【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

AirTag&Belkinのキーリングケースを使えば、カギを無くしてもiPhoneで位置情報をアプリで探せる!

AppleのAirTag&Belkinのキーリングケースでカギ紛失対策

先日、旅行中に家のカギを無くすという大失態をやらかした私。

1度東京の満員電車で財布ごとスられたことはあるものの、落としたり無くしたことはなく油断してました。。。不覚。


万が一このようなことが次に起こった場合に備え、対策のひとつとして考えたのがカギに紛失対策の電子タグをつけること。

たとえ無くしたとしても、カギの位置情報がある程度わかれば発見できる確率が上がるはず……!


忘れ物防止タグといえばMAMORIOTileなどいくつかの製品がありますが、私の場合は以前購入したApple AirTagBelkinのAirTag用キーリングがあったので、これを家のカギに取り付けることに。


AirTagに印字する4文字(絵文字もOK)は好きなものを選べるし、Belkinのキーリングホルダーのデザインもシンプルで良い。見た目も気に入りました。

これで、たとえまた無くしたとしても見つかるはず……!


Appleの忘れ物防止タグ「AirTag」

Appleが2021年4月に発売した忘れ物防止タグ「AirTag」。

AirTag自体にGPS機能はないものの、近くにあるiPhone(他人のものでもOK)とサイレントでBluetooth通信を行い、位置情報を発信することが可能な製品。

Apple AirTag

中に入っている本体は、ピンのついていない缶バッジのような形。

ピンのついていない缶バッジのような形

後ろ側にはアップルのリンゴマークが入っており、

後ろ側にはアップルのリンゴマークが入っている

表側には、注文時に4文字まで好きな文字を入れることができます。絵文字でもOK。
私は牛の絵文字にしてみました。

表側には、注文時に好きな1文字を入れることができる

なお刻印はApple公式サイトで購入した場合のみ。Amazon等で買った場合にはつけられないのでご注意ください。

刻印はApple公式サイトで購入した場合のみ


BelkinのAirTag用キーリングで、カギに装着するなど用途がグッと広がる

Airタグにはクリップも何もついていないので、そのまま使う場合はバッグなりポケットに入れるしかない。

そんなAirTagの用途をグッと広げるのが、BelkinのAirTag用キーリングです。

AirTagがキーホルダー型になるので、カギ類はもちろん輪っかが通せるものなら何にでも装着が可能に。圧倒的に使いやすい。

AirTagがキーホルダー型になるBelkinのAirTag用キーリング

AirTagをはめ込むプラスチック製のホルダーと、金属製リングを組み合わせて使います。

AirTagをはめ込むプラスチック製のホルダーと、金属製リング


さっそく、ホルダーにAirTagをセットしてみましょう。

AirTagを入れてホルダーをセット

カチッとホルダーを閉じて、リングを通せばOK。

カチッとホルダーを閉じて、リングを通せばOK

あとはカギなり何なりにリングを装着するだけ。

あとはカギなり何なりにリングを装着するだけ


AirTagの設定

iPhoneをAirTagに近づけると、自動的にAirTagとの接続メニューがポップアップされるはず。
自由に名前をつけて、次へ。

iPhoneをAirTagに近づけると、自動的にAirTagとの接続メニューがポップアップされる

位置情報の使用を許可し、Apple IDとAirTagを紐付けます。

位置情報の使用を許可し、Apple IDとAirTagを紐付ける

これだけで基本的設定は完了。
正確な場所を見つけたり、探しやすいようiPhoneから音を再生させたり、手元から離れた(iPhoneとAirTagが離れた)ときに通知することができます。

AirTagの基本的設定は完了


iPhoneの「探す」アプリで位置情報を追跡、設定変更も

設定を終えたAirTagは、iPhoneの「探す」アプリで位置情報を確認可能。

設定を終えたAirTagは、iPhoneの「探す」アプリで位置情報を確認可能

「探す」アプリからサウンドの再生、細かい位置を探す、手元から離れたときに通知する設定、それに万が一本当に無くしたときには紛失モードを有効にすることができます。

「探す」アプリでできること

紛失モードを有効にする際には、電話番号やメールアドレスを入力。

第三者がそのAirTagを見つけてiPhoneをかざすと、入力した電話番号やメールアドレスが表示。親切な人ならそこに連絡をくれる……という流れ。


AirTagの弱点

人の少ない場所だと位置情報が更新されにくい

AirTag自身にGPS機能はなく、周囲のiPhoneと通信して位置情報を更新する仕組み。

なので人の多い都会であればかなり正確な位置情報が期待できる一方で、人の少ない田舎だといつまで経ってもiPhone所持者が近くを通りかからず、なかなか正確な位置情報がつかめない可能性が考えられます。

盗難に対してはあまり強くない

もしAirTagを装着しているカギやバッグ等が盗まれたとして、AirTagを知っている犯人に発見されるとすぐに捨てられてしまいます。

盗難対策としてはあまり期待しすぎない方がいいでしょう。


もちろんAirTagを知らなかったり、バッグのポケットの奥などで見つからない場所にある場合には追跡が可能ですが、個人で犯人と接触するのは危険。
警察に届け出て事情を説明し、連携するのが得策です。


最後にひとこと

AirTagが活躍するような状況にならないことを願いますが、これで万が一のときにもある程度対応ができそうです!転ばぬ先の杖、大事。


AirTag – Apple(日本)



コメントを残す