【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

Pixel 7 Proのカメラやスペック、新機能などの特徴まとめ

Googleが2022年10月に発売した最新スマートフォン、Pixel 7 Pro

我が家にも、発売日にGoogleチップスと一緒に届きました。

Pixel 7 ProとGoogleチップス

Google純正チップスを手に入れる方法まとめ。Pixelはなるべく早く予約、ケース同時注文は避けよう


Pixel 7 Proは光学5倍&超解像30倍ズーム、マクロ撮影、写真のボケ補正、顔認証などに対応。Pixel 6 Proの時代から搭載している消しゴムマジックや音声の文字書き起こし、リアルタイム翻訳などももちろん利用可能。

ハイエンドながら同サイズ(6.7インチ)のiPhone 14 Pro Maxより約4万円安く、機能面でも見劣りしない優れたスマートフォンです。


この記事では、Pixel 7 Proのスペックや特徴的な新機能をまとめて紹介します!


Pixel 7/7 Pro/6 Proのスペック比較表

まず、Pixel 7、7 Pro、6 Proを表で比較してみましょう。

主な仕様や機能、スペックをピックアップしているので、それぞれの機種にどのような違いがあるかチェックしてみてください。

機種名Pixel 7 ProPixel 7Pixel 6 Pro
画像Pixel 7 Pro サムネイルPixel 7Pixel 6 Pro サムネイル
容量と
価格
(税込)
128GB:124,300円
256GB:139,700円
128GB:82,500円
256GB:97,900円
128GB:116,600円
ディス
プレイ
6.7インチ
QHD+
1440×3120
最大120Hz
6.3インチ
FHD+
1080×2400
最大90Hz
6.7インチ
QHD+
1440×3120
最大120Hz
チップGoogle Tensor G2Google Tensor G2Google Tensor
サイズ162.6
×75.9
×8.9mm
155.6
×73.2
×8.7mm
163.9
×75.9
×8.9mm
重量212g197g210g
メモリ12GB8GB12GB
カメラトリプルカメラ
50MP広角:f/1.85
12MP超広角:f/2.2
(画角125.8°)
48MP望遠:f/3.5
デュアルカメラ
50MP広角:f/1.85
12MP超広角:f/2.2
(画角114°)
トリプルカメラ
50MP広角:f/1.85
12MP超広角:f/2.2
(画角114°)
48MP望遠:f/3.5
撮影モード夜景モード
ポートレート
モーションモード
シネマティック撮影
シネマティックぼかし
マクロ撮影
夜景モード
ポートレート
モーションモード
シネマティック撮影
シネマティックぼかし
夜景モード
ポートレート
モーションモード
シネマティック撮影
ズーム光学5倍ズーム
超解像30倍ズーム
ズームアウト0.5倍
超解像8倍ズーム
ズームアウト0.7倍
光学4倍ズーム
超解像20倍ズーム
ズームアウト0.7倍
ビデオ4K(30,60fps)
1080p(30,60fps)
4K(30,60fps)
1080p(30,60fps)
4K(30,60fps)
1080p(30,60fps)
フロント
カメラ
10.8MP f/2.210.8MP f/2.211.1MP f/2.2
5G対応
防水防塵IP68
(水深2mで30分)
IP68
(水深2mで30分)
IP68
(水深2mで30分)
バッテリー5,000mAh
24時間以上
4,355mAh
24時間以上
5,003mAh
24時間以上
認証画面内指紋認証
顔認証
画面内指紋認証
顔認証
画面内指紋認証
カラーObsidian
Snow
Hazel
Lemongrass
Snow
Obsidian
Cloudy White
Sorta Sunny
Stormy Black
発売日2022/10/132022/10/132021/10/28


日本の通信会社でPixel 7/7 Proを取り扱うのは、ソフトバンクau。ドコモではPixelの取り扱いはありません。

GoogleストアでもPixelが購入可能で、その場合は別途どこかで通信契約をする必要があります。

Pixelの購入・チェックはこちら
Google ストアでPixel 6a、7、7 Pro購入時、
紹介コード「S1SXZLNK78RU9KGI4YXGPVF」入力で
7,500円割引クーポン獲得!

Pixel 7 Proの主な特徴

さまざまな特徴をもつPixel 7 Proですが、その中から主なものを紹介します。

背面カメラバーがアルミフレームに。サイズ・重さは6 Proとほぼ同じ

Pixel 6/6 Proで登場した、背面の特徴的なカメラバー

ガラスで覆われていたこのカメラバーが、Pixel 7/7 Proではアルミ製のフレームに変わりました。
(以下の写真は右がPixel 7 Pro、左がPixel 6 Pro)

Pixel 7 Proと6 Proのカメラバー比較


Pixel 6 Proと7 Proで、サイズや重量はほとんど同じ。ディスプレイサイズも6.7インチで変わらず。

ですがボタンの位置が異なるため、Pixel 6 ProのケースをそのままPixel 7 Proで使うことはできません。

Pixel 7 Proと6 Proはボタンの位置が異なる

光学5倍、超解像30倍ズーム

Pixel 6 Proは光学4倍ズームに加え、超解像20倍ズームで遠くのものでもかなり綺麗に撮影が可能でした。ズーム性能という意味ではiPhone 13 Proなど足元にも及ばないほど。

Pixel 6 Proのズーム性能をiPhone 13 Proと比較しつつ検証
Pixel 6 Proのズーム性能をiPhone 13 Proと比較しつつ検証。最大20倍の超解像ズームでもかなり綺麗に撮れるぞ


Pixel 7 Proではさらに進化し、光学5倍ズーム&超解像30倍ズームが可能に。

光学5倍ズームはもちろん、超解像30倍ズームでもかなり綺麗に撮れました。

【写真① 等倍】

【写真① 光学5倍ズーム】

【写真① 超解像30倍ズーム】


【写真② 等倍】

【写真② 30倍ズーム】


通常のデジタルズームだと、写真の一部分を拡大して引き伸ばすだけなので粗い写真になるのが普通。iPhone 13 Proであってもそれは同じ。

PixelシリーズではAIを使った「超解像ズーム」でその粗さが目立たないように補正しているんですが、その精度はかなり高いようです。

スマートフォンでここまでのズーム撮影ができるのは、ただただ驚き。

超広角(ウルトラワイド)レンズでより広範囲を撮影可

Pixel 7 Proでは超広角(ウルトラワイド)レンズも進化しており、Pixel 6 Proでは114°だった画角が125.8°までアップ。

さらに広範囲の撮影が可能となっています。


Pixel 6 Proの超広角レンズで撮影すると、写る範囲はこれだけ。

Pixel 6 Proの超広角レンズで撮影

まったく同じ場所からPixel 7 Proで撮ると、さらに広い範囲を写真に収められます。

Pixel 7 Proの超広角レンズで撮影


Pixel 6 Proではズームアウト撮影0.7倍までだったところ、Pixel 7 ProとiPhone 13 Proは0.5倍。

Pixel 7 Proの撮影範囲がやっとiPhoneに追いついたということのようです。

マクロ撮影が可能に

iPhoneは13 Proではじめて搭載した、マクロ撮影機能。

Pixelではこれまでできませんでしたが、Pixel 7 Proでついにマクロ撮影が可能となりました。


普通に写真を撮るとこんなに小さな花なんですが、

道端の花

マクロ撮影すると、ここまで近づいて撮れる。

花をマクロ撮影


Pixel ProとiPhone Proのカメラを比べると、ズームや夜景に強いメリットがある一方で、マクロ撮影ができず超広角の画角が狭いデメリットがありました。

Pixel 7 Proでは、iPhone並の超広角撮影もマクロ撮影も搭載。より高性能かつ万能なカメラになりました。

写真のボケ補正(Photo Unblur)

Pixel 7および7 Proでは、手ブレ等でボケてしまった写真の補正が可能。別のスマホやカメラで昔撮った写真にも使えます。

以下は、Pixel 4aでわざと手を振って手ブレさせた写真。
(最初はPixel 7 Proで手ブレ写真を撮ろうとしたものの、手ブレ補正が優秀すぎてどうやっても手ブレさせることができなかったのでPixel 4aを使用)

手ブレした写真

そして以下が「ボケ補正」による加工後。元が手ブレ写真だとは思えないほどきれいになっています。

ボケ補正後の写真

夜景撮影がより高速に

Pixel 7/Pixel 7 Proでは、夜景モードでの撮影がより高速化。さらに露光時間(光の取り込み具合)を自分で設定可能となりました。


たとえば以下の写真。
深夜2時ごろで周囲はかなり暗いんですが、Pixel 7 Proは3秒できれいに撮影できました。Pixel 6 Proだと撮影に5〜6秒ほど必要。

