【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

AirPods Pro 第2世代は、第1世代や他のAirPodsと比較してどこが違う?

2022年9月9日21:00に予約開始、9月23日に発売となるAirPods Pro 第2世代

AirPods Pro 第2世代

新しいH2チップの採用などにより大幅に音質が向上。またノイズキャンセリングの性能もアップし、空間オーディオのカスタマイズも可能とのこと。


デザインはそれほど変わっていないように見えますが、Appleの公式ページでは新AirPods Proの新機能について多くのことが紹介されています。

得意分野について早口でしゃべるオタクのように、改行なしでその優れた点をまくしたてるApple。テンション高い。

得意分野について早口でしゃべるオタクのように、改行なしでその優れた点をまくしたてるApple
(Apple公式ページより抜粋)


この新しいAirPods Pro(第2世代)は、これまでの第1世代AirPods Proや他のAirPodsと比較して何が違うのか?まとめました。


AirPods Pro 第2世代のおもな新機能

AirPods Pro 第2世代に新たに搭載された新機能や進化したスペックについてまとめます。

新しいH2チップなどにより、音質が大幅に向上

新AirPods Proには、これまでのH1チップからさらに進化したApple H2チップを搭載。

新しいH2チップなどにより、音質が大幅に向上したAirPods Pro

さらにオーディオドライバやアンプも一新されており、音質が大きく向上

Appleによる紹介文↓
『特別に設計されたドライバやアンプと連係し、鮮明でクリアな高音と深みのある豊かな低音を極めて忠実に再現。すべてのサウンドをかつてないほどあざやかに響かせます。』

進化したアクティブノイズキャンセリング。適応型環境音除去機能も

AirPods Proで利用可能なアクティブノイズキャンセリング。外部からの騒音を音波で打ち消して聞こえなくする機能です。

このアクティブノイズキャンセリングが、第2世代のAirPods Proではさらに性能向上しました。

Appleの発表によると、前世代より最大2倍優れているとのこと。

AirPods Proの進化したアクティブノイズキャンセリング


さらに新AirPods Proでは、適応型環境音除去と呼ばれる機能も新たに加わりました。

これは外部音取り込みモードのときに発動する機能で、必要な話し声などは残しつつサイレンや工事の音といった周囲の雑音のみを打ち消す効果があるとのこと。

4サイズのイヤーチップから選択可

AirPods ProはこれまでS、M、Lの3サイズからイヤーチップを選べましたが、第2世代では新たにXSサイズが追加。4サイズから選択可能となりました。

XSサイズも含めた4サイズのイヤーチップから選べる

スワイプで音量調節可能に

これまでのAirPodsはタッチ操作のみでしたが、AirPods Pro第2世代ではスワイプ操作による音量調節もできます。

AirPods Proはスワイプ操作による音量調節も可能に

最大6時間再生、ケースを合わせて最大30時間

これまで最大4.5時間だった連続再生時間が、新AirPods Proでは最大6時間にまで伸びました。

充電ケース分のバッテリーも合わせると、最大30時間の再生が可能に。

「探す」アプリで充電ケースが探せる。音も出せる

充電ケースが一新され、Apple U1チップを新たに搭載。

AirPods Proの本体と同様に、「探す」アプリで充電ケースの場所がピンポイントで探せるようになりました。

新ケースにはスピーカーもついているので、音を鳴らして探し出すこともできます。

Apple Watchの充電器も使える

新AirPods Proケースの充電には、MagSafeやLightningケーブルのほかApple Watchの充電器も使えるようになりました。

ケースにストラップループがついた

新AirPods Proの充電ケースには、懐かしのストラップループ(ストラップを通せる穴)がつきました。

AirPods Proの充電ケースにストラップループがついた

好きなストラップを通すもよし、Apple公式のストラップを購入するもよし。


ちなみにAppleで販売されているIncaseストラップはなんと1,800円もします。

調整クリップがついてるし立派そうではありますが、それにしてもApple価格。。。

価格は前の世代から1,000円アップ

AirPods Pro 第2世代の価格は39,800円。第1世代は2022年7月に値上げされて38,800円になっていたので、それより1,000円だけ価格がアップしたことになります。


AirPodsシリーズのスペック比較表

AirPods Pro 第2世代の発売に伴い、第1世代の販売は終了。

これで2022年9月現在、AirPodsのラインナップはAirPods(第2世代)、AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第2世代)、AirPods Maxの4種類になりました。


このうち全くタイプの違うAirPods Maxは除外し、残りの3機種をくわしく比較した表がこちら↓。

AirPods
(第2世代)
AirPods
(第3世代)
AirPods Pro
(第2世代)
画像 AirPods Pro 第2世代サムネ
価格 19,800円 27,800円 39,800円
形状 オープンイヤー型 オープンイヤー型 カナル型
(XS、S、M、Lから選択可)
アクティブ
ノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
(環境音除去機能あり)
空間オーディオと
ダイナミック
ヘッドトラッキング
耐汗耐水性能 IPX4 IPX4
再生時間 最大5時間 最大6時間 最大6時間
充電ケース使用時の
再生時間
24時間以上 最大30時間 最大30時間
充電ケース 充電ケース MagSafe
充電ケース
MagSafe
充電ケース
・Apple Watch充電器も可

 ・ストラップループあり
・「探す」アプリ対応
本体サイズ 40.5×16.5×18.0mm 30.79×18.26×19.21mm 30.9×21.8×24.0mm
本体重量 4g 4.28g 5.3g
充電ケースサイズ 53.5×44.3×21.3mm 46.4×54.4×21.38mm 45.2×60.6×21.7mm
充電ケース重量 38.2g 37.91g 50.8g
購入できる
サイト


旧AirPods Proユーザーでも買い換える価値あり

音質がどのくらい向上したかは実際に聴いてみないとわからないですが、それ以外の点でも操作性アップ、バッテリー持続時間延長、充電ケースの進化など「まったく新しい」の名に恥じないグレードアップを果たしたAirPods Pro 第2世代

初代AirPods Proのユーザーにとっても、買い換える価値のある製品に仕上がっていると言えそうです!


AirPods Pro 第2世代の予約は、9月9日(金)の午後9時から。確実に発売日に入手できるよう、買うつもりの方は覚えておきましょう。


コメントを残す