【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

サーモスの真空断熱マグカップで、コーヒーや紅茶など飲み物の温かさ、冷たさが長持ち

温かさ・冷たさを長持ちさせる、サーモスの真空断熱マグカップ

我が家でほぼ毎日のように活躍している、サーモスの真空断熱タンブラー

主にコンビニ氷を入れてハイボールを飲むのに使っているんですが、普通のグラスやコップに比べて格段に冷たさが長持ちするので重宝してます。
飲みきらずに寝てしまったりすると、場合によっては翌朝まで氷が残ってたりしますからね。凄い。

サーモスタンブラーのレビュー記事はこちら
サーモスの真空断熱保温タンブラーをレビュー!600ml入りをオススメする理由も紹介

氷がなくなった場合は、これまたサーモスの保冷缶ホルダーが便利。外でバーベキューするときでも、これ1つ持参すれば冷たい飲み物をより長く楽しめます。

サーモス保冷缶ホルダーのレビューはこちら
サーモス「保冷缶ホルダー」キャンプやバーベキュー、海水浴などアウトドアに大活躍間違いなし!

それぞれ2,000円もしない製品なので、使用頻度を考えると今まで買ったすべての物の中でもベストのコストパフォーマンスかもしれない。


この冬、ふと考えたのが「コーヒーもこのサーモス製品で、より温かいまま飲みたい」ということ。

タンブラーを使っても機能的には問題ないんですが、容量的にも見た目的にもコーヒー向きじゃないのが気になる。
容量少なめで、マグカップみたいな製品はないものか。

そう思って探してみると、そのものズバリの製品があるじゃないですか。サーモスの真空断熱マグカップ

価格も2,000円台とお手頃。


この記事では、コーヒーや紅茶・緑茶などをよく飲む人におすすめのサーモス真空断熱マグカップをレビューします!


サーモスの真空断熱マグカップJDG-350C

いくつかモデルがあるうちで、私が選んだのはJDG-350Cのホワイト。同じモデルだと他にブラック、ステンレスがあります。

私が選んだのはJDG-350Cのホワイト

他にも種類があり、おそらく保温性能はさほど変わりないのでお好みで。


今回購入したJDG-350Cの容量は350ml。保温効力は67℃以上(1時間)、保冷効力は8℃以下(1時間)。

JDG-350Cの容量は350ml。保温効力は67℃以上(1時間)、保冷効力は8℃以下(1時間)

ここで言う保温効力、保冷効力の定義は以下の通り。

●保温効力とは、室温20℃±2℃において製品に熱湯を口元から1cm下の位置まで満たし、湯温が95℃±1℃のときからフタを付けて1時間放置した場合におけるその湯の温度です。
●保冷効力とは、室温20℃±2℃において製品に4℃以下の水を口元から1cm下の位置まで満たし、水温が4℃±1℃のときから1時間放置した場合におけるその水の温度です。
真空断熱マグカップ/JDG-350C | マグカップ・タンブラー・保冷缶ホルダー・食器 | サーモス 魔法びんのパイオニア

外気と真空の層を作ることにより外気との熱交換がされにくくなり、より温かさ・冷たさが長持ちします。
フタもついており、上部からのほこりを防ぎつつより保温にも効果的。

外気と真空の層を作ることにより外気との熱交換がされにくくなり、より温かさ・冷たさが長持ち

中身はマグカップ本体と説明書のみ。

中身はマグカップ本体と説明書のみ

うっかりしていたんですが、このマグカップはなんと食洗機不可。タンブラーがOKなのでてっきり大丈夫だと思っていたんですが、塗装が剥がれる可能性があるためNGらしい。それはちょっと面倒だな。。

このマグカップはなんと食洗機不可

と思っていたんですが、まあ大丈夫だろと食洗機で洗ってみたところ特に問題ない様子。3年ほど経った今でも塗装の剥げは口をつけるところに多少あるくらいでほぼ見当たりません。食洗機によるものはなさそう。

※メーカーの注意書きを無視することになってしまうので全くすすめられませんが、私の場合はそうだった…ということで


マグカップとして違和感のないホワイト

パッと見は普通のマグカップ。
ブラックやシルバーもいいですが、ホワイトが一番普通のマグカップっぽくないですか?

ホワイトが一番普通のマグカップっぽい

保温性をアップさせるフタ付き。
このフタはポリプロピレン製なので特に優れた保温性能はないのですが、多少価格が上がってもいいからいっそ真空断熱フタにしてくれればさらに温度が保てたのでは?と思ったり。

フタはポリプロピレン製なので保温性能はない

カップの内部はおそらく材質そのままのシルバー。

カップの内部はおそらく材質そのままのシルバー

なんとなく重そうなイメージがあるかもしれませんが、持った感じは陶器のものと大差ありません。

なんとなく重そうなイメージがあるかもしれませんが、持った感じは陶器のものと大差ない


サーモスの真空断熱マグカップでコーヒー飲んでみた

試しに、サーモスマグカップにネスカフェ ドルチェグストでコーヒーを淹れて飲んでみることに。

自宅で手軽に本格コーヒーが飲める「ネスカフェドルチェグスト」
自宅で手軽に本格コーヒーが飲める「ネスカフェドルチェグスト」を使ってみた感想

まず、カップの底や側面を持っても全然熱くないことに驚きます。側面・底面は真空断熱されているので当たり前なんですが、普段使っているコーヒーカップとはやはり違う。
熱を感じないということは、熱が逃げていないということと同義です。

カップの底を持っても全然熱くないことに驚く

コーヒーだと量がそもそも多くないので、たっぷり注ぐハイボールなんかに比べると常温に近づくスピードはどうしても早くなってしまいます。
それでも、陶器のカップに比べれば格段の差。30分くらい経っても、完全に常温にはならず温かさを感じられます。

陶器のカップに比べれば格段の差

フタをすればさらに保温性がアップ。ただ、このフタは真空断熱ではないため普通に熱くなります。
再度言いますが、真空断熱のフタがオプションで入手できるとさらに保温ができて良いと思うんだけどなあ。

フタは真空断熱ではないため普通に熱くなる


あとがき

今回は温かいコーヒーを例にしましたが、もちろん冷たい飲み物を入れてもOK。

使い勝手がいいので、季節や飲み物を問わずさまざまな場面で活躍してくれそう。


サーモスの真空断熱マグカップは、タンブラー同様に1つ持っているだけでQOLがかなり上がる製品。

もしまだ持っていなければ、一人に一つおすすめしたい!

↓【厳選】これまでの人生で買ってよかったと心から言えるものリスト
【2023年】殿堂入りの『買ってよかったもの』42選。Amazonや楽天でも買える!

コメントを残す