2016年4月18日
東北

Akita jukan tetsudo matagi 27

山形→秋田と、初めて訪れた北東北の旅も最終日。

おくのほそ道(松尾芭蕉)でも有名な山形の「立石寺」。順路から外れた場所に絶景あり!
秋田の秘湯・乳頭温泉郷最古の宿「鶴の湯」情緒あふれる風景と湯が心に染み渡る。(混浴露天あり)


この日は、秋田県の内陸部を走る第三セクター運営の「秋田内陸縦貫鉄道」に乗り、マタギ発祥の地でもある阿仁中村にある「マタギの湯」を目指すことにしました。

角館駅から秋田内陸縦貫鉄道に乗り、さらに雪深い北秋田へ

秋田県の古都・角館からスタート。
秋田内陸縦貫鉄道は、この角館から北秋田市の鷹巣駅まで走っており、そこからJRに連絡して青森県の弘前まで行くことができます。
(参考:秋田・角館「桜の里」噛むほど旨味が出る比内地鶏の親子丼&強いコシでのどごし爽やかな稲庭うどん!

Akita jukan tetsudo matagi 1

味のある駅舎の中には、手作り感あふれる切符売り場。

Akita jukan tetsudo matagi 2

今回訪れる「マタギの湯」の最寄り駅はその名もずばり「阿仁マタギ」駅。950円ですね。

Akita jukan tetsudo matagi 5

なぜかガチャガチャが置いてありました。鉄道ファン向けかな?

Akita jukan tetsudo matagi 3

本数が1〜2時間に1本と少ないので、時間を見計らって来ることをおすすめします。
事前に確認はしていたのですが、数十分ほど早く着いたので隣の部屋にある写真展を眺めてゆっくりします。
ここに飾ってある綺麗な写真は、写真好きの2人の運転士さんが撮ったものらしい。

Akita jukan tetsudo matagi 4

時間になり、電車に乗り込みます。

Akita jukan tetsudo matagi 6

特に鉄道好きというわけでもない私でも、この佇まいはテンション上がる。

Akita jukan tetsudo matagi 7

都会の電車にはない雰囲気の車両内部。もうすぐ春ということで綺麗に飾られていました。
季節ごとに変わったりするんでしょうか。

Akita jukan tetsudo matagi 8

よく見ると、子供が描いたお雛様お内裏様の絵も貼ってあります。
本当に地域密着型の運営なんですねー。

Akita jukan tetsudo matagi 10

いよいよ出発!「東日本大震災のときの台湾の多大なる援助に感謝します」的なものもありました。いいね。

Akita jukan tetsudo matagi 9

そしてこのフォントですよ。

Akita jukan tetsudo matagi 11

それなりに栄えている角館から北へ、北へ。
次第に建物も減り、雪が深くなっていきます。

Akita jukan tetsudo matagi 12

Akita jukan tetsudo matagi 13

ちょうど帰宅時間だったのか、途中で女子高生たちが乗車し、そして降りていきました。
雪国の女子高生って都市伝説じゃなかったんだ
東京で育つのとこういった田舎で育つのでは、根本的な感覚が全然違うだろうなあ。どちらが良いというわけではなく。

Akita jukan tetsudo matagi 14

電車に揺られること40分ほど、目的地の阿仁マタギ駅に着きました。

Akita jukan tetsudo matagi 15

暗い中だと余計に風情があるなあ。

Akita jukan tetsudo matagi 16

マタギ発祥の地で、打当温泉「マタギの湯」に泊まる

ここは無人駅。お客さんも私1人で、本当に周りに誰もいません。

Akita jukan tetsudo matagi 17

いやー、雪景色雪景色。

Akita jukan tetsudo matagi 18

味のある駅看板。なかなかすごい駅名だ。

Akita jukan tetsudo matagi 19

阿仁マタギ駅のある北秋田市阿仁中村は、その名の通りマタギ発祥の地として知られている場所。
マタギとは、東北・北海道で狩猟を生業として生きる人々のことです。(これではない)

Akita jukan tetsudo matagi 20

事前に今回宿泊する「打当温泉 マタギの湯」さんに乗る電車を伝えておくと、迎えに来ていただけます。

Akita jukan tetsudo matagi 21

公式ホームページ – 打当温泉マタギの湯

打当温泉「マタギの湯」をじゃらんでチェックする

打当温泉「マタギの湯」を楽天トラベルでチェックする


数分でマタギの湯に到着。名前から勝手に古びた感じの建物を想像していたのですが、めっちゃ綺麗な建物。

Akita jukan tetsudo matagi 22

周りはポツンポツンと民家がある程度で、あとは雪と山しか見えません。

Akita jukan tetsudo matagi 23

入口には味のある彫り物。マタギ、フクロウ、クマかな?

