Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

iPhoneの写真や動画を、充電するだけで簡単にバックアップできる「Qubii」レビュー。ProやDuoと比較したときの違いは?

iPhoneの写真・動画を、充電するだけで簡単にバックアップできる「Qubii」レビュー

iPhoneを使っていると、日々多くの写真や動画を撮ります。

たとえば子供がいたり旅行好きだったり、食事などを日々よく撮影する人であればなおさら。


そこで問題になってくるのが、写真のバックアップ

iPhoneを失くしたり壊してしまったときに、どこにもバックアップがないと写真や動画は永遠に失われてしまいます。それは辛すぎる。

参考記事
iPhoneやパソコンの写真・動画データをバックアップする方法まとめ

いちばんに思いつくのはiCloudやGoogleフォト等のクラウドストレージに保存する方法ですが、これらのサービスは無料で使える容量が決まっているため(iCloudは5GB、Googleフォトは15GB)、多くのユーザーは有料プランを契約しなければ容量不足。

それほど難しい設定や登録作業等は必要ないとはいえ、ITにまったく疎い人には使いづらい面も。


そこでiPhoneの写真・動画バックアップ用に便利なのが、Qubiiという製品。

microSDメモリーカードを差し込めるUSBアダプタの形状をしており、このQubiiを介して充電するだけで自動的に写真や動画をバックアップしてくれるという画期的な機能を持っています。

一度かんたんな設定をしてしまえば、あとはこのQubiiを使って充電するだけでメモリーカードに自動バックアップ。近頃のデバイスに関する知識に乏しくても、かなり容易にバックアップが保存可能。


クラウドよくわからん or 月額料金払いたくない、パソコンもあまり使えない、でもiPhoneで撮った写真・動画のバックアップはとっておきたい。

Qubiiはそんな人におすすめです!


Qubii、Qubii Pro、Qubii Duoの比較

Qubiiのレビューをする前に、現時点で販売されている3種類のQubii(Qubii、Qubii Pro、Qubii Duo)の違いを確認しておきましょう。


ざっくりと主な特徴を述べると以下の通り。

  • Qubii:iPhone/iPadの写真・動画、iTunesコンテンツ、連絡先のバックアップ。USB2.0対応
  • Qubii Pro:基本的な機能はQubiiと同じだが、USB3.1対応でバックアップが30%、PCとのファイル転送が3倍以上高速化ファイルAppと12W充電にも対応
  • Qubii Duo:Proの機能に加えてAndroidに対応し、microSDカードロック機能を搭載

iPhone/iPadの写真・動画のバックアップをとる基本的な機能ならQubiiで十分ですが、データ量によりそれなりに時間がかかるバックアップを高速化したいならQubii Pro、AndroidのバックアップをとりたいならQubii Duo、という感じでしょうか。

iPhone/iPadのバックアップで時間がかかるのはよほど新規に写真・動画を撮りまくらない限り初回だけですし、寝る前にセットしておけば起きる頃には初回バックアップも終わっているはず。

そう考えれば、ほとんどのiPhoneユーザーにはQubiiで十分かなと個人的には思います。


スペックの比較表も以下に載せておくので、購入の際の参考にどうぞ。

Qubii Qubii Pro Qubii Duo
対応OS iPhone/iPad(iOS 10.0以降) iPhone/iPad(iOS 12.0以降) iPhone/iPad(iOS 12.0以降)
Android 6.0以降
標準価格 5,980円 7,580円 7,980円
バックアップ対象 写真・動画
SNSの写真
(Facebook、Twitter、Instagram)
連絡先
iTunesの音楽・動画
写真・動画
SNSの写真
(Facebook、Twitter、Instagram)
連絡先
iTunesの音楽・動画
ファイルApp
【iPhone/iPad】
写真・動画
SNSの写真
(Facebook、Twitter、Instagram)
連絡先
iTunesの音楽・動画
ファイルApp
【Android】
写真・動画
連絡先
Facebookの写真
接続ポート USB2.0 USB3.1 USB3.1
出力電流 1A 2.4A 2.4A
サイズ 25×28×26 mm
重量 約16g
カラー ホワイト
ピンク
ホワイト
グレー
ローズゴールド
ホワイト
パープル

iPhone付属の充電器なみにコンパクトな「Qubii」

とても小さなパッケージに入ったQubii。カラーはピンクとホワイトがあります。
ちなみに、Qubiiの開発メーカーであるMaktarは台湾の会社。

とても小さなパッケージに入ったQubii

Qubiiを通して充電するだけでiPhoneやiPadの写真や動画、連絡先がバックアップできるのが最大の特徴。

毎日の充電で自動的にバックアップを取ってくれるほか、そのデータを機種変更後の新しいiPhoneに復元することもできます。

Qubiiの特徴

Qubiiのほか、クイックスタートガイドが入っています。

Qubii本体のほか、クイックスタートガイドが入っている

Qubii本体は、昔のiPhoneに同梱されていた5W充電アダプタと同じくらいのサイズ。
28×26×25mm(USBの出っ張り除く)、16gと非常に小さくて軽い製品です。

非常に軽くて小さいQubii

USB-A端子(オス)の上には、microSDカードの挿入口。2TBまでのmicroSDカードが使用可能。

USB-A端子の上には、microSDカードの挿入口

USB-Aポート(メス)側。上部の穴にはLEDランプがあり、充電&バックアップ中に光ります。

USB-Aポート上にはLEDランプ


microSDカードを挿入し、電源に接続。モバイルバッテリーでもOK

さっそく、手元にあったサンディスクのmicroSDカードをQubiiにセット。

microSDカードをQubiiにセット

今回私はたまたま持っていた64GBのものを使いましたが、microSDカードはiPhoneや手持ちの画像・動画の容量に合わせて選んでください。

2022年7月現在だと、128GBのものが容量あたりの価格的にはおすすめです。
もちろん、iPhoneや写真・動画の容量が大きい方は大容量のものを選ぶのがいいでしょう。


