Fire HDタブレットで、デフォルトの検索エンジンをBingからGoogleに変更する方法

Kindle fire hd change searchengine 1

2012/12/18に発売されたFire HD
Wi-Fiでインターネットに接続してネットサーフィンを楽しめ、ウェブ検索ももちろん簡単にできます。

その後リニューアルを重ね、2019年11月現在ではFire 7、Fire HD 8、Fire HD 10と3機種が販売中。


そのKindle Fire HDにデフォルトで設定されている検索エンジンは、GoogleでもYahooでもなく、マイクロソフトのBingです。

AmazonがGoogleとさまざまな分野で競合しているのが影響しているんでしょうか。。。


ですがこれは変更可能。私も普段はGoogleを使っているので、それに変更すべく方法を調べて実行してみました。


Silkブラウザのデフォルト検索アプリをGoogleに変更する

Silkブラウザを立ち上げて左側のハンバーガーメニューから「設定」をタップ。

AmazonがGoogleと強豪しているためか、Fire HDシリーズにおいてデフォルトの検索アプリはマイクロソフトのBingとなっている

「詳細設定」から検索エンジンをGoogleに変更すればOK。

「詳細設定」から検索エンジンをGoogleに変更すればOK

これでSilkブラウザで検索する場合にはGoogleが使われるようになります。

ただ、ホーム画面にある検索ボックスでの結果はBingのままで変更する設定が見当たらず。
結果的にFire HDの価値を無駄に引き下げていると思うので、ここは意地を張らずに検索エンジンを選べるようにした方がいいと思うんですけどね。。

あとがき

Fireタブレットのユーザーで検索エンジンをGoogleにしたい方は、この方法で変更しておきましょう!

↓Fire HD 10のレビューはこちら

約16,000円で買えるAmazonの高コスパタブレット「Fire HD 10」画面付きAIスピーカーとしても使える

2019.11.05
続きを読む

↓Fire HD 8のレビューはこちら

高コスパすぎるAmazonのタブレット「Fire HD 8」動画やネットなど何でもできて8,980円!

2019.09.01
続きを読む