「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

3coins(330円)のスマートフォンホルダーで、両手フリーの手元撮影ができる。YouTube動画撮影用にも

先日、福岡天神の3coinsに立ち寄ったときのこと。

iPhoneやAndroidスマートフォンに使えるホルダー2種類をたまたま発見。

iPhoneやAndroidスマートフォンに使えるホルダー2種類

本来は、寝転がったりしながらハンズフリーでスマートフォンを見るためのもの。

ちょうど製品のレビュー動画を撮ろうと思っており、その際に撮影しながらだと片手しか使えないのがネックになっていたところ。

「これを使えば両手フリーで撮影できるのでは……?」と考え、買って試してみることに。

3coinsなので、もちろん1つ税込330円と非常に安い

実際に使ってみたところ、首にかけるタイプは主観視点での撮影に、デスク等にクリップで留めるタイプは斜め後ろ・横・正面から撮るのにいい感じ。

似たような製品は多数ありますが、330円で手に入ったのはとてもラッキーでした……!


主観視点で両手フリーの手元が撮影できる「スマートフォンネックホルダー」

1つ目は、「SMART PHONE NECK HOLDER & STAND」と記載された製品。
首にかけてスマートフォンを固定し、自由な態勢で見られるというもの。

「SMART PHONE NECK HOLDER & STAND」と記載された製品

輪っか状のチューブの先にスマートフォンホルダーがついている、シンプルな構造です。

輪っか状のチューブの先にスマートフォンホルダーがついている、シンプルな構造

中身はチューブとホルダーのみ。これで必要十分です。

中身はチューブとホルダーのみ。これで必要十分

チューブはそれなりに剛性がありますが、力を入れれば自由に曲げられます。

チューブはそれなりに剛性があるが、力を入れれば自由に曲げられる

チューブヘッド(チューブの先の球型の部分)をホルダーに入れて締めれば完成。

チューブヘッド(チューブの先の球型の部分)をホルダーに入れて締めれば完成

iPhoneやAndroidスマートフォンをセットし、首にかけて画角を確認したりしつつチューブを曲げて調整してください。

iPhoneやAndroidスマートフォンをセットし、首にかけて画角を確認したりしつつチューブを曲げて調整してください

少しずらしてカメラが外に出る状態でスマートフォンをホールドすることで、手元などを主観視点で撮影することが可能に。

少しずらしてカメラが外に出る状態でスマートフォンをホールドすることで、手元などを主観視点で撮影することが可能に

以下の写真は、このスマートフォンネックホルダーとタイマー撮影で撮ったもの。
少し寄り気味にはなってしまいますが、両手がフリーの状態で撮影可能。

少し寄り気味にはなってしまいますが、両手がフリーの状態で撮影可能なことが確認できた

試行錯誤してみた結果、首掛けとスマートフォンホルダーの位置を近づけることにより、さらに広い範囲の手元を撮影できることがわかりました。

首掛けとスマートフォンホルダーの位置を近づける
、さらに広い範囲の手元を撮影できる

iPhoneの超広角カメラでも広い範囲を撮れますが、やや歪みは出てしまうのがネック。

iPhoneの超広角カメラで撮ると、やや歪みは出てしまうもののより広い範囲が写真・動画に入る

横や正面から撮るなら「スマートフォンクリップホルダー」

次に、「SMARTPHONE CLIP HOLDER」。
こちらはテーブルやデスクにクリップで留めるタイプです。

たとえばAmazonで探してみると同種の製品が多数見つかりますが、私が見る限りはいずれも1,000円以上。
税込み330円で買えるのは凄い。

Amazon.co.jp : スマートフォンホルダー フレキシブルアーム

2〜4cm厚のものに土台クリップで固定することが可能。もう片側スマホクリップでスマートフォンをホールド。

2〜4cm厚のものに土台クリップで固定することが可能。もう片側スマホクリップでスマートフォンをホールド

中には、アーム(チューブ)のついた土台クリップと、スマートフォンのクリップが入っています。

中には、アーム(チューブ)のついた土台クリップと、スマートフォンのクリップが入っている

アームは好きな形に自由に曲げて利用可能。

アームは好きな形に自由に曲げて利用可能

アーム先のボールをスマホクリップに取り付けて準備完了。

アーム先のボールをスマホクリップに取り付けて準備完了

試しに、学校デスクに取り付けて手元を撮影してみました。

学校デスクにスマートフォンアームを取り付けてみた

さきほどのスマートフォンネックホルダーのように主観視点で取るのは角度的に難しいですが、斜め後ろや横、向かいから撮る用途にはうってつけ。
こちらも両手フリーでの撮影にかなり使えそうです。

斜め後ろや横、向かいから撮る用途にはうってつけ

ネックホルダーで実際に撮った動画

最初に紹介した首にかけるタイプのスマートフォンネックホルダーを使って、実際に撮った動画がこちら。

両手でコントローラーを持ったり、プレイしている場面はすべてネックホルダーを装着して撮影しています。どうです、違和感ないでしょう?

公式通販サイトもあるが、送料は必要

3coinsには公式通販サイトがあり、今回紹介したスマートフォンホルダー2種も販売されています。

首かけスマホホルダー | 3COINS(スリーコインズ)

スマホクリップ式ホルダー | 3COINS(スリーコインズ)

ただし、当然ながら通販で買うと送料は必要。
1注文あたりの送料は550円(税込)で、5,000円(税込)以上購入した場合は無料になるとのことです。

送料くらい負担してもいい、近くに3coinsがないという方はこちらもチェックしてみてください。

コメントを残す