyuです。

私が住んでいるのは、豚骨ラーメンの本場、福岡(博多)。

街中にラーメン屋がありますが、その中でも最も有名な店の一つが今回紹介する「元祖長浜屋」でしょう。

細麺の豚骨ラーメン屋ではもはや当たり前になっている「替玉」発祥の店であり、博多のソウルフードとも呼ばれます。


こちらが外観。
一度閉店したのですが、様々なお家騒動(後述)を経て最近新装開店しました。

ラーメン400円は、10年前来たときと変わらぬ価格。
(替玉、替肉は50→100円に値上がりしてます)

Ganso nagahayama 1

以前はドアを開けると自動的にラーメンが出てくる、というシステムだったのですが、食券制になっていました。

ただラーメンの食券を買っただけなのに、「ウィーーン、ウィーーーーーン」と謎の頑張りを見せる券売機。

Ganso nagahayama 2

ドアに大きく「元祖 長浜屋」の文字。

Ganso nagahayama 3

店内に入ってみましょう。
基本的に、お客さんは黙々とラーメンを食べ、店員さんも愛想なし。

これがずっと変わらぬ長浜屋クオリティ。

ちなみに、入店した時点でラーメンが作られ始めるので、そのときに「カタ麺で」などの要望を言っておかないと手遅れになります。

Ganso nagahayama 4

ちょっとタイミングが悪く見えていませんが、しょうゆダレが入ったラーメンの器がずらりと用意されており、そこにガンガン麺とスープを放りこんでいきます。

Ganso nagahayama 5

店内には、ジョジョ立ちも真っ青の注意書きが。\アブナイ/

Ganso nagahayama 6

お茶は、テーブルに乗っている器に自ら注ぎます。
補充したばかりのときはヤカンがかなり重いのでご注意を。

Ganso nagahayama 7

こちらはラーメンダレ、味が薄い時や替玉のときに使います。
間違ってドバっと入れてしまわないようこちらも注意。

Ganso nagahayama 8

そうこうしてるうちにラーメン到着!
私は固麺好きなのですが、入店時にコールするシステムを忘れていたため普通麺。^^;

Ganso nagahayama 9

麺は細麺ですが、博多の中ではやや太めといってもいいかも。
やたらとボリュームがあります。

Ganso nagahayama 10

細切れのチャーシューは、やたら塩気が強くしょっぱめの味付け。

Ganso nagahayama 11

それで、味の方ですが…正直、平均的にはそんなに美味くはないです。(たまに美味いけど。笑)
「ちゃんとした店で、美味しいラーメンを食べたい!」という方にはオススメしません。
(他に美味しいラーメン屋はいくらでもあります)

ですがそれでも地元で長く愛される、たまに食べに来たくなる中毒性のあるラーメンなのです。
(「元祖長浜屋」という食べ物を確立しているという意味で、位置付けとしてはラーメン二郎とかに近いかも。)

あとは味にバラつきもあるので、「今日はなかなかイケる!」「今日は味、薄っ!」というときもあったり。

安定しておいしいラーメンを食べるというよりは、雰囲気や風情も含めて「今日の味はどうかな?」くらいの気持ちで昔ながらの長浜ラーメンを食べに来る、という感じでしょうか。

以下に、いくつか福岡通な方のブログ記事を載せておきます。
これを見れば、なんとなく雰囲気がつかめるはず。

元祖 長浜屋 -がんそながはまや – 博多大将-福岡ラーメンブログうまいとかまずいとか 化学調味料がどうとか 店員さんの愛想がどうとか 日によって味が違うとか そんなこたーどーでもいいのです。
新「元祖長浜屋」に行ってきました[2010/05/14]: 何の変哲もない福岡生活…ちょっと薄いような感じがしましたが,これも含めて”元祖”の味です.観光客がガイドブック持ってくるような店ではないし,決しておいしい店ではありません.元祖系列に心惹かれるのは多分に化学調味料中毒なのではないかと思うのですが,なぜだかやめられません.
元祖長浜屋は元祖長浜屋というラーメン その文化や雰囲気とは:よか福岡元祖長浜屋には、ラーメン二郎のジロリアンが「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物なのだ」と言うように、「元祖長浜屋はラーメンではなく元祖長浜屋という食べ物なのだ」という性格がかなりあります。

あとがき

ちなみに、「元祖長浜屋」ではお家騒動が起こっているのも福岡では有名。

一時閉店やら何やらの際に、一部従業員が方針の違いなどから離脱して独立し、すぐ近くに「元祖ラーメン長浜家(ながはま)」という店名も店内もラーメンさえもそっくりな店があります。値段も400円で同じ。

Ganso nagahayama 12

さらに、その隣には「元祖長浜屋台」というこれまた長浜屋の店員さんが分離独立した店が。

Ganso nagahayama 13

あとで調べてみると、前述の「長浜家」はさらに分離して①と②があるらしいです。

つまり、似たようなラーメン屋さんが4件もひしめくという異常事態。
どうなっとるんだ。。。

一体どの店が一番美味いのか、今度食べ比べてみたいと思います。

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅大濠公園駅

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。