【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

佐賀・唐津「竹屋」のうなぎが絶品すぎた。趣ある大正期の名建築もすばらしく旅情をかきたてる

佐賀県の北西部に位置する唐津市。呼子のイカや唐津くんち、唐津城、唐津焼などが有名な、佐賀県第2の都市です。

福岡市営地下鉄と唐津へつながるJR筑肥線は直通しているため、福岡市内から唐津へのアクセスは良好。
天神駅から1時間ちょいで唐津駅まで行けます。


その唐津でお昼に食べたのが、創業明治10年の老舗「竹屋」のうなぎ

唐津旅行のランチにおいしい店は……と探していてたまたま発見したお店なんですが、ここのうなぎが本当においしかった。

パリッと香ばしく身はふわふわのうなぎと、秘伝のダシをくぐらせたご飯のマッチングが絶妙。これまで食べたうなぎの中でもNo.1候補。


旅行などでこの周辺に来ることがあれば、ぜひ訪れてみてほしい名店です!


竹屋のアクセスと基本情報

佐賀県唐津市にあるうなぎの名店「竹屋」へは、JR唐津駅から徒歩6分ほど。

福岡市の天神からだと、運良く西唐津行きの地下鉄に乗れれば徒歩含めて約1時間15分ほどで行けます。姪浜で乗り換えが必要な場合でも約1時間25分程度。


【竹屋の基本情報】

店名竹屋
電話番号0955-73-3244
住所佐賀県唐津市中町1884-2
営業時間【月〜土】11:30〜19:00
【日・祝】11:30〜18:30
定休日水曜、第3木曜
Web唐津観光協会:旅Karatsu 唐津観光協会|うなぎ 竹屋
佐賀県 後世に残したい店:うなぎ 竹屋

「竹屋」は大正建築の風情ある店構え

JR唐津駅から歩くことしばし、竹屋にたどり着きました。

唐津の風情ある街並みの中、ひときわ目立つ大正建築の立派な店構え。

竹屋は大正建築の立派な店構え

店の中も古き良き日本家屋の雰囲気が心地よい。すみずみまで歩いて回りたいくらいでしたがさすがに自重。

店の中も古き良き日本家屋の雰囲気が心地よい

赤ちゃん連れのため事前に電話確認をしてみたところ、快くOKいただき子連れでも過ごしやすい個室へ案内してくれました。というか全室個室〜半個室なのかも。

※↓の写真は食事後の帰りに撮ったものです。通されたときにはもちろん綺麗に片付いていましたのでご心配なく

竹屋の個室

お品書き。うなぎ丼は4切れ2,610円から8切れ4,810円まであり、他に肝吸い付き、うなぎ定食、白焼き定食があります。(2022年9月現在)

私たちは6切れのうなぎ丼を注文。

竹屋のお品書き


パリッと香ばしいうなぎ、ダシのしみこんだご飯が絶品

歴史を感じる、それでいて綺麗な漆器に入って到着した丼。お漬物つき。

歴史を感じる、それでいて綺麗な漆器に入って到着したうなぎ丼

フタを開けると、食欲をそそる焼き色のうなぎがお目見え。これ以上の「おいしそう」さはそうそう感じたことがない。

食欲をそそる焼き色のうなぎがお目見え

創業時のままの方法で、蒸さずに炭火でカリッと香ばしく直焼きされたうなぎ。香ばしく中はふわふわで最高においしい……!

香ばしく中はふわふわで最高においしいうな丼

もうひとつ特筆すべきなのが、佐賀県産コシヒカリを使ったご飯のおいしさ

よくあるご飯にうなぎのタレをかけたものだと、タレに浸かった部分は甘辛くそうでない部分は味が薄いムラができてしまいがち。

「竹屋」のうな丼に使われるご飯はダシをくぐらせているので、全体に味が染み込んでいて隅々までおいしい。

ダシ+ご飯といえば炊き込みご飯や雑炊が思い浮かびますが、「ダシくぐりご飯」だって十分アリなんじゃないかな…と思うくらい。


お店の雰囲気とうなぎ丼の味ともにとても印象に残りました。お店の方もとても親切で、非の打ち所なし。ごちそうさまでした!

竹屋はとてもいい店だった


佐賀・唐津「竹屋」の絶品うなぎ丼 まとめ

これまでいろいろな店でうなぎを食べましたが、ここ唐津の「竹屋」さんは間違いなくNo.1候補に入るお店。

佐賀県には他にもイカが有名な呼子、佐賀牛、嬉野温泉や武雄温泉、焼き物の街などいいところがたくさん。
当ブログの佐賀スポット・グルメ紹介はこちら

佐賀旅行のご飯に、ぜひ竹屋のうなぎも食べて見てください!


【2023年】国内旅行に安く行くために調べるべきオススメ予約サイトまとめ 福岡から始まる2泊3日九州旅行モデルコースのおすすめを紹介!食・温泉・観光、どれも最高な九州を楽しもう

コメントを残す