Pixel 7 Proの夜景写真

露光時間をこのシチュエーションで最大の6秒に設定すると、さらに光が強調され明るい写真ができあがりました。

露光時間を長くするとさらに明るい写真に


Pixelのカメラは全体的にそうなんですが、実際の見た目よりもより明るく鮮やかに美しく写る傾向があるように思います。

実際の色を忠実に伝えたい場合には不向きですが、日頃の風景や人物や食事などをきれいに残したいならかなりおすすめ。

指紋認証に加え顔認証に対応

Pixel 7/Pixel 7 Proは、Pixel 6シリーズと同様の画面内指紋認証に加えて顔認証にも対応

初期設定時、顔認証の設定ができます。

Pixel 7 Pro 顔認証の設定


登録した顔を認識するとロックが外れるので、あとは軽くタップするだけでホーム画面が開きます。指紋認証でグッと親指を押し付ける必要なし。

顔認証でロックが外れる

ただしあくまでメインは指紋認証なので、画面ロック解除以外の認証(支払いなど)では指紋認証が必要です。

Pixel 6 Proの機能も引き続き利用可能

Pixel 7 Proでは、当然ながらPixel 6/6 Proではじめて利用可能となった新機能の数々もそのまま使えます。

主なものは以下の通り。

リアルタイム翻訳

日本語や英語だけでなく、世界48ヶ国語をリアルタイムで翻訳&発声してくれるリアルタイム翻訳

Pixel 6のリアルタイム翻訳(通訳モード)の使い方

ここ数年は海外旅行に行きづらい状況が続いていましたが、これから徐々に解禁されていくにつれ使える機会が増えそうな機能です。


実際に外国の方と話す機会がなくても、たとえばYouTubeで海外の動画を視聴するときに使うことも可能。

最近では携帯型の翻訳機が売られていたりしますが、Pixel(6以降)があればそのような商品を買う必要はないでしょう。


Pixelのリアルタイム翻訳(通訳モード)の使い方については、以下の記事をどうぞ。

消しゴムマジック

写真に写り込んだ人物やモノなどを消去できる「消しゴムマジック」。

何回かタップするだけで写っている人がごそっと消えるのは何度やっても驚きます。

Pixelの消しゴムマジック


Pixelで撮った写真でなくとも、Googleフォトに取り込めばPixel上で消しゴムマジック処理が可能。

消しゴムマジックの詳しい操作方法や作例などの解説は以下の記事をどうぞ。

Pixel 6「消しゴムマジック」の使い方。写り込んだ人やモノをタップするだけでサクッと削除できる便利機能

モーションモード

普通にシャッターを切るだけで、動きのある写真を撮れる「モーションモード」。

Pixel 6 Pro「モーションモード」の使い方

車や電車、飛行機などといった乗り物、走ったりスポーツをしている人など、写真に躍動感をつけたいときに便利な機能です。


「モーションモード」の使い方や実際の写真は以下の記事をどうぞ。

Pixel 6「モーションモード」の使い方。アクションパンと長時間露光、それぞれどんな写真が撮れるのか?

音声のリアルタイム文字起こし

聞こえてくる音声をテキストに変換し、記録してくれるリアルタイム文字起こし

Pixel 6のリアルタイム文字起こしが凄い

覚えておきたい動画やテレビ・ラジオ番組の内容、プレゼンテーションや会議・インタビューのテキスト化など幅広く使える便利な機能。

文字起こしはリアルタイムだけでなく、録音した音声にも使えます。


こちらも専用のツールやWebサービスなどありますが、Pixel(6以降)があれば十分。

リアルタイム文字起こしの使い方など詳しい内容は以下の記事でどうぞ。

Pixel 6のリアルタイム文字起こしが凄い。録音した音声は自動でテキスト化、音声文字変換も劇的に速い

Pixel 7 Proの特徴まとめ

Pixel 7 Proの主な特徴をまとめます。

  • Pixel 6 Proとほぼ同じデザインだが、背面カメラバーがアルミフレームに変更
  • 光学5倍、超解像30倍とさらに進化したズーム性能
  • 超広角0.5倍(125.8°)、マクロ撮影が可能に
  • 手ブレ等でボケた写真を補正できる
  • より高速で美しい夜景モード撮影
  • 指紋認証と顔認証に両対応
  • Pixel 6 Proの機能(消しゴムマジック、リアルタイム翻訳、音声文字起こし、モーションモードなど)ももちろん使える
Pixelの購入・チェックはこちら
Google ストアでPixel 6a、7、7 Pro購入時、
紹介コード「S1SXZLNK78RU9KGI4YXGPVF」入力で
7,500円割引クーポン獲得!


他にも、Pixel 7・7 Proの新機能や関連アクセサリーのレビューをアップしています。こちらも参考にどうぞ!


コメントを残す