Apple純正もしくはMFi認証(Appleによる認証)を受けたLightningケーブルを使用してくださいとのことなので、今回は私が愛用しているkatamaki(MFi認証取得済み)という巻き取り式の充電コードを使用。
※おそらく機能するLightningケーブルなら使用可能だとは思いますが、自己責任で

Qubiiとkatamaki Lightning充電ケーブルを使用

巻き取り式充電ケーブル・katamakiのレビューはこちら
画期的な『片引き』巻き取り充電ケーブル・katamakiは収納便利で壊れにくい!Lightning、USB-Cの2タイプ


電源はUSB充電器でも、モバイルバッテリーでもOK。今回はモバイルバッテリーでやってみることに。

Qubiiはモバイルバッテリーでも使える


QubiiでiPhoneの写真・動画をバックアップする手順

Qubiiを間に入れた状態でiPhoneの充電を開始すると、「Appがインストールされていません」とのポップアップが出てきます。
ここからApp Storeに移動し、「Qubii」アプリをインストール。
※Qubii Proを利用している場合は「Qubii Pro」アプリを選択

App Storeに移動し、「Qubii」アプリをインストール

Qubiiアプリを起動したら、画面の指示にしたがって進めていきます。
すべての写真へのアクセスを許可。

すべての写真へのアクセスを許可

Qubiiは写真・動画に加えて連絡先のバックアップも取ってくれるので、連絡先へのアクセスも許可。連絡先のバックアップについては後でオフにすることもできます。

連絡先へのアクセスも許可

通知の許可、microSDカードの準備、かんたんな使用上の注意などのチュートリアル。

通知の許可、microSDカードの準備、かんたんな使用上の注意などのチュートリアル


チュートリアルが終わると、さっそくQubiiによるバックアップがスタートします。
「スタート」を押すと新規の情報をすぐにバックアップ、「あとで」は後ほど手動で操作したいときに。

チュートリアルが終わると、さっそくQubiiによるバックアップがスタート

バックアップが完了したら、Qubiiアプリ内でメモリーカード内に保存したデータの閲覧が可能に。
次回からは、ボタンを押さなくても同じように接続するだけでバックアップされるようになります。

バックアップが完了したら、Qubiiアプリ内でメモリーカード内に保存したデータの閲覧が可能


Qubii経由写真・動画が無事microSDカードに保存されていた

バックアップが完了した状態でQubiiアプリの緑色ボタン「Qubii(メモリーカード内の情報を確認)」をタップすると、microSDカードに保存された内容がチェックできます。
見たところすべての写真・動画が問題なくバックアップされている様子。

microSDカードに保存された内容がチェック可

メモリーカードにバックアップされている写真や動画は、iPhoneに復元したり別アプリに送ったりといった操作も可能。

メモリーカードにバックアップされている写真や動画は、iPhoneに復元したり別アプリに送ったりといった操作も可能


Qubiiのバックアップ設定

Qubiiのメニュー画面で右上の歯車ボタンを押すと、バックアップ設定の変更ができます。

Qubiiのバックアップ設定

バックアップする項目を選択する

設定では、Qubiiに挿入したメモリーカードにバックアップする内容を選択可。
FacebookやInstagramといったSNSに投稿した画像データも保存できます。

設定では、Qubiiに挿入したメモリーカードにバックアップする内容を選択可

microSDメモリーカードのフォーマット(初期化)

Qubiiアプリ上で、microSDメモリーカードをフォーマット(初期化)できます。

設定の下のほうにスクロールし「フォーマットする」をタップするだけ。

設定の下のほうにスクロールし「フォーマットする」をタップする

再度バックアップを取り直したり、他デバイスで保存されたデータを削除したいときなどに便利ですね。

SDカード容量不足等で再バックアップする際の注意点

私の場合、最初にセットしたmicroSDカードの容量が足りず途中でバックアップがストップしてしまいました。

microSDカードの容量が足りず途中でバックアップがストップ

写真・動画の容量を少し減らして再度試したんですが、バックアップされる数がどう見ても少なすぎる。

どうやら、メモリーカードに保存されたデータや前回途中でストップしたかどうかに関係なく、一度バックアップされた写真・動画は対象から除外する仕様となっているらしい。


再度すべてのデータをバックアップするには、設定の「バックアップ情報」から「バックアップ履歴をリセット」しましょう。
これで、次回のバックアップでは再度すべての写真・動画が改めてバックアップされます。

再度すべてのデータをバックアップするには、設定の「バックアップ情報」から「バックアップ履歴をリセット」


Qubiiレビューまとめ

ITやインターネットに疎いユーザーにとって、『日々充電するだけで写真や動画のバックアップが取れる』『バックアップはmicroSDカードに保存される』この簡単さ、わかりやすさがQubiiの魅力。

いつ見舞われるかもしれない、iPhoneの紛失や故障。そんな不測の事態に備えて、大事な写真や動画はQubiiでしっかりバックアップをとっておきましょう!



転送速度アップ&ファイルAppのバックアップも取りたいなら「Pro」

iPhone/Android両方のバックアップをとりたい人には「Duo」


iPhoneと一緒に使いたいオススメ製品まとめ
【2022年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す