Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

iPhone 6、6s、7の下取り額を調査。どこで買い取りしてもらうのが1番高い?表をつくって比較した

iPhone 6、6s、7の下取り額を調査

新しいiPhoneを手に入れたら、手持ちの旧iPhoneはどうしますか?

家族や友人にあげたりコレクションしておく人も中にはいるでしょうが、価値が高いうちに売却するというのが有力な選択肢。


iPhoneを取り扱っているドコモ、au、ソフトバンクをはじめ、Apple自身も下取りを行っています。
ここでいう下取りはあくまで新しいiPhoneを購入する際に古い方のiPhoneを引き取るというもので、新iPhoneを購入せずに手持ちを売却することは不可能。

一方で家電量販店や携帯買い取りショップなどは、常時現金やポイントでのiPhone買い取りを実施中。これまでは携帯会社の下取り額よりもこちらの方が高額になる傾向がありましたが、現在はどうでしょうか。


この記事では、古いiPhone 6・6s・7の下取り/買い取り額について調査。どこが一番高く買ってくれるのか、比較してみました!


ドコモ(docomo)

NTTドコモの新しいiPhoneを購入する場合、下取りプログラムでの買い取り額は以下の通り。

なお、ドコモで購入したiPhoneと、それ以外のiPhone(au、SoftBank、Rakuten、SIMフリー、海外キャリア)で下取り額が異なります。

MNPによる乗り換えを促すためか、全体的にドコモよりもそれ以外のiPhoneの方が高価下取りとなっているのが特徴。
長年のドコモユーザーはちょっと不満に思うかもしれませんね。

ドコモのiPhone

機種 容量 下取り価格
良品 画面割れ品 機能不良品
iPhone 7 Plus 256GB 7,900円 2,400円 2,400円
128GB 7,900円 2,400円 2,400円
32GB 7,900円 2,400円 2,400円
iPhone 7 256GB 5,500円 1,700円 1,700円
128GB 5,500円 1,700円 1,700円
32GB 4,400円 1,300円 1,300円
iPhone 6s Plus 128GB 5,500円 1,700円 1,700円
64GB 5,000円 1,500円 1,500円
32GB 4,400円 1,300円 400円
16GB 3,900円 1,200円 1,200円
iPhone 6s 128GB 1,900円 600円 600円
64GB 1,900円 600円 600円
32GB 1,900円 600円 600円
16GB 1,600円 500円 500円
iPhone 6 Plus 128GB 2,800円 800円 800円
64GB 2,800円 800円 800円
16GB 2,800円 800円 800円
iPhone 6 128GB 1,900円 600円 600円
64GB 1,900円 600円 600円
16GB 1,400円 400円 400円
iPhone SE
(第1世代)
128GB 1,900円 600円 200円
64GB 1,900円 600円 600円
32GB 1,800円 500円 500円
16GB 1,200円 400円 400円

※価格は最大買い取り価格
※dポイントで付与(機種代割引に利用可)
※2022年9月現在

au/SoftBank/Rakuten/SIMフリー/海外キャリアなどのiPhone

機種 容量 下取り価格
良品 画面割れ品 機能不良品
iPhone 7 Plus 256GB 7,900円 2,400円 2,400円
128GB 7,900円 2,400円 2,400円
32GB 7,900円 2,400円 2,400円
iPhone 7 256GB 5,500円 1,700円 1,700円
128GB 5,500円 1,700円 1,700円
32GB 4,400円 1,300円 1,300円
iPhone 6s Plus 128GB 5,500円 1,700円 1,700円
64GB 5,000円 1,500円 1,500円
32GB 4,400円 1,300円 400円
16GB 3,900円 1,200円 1,200円
iPhone 6s 128GB 1,900円 600円 600円
64GB 1,900円 600円 600円
32GB 1,900円 600円 600円
16GB 1,600円 500円 500円
iPhone 6 Plus 128GB 2,800円 800円
64GB 2,800円 800円
16GB 2,800円 800円
iPhone 6 128GB 1,900円 600円
64GB 1,900円 600円
16GB 1,000円 300円
iPhone SE
(第1世代)
128GB 1,900円 600円 200円
64GB 1,900円 600円 600円
32GB 1,800円 500円 500円
16GB 1,200円 400円 300円