Akita jukan tetsudo matagi 24

何とか怖がらせようとがんばってる感じのかわいい子グマもいました。

Akita jukan tetsudo matagi 25

入るなりマタギのパネルと子グマがお出迎え。

Akita jukan tetsudo matagi 26

チェックインして部屋に向かいます。
おそらく剥製だと思われる、ヒグマのごんた。かわいいフォントで紹介されていますが……

Akita jukan tetsudo matagi 27

めっちゃくちゃコワイ。こんなのに遭遇したら腰抜かすわ。。。

Akita jukan tetsudo matagi 28

館内にはマタギ資料館もあり見て回りたかったのですが、チェックイン時は既に閉まっており朝は早起きできず時間がなく見られなかったのが心残り。せっかくマタギの里に来たのに。。。次は必ず。


館内着として作務衣もありますが、もっと暖かくしたい方にははんてんもあります。いかにも北国って感じでいいなあ。
ただ、建物自体は綺麗すぎて情緒は全然ありません。その分快適ではあるんですけどね。

Akita jukan tetsudo matagi 29

部屋もしっかりした作りで、何不自由ない感じ。まさかのWi-Fiまで飛んでいて文句なし。

Akita jukan tetsudo matagi 30

ウォシュレットも完備ですよ。

Akita jukan tetsudo matagi 31

マタギの里らしい料理と、雪景色に囲まれた温泉

夕食の時間になりました。この日はなんと宿泊客が私一人!評価なども見るに人気の宿ではあるようなのですが、冬のド平日だとそんなものなのかも。
マタギの里らしいメニューもちょいちょいあって楽しいご飯です。

Akita jukan tetsudo matagi 32

Akita jukan tetsudo matagi 33

岩魚の塩焼き。以前富山の相倉合掌造り集落でも食べましたが、海の魚とはまた違った味わいがあります。

Akita jukan tetsudo matagi 34

こちらは何とウサギの肉が入った鍋。ヨーロッパなんかでは出てくると聞いたことがありますが、日本でも食べられるんですね。
脂が乗って柔らかい鶏肉といった感じで、かなりおいしい。身近にはそうないと思いますが、これは一食の価値ありですよ。

Akita jukan tetsudo matagi 35

ほかにはナマズの刺身なんていうのまであり(これはマタギ関係あるかわからないけど)、珍しく美味なる食材を堪能させていただきました。


日本酒の原型であるどぶろくもいただきました。
発酵した後の米(もろみ?)らしきものが入ってどろっとしており、口当たりが甘く意外と飲みやすい。

Akita jukan tetsudo matagi 36

もちろん、温泉もありますよ!設備的にはスーパー銭湯のような感じですが、お湯はやはりいい。
真っ暗ではありますが、わずかに見える雪景色と厳しい寒さの中入る温泉は最高です。

Akita jukan tetsudo matagi 37

宿の売店でお酒を買い、部屋でゆっくり。
さすが米どころだけあって、安くておいしい日本酒がたくさん。

Akita jukan tetsudo matagi 38

雪山に囲まれた真っ白な景色に佇む無人駅、いい。

朝。起きて速攻で温泉に入り、素朴な感じの朝食をいただきます。

Akita jukan tetsudo matagi 39

電車の出発まで少しだけ時間があったので、ロビーを見て回ります。
秋田弁の注意書きを発見!詳しくはわからないけどスリッパ履いて外でたら笑われるし置いてってね、と書いてあるっぽい。「ふとめのわりーごと」って何だろう。

Akita jukan tetsudo matagi 40

東北のガチの方言は難しいのう……。

Akita jukan tetsudo matagi 41

マタギに関する展示物いろいろ。今考えたらこの時間にサクッと資料館見ておけばよかったかな。
ちなみに近くに熊牧場があるのですが、残念ながら冬季休園で行けませんでした。

Akita jukan tetsudo matagi 42

お世話になりました。よく見たらクリスマスツリーあるやん。

Akita jukan tetsudo matagi 43

マイクロバスで阿仁マタギ駅まで送っていただけました。

Akita jukan tetsudo matagi 44

雪景色に映える無人の阿仁マタギ駅。
宿のおかみさんは「なーんにもないところだから、ギリギリの時間に送りますよ」とおっしゃってましたが、雪国以外の出身者にとってはこの雪景色がいいんですよ。観光資源ですよ。

Akita jukan tetsudo matagi 46

2色のグラデーションが鮮やかな雪山。風向きでああなってるんだろうか。

Akita jukan tetsudo matagi 45

案内板によると、このあたりには「中村七不思議」なる石があるらしい。
今回は時間がありませんでしたが、何が不思議なのでしょうか。冬は厳しそうですが雪が解ければ行けそう。

Akita jukan tetsudo matagi 47

雪の中をまっすぐ伸びる線路。絵になるなあ。

Akita jukan tetsudo matagi 48

Akita jukan tetsudo matagi 49

この電車に乗り、角館へと戻ります。

Akita jukan tetsudo matagi 50

乗車時は私一人でしたが、途中から地域のおばちゃんたちが乗ってきて少しずつ賑やかに。登校にはちょっと遅い時間だったので来た時に見かけた学生さんたちはいませんでした。
慢性的な赤字に悩まされている路線らしいのですが、住民の足としても、私達観光客の旅情をかき立てる電車としても、ぜひ存続してほしいところ。

Akita jukan tetsudo matagi 51

角館まで来れば、あとは新幹線こまちで盛岡や仙台までサクッと。

Akita jukan tetsudo matagi 52

あとがき

鉄道ファンの方がどういったポイントに惹かれるかわからないのですが、秋田内陸縦貫鉄道は特に鉄属性のない私でも楽しかったのできっと気に入るのではないかと。

雪景色、温泉、素朴な料理と人。秋田の旅は他の地域とはまた違った空気感があって味わい深かったです。

⇒もっと 「東北」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック