Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

BOSEテレビ用スピーカーは、迫力あるクリアなサウンドを楽しめて超おすすめ!Bluetooth接続でスマホの音楽も聴ける

BOSEテレビ用スピーカーは、迫力あるクリアなサウンドを楽しめて超おすすめ

以前@goryugo氏の家で見せてもらい、テレビの音や音楽がめっちゃ綺麗に聴こえていいなぁと思っていたBose Solo TV

引っ越しを機にスペースが広くなったこともあり、検討してみようといろいろ探してみると新製品の「Bose Solo 15 series Ⅱ TV sound system」が発売されていることが判明。

※2022年現在上記の製品は販売終了し、よりコンパクトになったBOSE TV Speakerにバージョンアップ


サウンドの良さもさることながら、今回のモデルではBluetooth機器の接続に対応。
スマートフォンやパソコンなどにつなげて、手軽に音楽を楽しむことができます。

それなりの価格ではありますが、これ一台で映画や音楽のクオリティが大きくアップすること間違いなしです!


テレビの台座として設置可能な高音質スピーカー「Bose Solo 15 Ⅱ」

こちらの大きな箱で届いたのが、世界に冠たる音響メーカー・BOSEの新製品「Bose Solo 15 Series Ⅱ」。
テレビの台座として設置できるタイプのスピーカーです。

Bose solo 15 series2 bluetooth 1

まずは内容物をチェック。
光ケーブル、ステレオ音声ケーブルが同梱されているので、ほとんどのタイプのテレビに接続可能。
リモコンもついてます。

Bose solo 15 series2 bluetooth 3

Bose solo 15 series2 bluetooth 4

「46V型から50V型までのほとんどの機種に対応」とありますが、それより小さくてももちろん問題ありません。ただ小さいテレビだと、バランス的に台座にするよりも別のキャビネット等に設置した方がいいかも。

画面の大きさよりも、説明書に書いてあった「34kg以下、スタンドの幅が61cm以下かつ奥行きが31cm以下」を守るのが良さそう。

Bose solo 15 series2 bluetooth 2


55型の東芝レグザに設置してみた。音いい!iPhoneともすぐつながる!

私が持っていたテレビTOSHIBA REGZA 55G20X(55インチ)を置いてみたところ。図ったかのように横幅ピッタリ!

実は55G20Xのスタンド幅は62cmありBOSEスピーカーの要求仕様61cmを1cmだけ上回るのですが、綺麗に収まってくれてよかったです。(推奨はしません)

Bose solo 15 series2 bluetooth 5

これだけ大きなスピーカーを置くとなると普通は広いスペースが必要ですが、台座型のため置き場所に困ることがありません。

Bose solo 15 series2 bluetooth 6

リモコン操作ができるのも嬉しいポイント。
たくさんボタンがあって一瞬迷いますが、テレビ兼用のリモコンとして使うつもりがないなら「電源」「音量」「音源切り替え」くらい覚えておけば十分です。

Bose solo 15 series2 bluetooth 7

テレビと光ケーブルでつなぎ、電源をオン。聞き慣れたテレビの音が、これまでにない奥行きをもって聴こえてきて感動すらおぼえます。特に映画鑑賞なんて最高。

Bose solo 15 series2 bluetooth 8

音源の切り替えは、リモコンのBluetoothボタンで。

Bose solo 15 series2 bluetooth 9

スピーカーの白ランプが目印です。

Bose solo 15 series2 bluetooth 10

接続も他のBluetooth機器と何ら変わりません。
例えばiPhoneなら、Bluetoothの設定からBoseスピーカーを探して接続するだけ。

Bose solo 15 series2 bluetooth 11

私はiTunes Matchで音楽を管理しているので、これでリビングでも好きな音楽を良い音ででいつでも聴ける体制が整ったわけですね。素晴らしい。


あとがき

約5万円とそれなりに高価ではありますが、これからはリビングで映画や音楽をより良い音質で楽しめるようになったわけで、個人的には十分満足できる買い物でした。

おすすめです!


2022年7月現在「Bose Solo 15 Ⅱ」は販売終了。「BOSE TV Speaker」というストレートな名前のテレビスピーカーが新たに発売されています。

台座型ではなくなりましたが音質の評判も非常によく、価格も3万円台前半とより手頃に。いま買うならこちらがおすすめです!


【2022年】殿堂入りの『買ってよかったもの』まとめ。17年愛用している製品も紹介

コメントを残す