※価格は最大買い取り価格
※dポイントで付与(機種代割引に利用可)
※2022年9月現在

【出典】
下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ


画面割れ品に加えて「機能不良品」の価格を提示しているのは、以前は大手携帯3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でドコモのみでしたが、現在では他社も表示するようになりました。

画面割れ・機能不良があると下取り価格も当然大きく下がってしまうので注意。

ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする


au

auのiPhone下取りは、良品と破損品(画面割れなど)で金額が分かれています。

下取り額は、auユーザーの場合は機種変更の本体価格などに使えるPontaポイントによる還元
MNPによる乗り換えの場合は機種代金からの割引

ドコモのように、iPhoneを買ったキャリアによる金額の差はないようです。

機種 容量 下取り価格
良品 破損品(画面割れなど)
iPhone 7 Plus 256GB 12,100円 3,300円
128GB 11,000円 3,300円
32GB 9,900円 2,750円
iPhone 7 256GB 7,150円 1,650円
128GB 6,050円 1,650円
32GB 4,950円 1,100円
iPhone 6s Plus 128GB 6,050円 1,650円
64GB 5,500円 1,650円
32GB 4,950円 1,100円
16GB 4,400円 1,100円
iPhone 6s 128GB 4,400円 1,100円
64GB 3,850円 1,100円
32GB 3,850円 1,100円
16GB 3,300円 550円
iPhone 6 Plus 128/64/16GB 3,300円 550円
iPhone 6 128/64/16GB 2,750円 550円
iPhone SE
(第1世代)
128/64/32/16GB 2,750円 550円

※価格は最大買い取り価格
※還元はPontaポイントで、機種代割引などに利用可
※2022年9月現在

【出典】
iPhone | 下取りプログラム | au
下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au


au Online ShopでiPhoneをチェックする


ソフトバンク(SoftBank)

ソフトバンクのiPhone下取りは、PayPayボーナスで付与される場合と機種代金割引の場合で若干の違いがあります。

前者のほうが少しだけ高くなる傾向はあるものの、機種によるので以下の表を要確認。


また、ソフトバンクのiPhone下取りの特徴として容量による違いがなく機種ごとに一定の金額なことが挙げられます。

容量の小さいモデルを下取りに出す場合はお得感がある一方、容量の大きいモデルだとなんだかもったいない気も。

【PayPayボーナス】

機種 下取り価格
正常品 破損品
iPhone 7 Plus 12,000円 3,600円
iPhone 7 9,600円 2,880円
iPhone 6s Plus 9,600円 2,880円
iPhone 6s 6,000円 1,800円
iPhone 6 Plus 4,800円 1,440円
iPhone 6 3,600円 1,080円
iPhone SE
(第1世代)
3,600円 1,080円

※価格は最大買い取り価格
※2022年9月現在

【機種代金割引】

機種 下取り価格
正常品 破損品
iPhone 7 Plus 10,800円 2,880円
iPhone 7 9,360円 2,880円
iPhone 6s Plus 9,360円 2,880円
iPhone 6s 5,760円 2,160円
iPhone 6 Plus 4,320円 1,440円
iPhone 6 2,880円 1,440円
iPhone SE
(第1世代)
2,880円 1,440円

※価格は最大買い取り価格
※2022年9月現在

【出典】
下取りプログラム | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク


ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする


楽天モバイル

2021年にiPhone販売をスタートしたばかりの楽天モバイル

楽天モバイルでも、すべてのキャリアのiPhoneを下取りしています。


受け取れるのは楽天キャッシュで、機種代金はもちろん楽天市場や楽天ブックスなど楽天グループのサイトならどこでもお金の代わりに利用可能。

代金として受け取れるポイントの自由度は、どの携帯電話会社よりも高いかもしれません。


なお、楽天モバイルはドコモ版iPhoneのみなぜか下取り額が若干安く、それ以外(au、ソフトバンク、楽天モバイル、SIMフリーなど)は同額となっています。

また、iPhone 6s以前の機種については下取りをしていないようなので、ここではiPhone 7および7 Plusのみ記載しておきます。

au、ソフトバンク、SIMフリーなどのiPhone

機種 容量 下取り価格
良品 画面損傷品 外装損傷品
iPhone 7 Plus 256GB 7,560円 2,270円 760円
128GB 7,560円 2,270円 760円
32GB 7,560円 2,270円 760円
iPhone 7 256GB 5,400円 1,620円 540円
128GB 5,400円 1,620円 540円
32GB 4,460円 1,340円 450円

※価格は最大買い取り価格
※還元は楽天キャッシュ
※2022年9月現在

ドコモのiPhone

機種 容量 下取り価格
良品 画面損傷品 外装損傷品
iPhone 7 Plus 256GB 6,660円 2,000円 670円
128GB 6,660円 2,000円 670円
32GB 6,660円 2,000円 670円
iPhone 7 256GB 4,500円 1,350円 450円
128GB 4,500円 1,350円 450円
32GB 3,510円 1,050円 350円

※価格は最大買い取り価格
※還元は楽天キャッシュ
※2022年9月現在

【出典】
下取り対象製品の価格一覧 | スマホ下取りサービス | オプションサービス | 楽天モバイル




楽天モバイルでiPhoneをチェックする


Apple

Apple Storeで新しいiPhoneを購入する場合も、下取りサービスを受けられます。金額は機種によりますが大手携帯3社とそれほど変わらない水準。

直接店舗で購入する場合はその場で代金の割引、オンラインストアの場合はギフトカードの返送となります。

また、新機種を購入するつもりがなければ買い取りだけしてもらって代金はAppleギフトカードで受け取ることも可能。


なお、2022年9月時点でiPhone 6s以前の機種については価格設定が掲載されていないため、下取りを終了している可能性が高い。

下取り対象機種最大下取り額
iPhone 7 Plus9,000円
iPhone 77,000円

※価格は最大買い取り価格
※機種代割引もしくはギフトカードで付与
※2022年9月現在

【出典】
Apple Trade In – Apple(日本)


Apple Online StoreでiPhoneをチェックする


その他の買い取りショップ

では、ドコモ・au・ソフトバンクやAppleに対してその他の量販店、買い取りショップなどの価格設定はどうなっているのでしょうか?

じゃんぱら

東京・秋葉原を中心に全国に数十店舗を構え、宅配買取もしているじゃんぱらを例に表を作ってみました。

下取り対象機種 容量 docomo au、SB SIMフリー
(SIMロック解除済み)
iPhone 7 Plus 256GB 13,000円 12,000円 14,000円
128GB 12,000円 11,000円 13,000円
32GB 11,000円 10,000円 12,000円
iPhone 7 256GB 9,000円 8,000円 10,000円
128GB 8,000円 7,000円 9,000円
32GB 7,000円 6,000円 8,000円
iPhone 6s Plus 128GB 9,500円 9,500円 10,500円
64GB 9,000円 9,000円 10,000円
32GB 8,500円 8,500円 9,500円
16GB 8,000円 8,000円 9,000円
iPhone 6s 128GB 6,000円 6,000円 7,000円
64GB 5,500円 5,500円 6,500円
32GB 5,000円 5,000円 6,000円
16GB 4,500円 4,500円 5,500円
iPhone 6 Plus 128GB 4,000円 3,000円 4,000円
64GB 3,000円 2,500円 3,000円
16GB 2,000円 1,500円 2,000円
iPhone 6 128GB 3,500円 3,000円 3,500円
64GB 3,000円 2,500円 3,000円
16GB 2,000円 1,500円 2,000円
iPhone SE
(第1世代)
64GB 4,500円 4,000円 5,500円
16GB 3,500円 3,000円 4,500円
iPhone 5s・5c 64/32/16GB 100円 100円 100円

※価格は中古最大買い取り価格
※買い取りは現金
※未使用新品だとさらに高価買い取り
※2022年9月現在

【出典】

iPhone(中古/未使用品)高額買取中!iPhoneを売るならじゃんぱらへ|じゃんぱら


なお、同様に高価買取をうたうショップとして「イオシス」がありますが、私が同じスマートフォンをじゃんぱらとイオシスに査定に出したところ、じゃんぱらの方が対応・買い取り価格ともに良いという結果でした。

時期・店舗・スタッフ・対象機種によっても変動しますが、ひとつの参考として。
以下の記事に実際の査定額など詳しく掲載しています。

じゃんぱらとイオシスでiPhone、Androidスマホを査定し結果を比較。どちらが高く売れる?

ネットオフ

本やゲーム、DVD、CDなどの宅配買取を行っているネットオフも、iPhoneの買い取りに参入しています。

ネットオフの買い取りの特徴は、傷がある場合でも最低価格保証をしていること。この金額以上に下がることはないとしています。

また、スマートフォン・タブレット以外の商品もまとめて送って買い取りしてもらうと、金額によって最大50,000円アップする可能性も。


たとえばiPhone 7 Plus 256GBの場合、上限は16,000円で最低保証は4,800円。

上限はおそらく未使用新品の価格なので通常そこまでは難しいですが、ドコモの下取り額が最大7,900円なことを考えればそれ以上で買い取ってもらえる可能性もそれなりにありそう。

特に、iPhone以外に売るものがある場合には、買い取り額が最大50%アップする可能性があるので狙い目。


2022年9月時点ではキャンセル時の返送料も無料とのことなので、査定してもらう価値はあるかもしれません。

⇒ ネットオフで買い取り価格をチェックする


結局、どこで売ればいいのか?

iPhone 7・6s・6シリーズは2022年9月の現時点で発売から6〜8年経っている機種。今でも使っているとしたら、相当物持ちのいい人ですね……!

発売から間もない機種はドコモ・au・ソフトバンクやApple、他のショップとの下取り(買い取り)価格差も大きいんですが、iPhone 7・6s・6のようにかなりの年月が経った機種だとその価格差も小さくなってきます。


とはいえ、やはり多少の差はあるもの。
ざっくりですが、各キャリアやAppleの特徴を下にまとめておきます。

  • 【ドコモ】 ドコモのiPhoneに比べ、他社のiPhoneは高く下取りするのが特徴。MNPするにはいいがドコモ愛用ユーザーにとってはちょっと不満かも
  • 【au】 可もなく不可もない場合が多い
  • 【ソフトバンク】 容量による下取り価格の違いがないので、容量の小さいモデルはお得感がある一方、容量の大きいモデルだと損した感じに
  • 【Apple】 こちらも容量に関係なく、機種ごとに同一価格


じゃんぱらを含むほとんどの量販店、携帯ショップでは携帯会社やSIMフリーかどうかによっても買い取り価格は若干異なります。

SIMフリーは基本的にどこのSIMカードでも利用可能なので使い勝手がよく、人気も高い。iPhoneを売却する前にSIMロック解除しておけば、少し高く買い取ってもらえる可能性が高い。

現在はどのキャリアでも比較的簡単に無料でSIMロック解除ができるので、特にキャリア以外のショップで売却する場合には忘れずにやっておきましょう。


例としてドコモのiPhone 7 Plus 128GBの場合の中古最大買い取り価格は以下の通り。(2022年9月現在)

  • ドコモ:7,900円
  • ソフトバンク:12,000円
  • au:11,000円
  • 楽天モバイル:6,660円
  • Apple:9,000円
  • じゃんぱら:12,000円
  • 【参考】ネットオフ:15,000円(未使用新品の場合)

この例の場合は、査定次第ではありますがじゃんぱら・ソフトバンクが上限買い取り(下取り)価格は高い。
ネットオフも高く買い取ってくれる可能性あり。

逆にドコモや楽天モバイルでは、あまり期待はできなそうです。
※機種や容量によっても大きく異なるため、参考程度に


ドコモ・au・ソフトバンク・Appleは新機種購入時の機種代割引 or ポイント・ギフトカード還元なのに対し、じゃんぱらやネットオフなどのショップは現金払いなのも考慮する必要あり。

何らかの理由で現金が必要だったり、ポイント・ギフトカードを使う予定がないならショップでの買い取りをメインに考えるのがいいでしょう。


あとがき

携帯各社やAppleで新しいiPhoneを購入するとなると、ついついそのまま下取りに出してしまいがちな古いiPhone。

ですがきっちり調べてより高く売れるところで買い取ってもらえば、下手すると数万円単位の差が出てきます。知ってるのと知らないとでは大違い。


より得をするためにはどこで売るのがいいか、本記事がその参考になれば幸いです!


【2022年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの違いは?価格やサイズ・性能を比較し、オススメ機種を考えた

コメントを残す