2014年9月20日
福岡グルメ

Toriden hakata nakasu 9

私が、個人的に福岡の水炊きでいま一番おすすめの「とり田」。

遠方からの来客から水炊きのリクエストがあれば、必ず連れて行く美味しいお店です。

この度、そのとり田の2号店「とり田 博多本店」が中洲の近く、川端地区は博多座の裏のところにできたと聞き、早速行ってきました。

薬院にある1号店の味をしっかり引き継いでおり、やっぱり美味しい。中洲や天神など繁華街も近いので、お客さんを連れて行くのにも重宝しそうです。おすすめ!

中洲川端、博多座の裏に立派な店を構える「とり田 博多本店」

博多座の裏というかなりいい場所に、立派な店構え。
こちらが「とり田 博多本店」です。

Toriden hakata nakasu 1

1Fは会計とお土産用の水炊き販売所みたいになってました。今回はお店で食べにきたので2階へ。

Toriden hakata nakasu 2

中は結構広々としたテーブル席のフロア。別に個室もあるようでした。

Toriden hakata nakasu 3

価格は薬院の1号店と同じで、水炊き1人前2,800円。梅や竹のコースにすると、単品で注文するよりもかなりお得になるようです。

今回は梅コースにしましたが、男性の私でも十分な量でした。(水炊きのキャベツ・人参・えのきは食べ放題です)
よくばりにごまさばやとり天も食べたいという方は竹コースをどうぞ。

Toriden hakata nakasu 4

万人におすすめできる、鶏の旨味あふれる水炊き

前菜2種(肉味噌つき味玉子、しめじの和え物)ととりわさ。
どれも美味しい、お酒がすすむ品々。否応なしに水炊きへの期待も高まる。

Toriden hakata nakasu 5

水炊きは、まずスープからいただきます。
丸鶏を水と塩だけで6〜7時間煮込んだスープ。鶏の旨味がギュッと詰まっていて相変わらず美味しい!

Toriden hakata nakasu 6

もうすこし味が欲しい方は五島灘の塩、自家製の柚子胡椒を入れてみましょう。

Toriden hakata nakasu 8

スープを飲んだら水炊きのメインに突入。鶏のぶつ切りと切り身、ネギを添えて。
身がプルップルで塩加減もちょうど良い塩梅。ダシの効いた特製ポン酢に、柚子胡椒も合います。鶏肉がダメっていう人以外は全員うまいっていうんじゃないかこれ。

Toriden hakata nakasu 7

お次はつくねに豆腐、野菜を入れて食す。
野菜は新鮮で、つくねには軟骨が入っており味だけでなく食感も楽しめます。
どうでしょう、この濃厚なスープの色。最初だけでなく鶏肉やつくね、野菜を煮込むたびにスープを飲むのもまた乙なもの。飲み干す勢いです。

Toriden hakata nakasu 9

豊富に揃う福岡のお酒もすすむ、すすむ。

Toriden hakata nakasu 10

締めはラーメンor雑炊で。

Toriden hakata nakasu 11

満腹なのにするする入る。
最初はやや薄味に仕上がっているので、それが好きな人はそのままいくも良し、塩やポン酢を入れて食べるもよし。

Toriden hakata nakasu 12

あとがき

中州や天神から徒歩圏内にできたとあって、これからの来客時にヘビーローテーション確実なこのお店。

博多はラーメンや明太子やもつ鍋だけじゃないんですよ。水炊きはほんとに美味しい。ただの鶏の寄せ鍋とも違います。

福岡へお越しの際にはぜひ食べてみてください!

⇒もっと 「福岡グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック