2019年買ってよかったものベスト16はこれ!

火を使わない電気フライヤー「はやあげ」自宅でフライや天ぷらをより手軽に楽しめる!

衣が既についた「あとは揚げるだけ」のものを買ってきて入れてみた

最近買い物熱が続いているんですが、先日買った製品がこれまた使える奴だったので紹介します。

タイガーの電気フライヤー「はやあげ」。火を使わずに手軽に揚げ物ができる優れもの。


ざっくりと特徴を挙げます。

  • 火を使わないのでかなり安全性高く揚げ物ができる
  • 自動温度調節なのでラク。ただ細かい温度調整はできない
  • 鍋が深めなので周囲への油はねもほぼない
  • 内鍋を外して丸洗いOK

面倒すぎて自宅で揚げ物をしたことがなかった私が、この「はやあげ」でついにデビュー。
揚げたてのフライを家で楽しめるのはいいものですね……!


火を使わず手軽に揚げ物ができるタイガー電気フライヤー「はやあげ」

「はやあげ」は、炊飯器や魔法瓶で有名なタイガー社の製品。
私の購入時は6,300円ほどでした。

「はやあげ」は、炊飯器や魔法瓶で有名なタイガーの製品

色はブラウンの1色のみ。実際に届いたものを見てみると、ブラウンというよりはゴールドっぽい色味でした。
鍋本体に取外し可能な内鍋、フタ、油切り、電源コードと説明書。

ブラウンというよりはゴールドっぽい色味

大きさは深めの煮込み鍋くらい。幅26.4×奥行き21.1×高さ22.4cm、重さは約2.1kgとのこと。
利用していないときにはフタを閉じて油ごと保存することも可能。

利用していないときにはフタを閉じて油ごと保存することも可能

利用時には油切りをセットして、揚がったものを置いておくこともできます。

利用時には油切りをセットして、揚がったものを置いておくこともできる

炊飯器などのように、内鍋を取り外して洗えるのがとても便利。

炊飯器などのように、内鍋を取り外して洗えるのがとても便利

油の適正量は約0.7〜1リットル。内鍋に上限・下限の線が引いてあるので、ここに収まればOKです。

油の適正量は約0.7〜1リットル

油温調整どころかオン・オフのスイッチすらないシンプルな仕様なので、準備は油を入れて電源プラグを差し込むだけ。
説明書によると13〜15分で適温の180〜190℃になります。
使い終わったら電源プラグを抜いて冷めるまで待ち、そのままフタをするなり油こしに入れて保存。

油温調整どころかオン・オフのスイッチすらないシンプルな仕様

自宅で手軽&安全に揚げ物ができる幸せ

揚げ物って、油大量に扱うから怖いし初心者には温度調整も難しいし、敬遠してたんですよね。

でもこの「はやあげ」を使えば、油投入したらしばらく待ってあとは揚げるだけなので簡単。
火加減や油の温度を逐一確認したり、衣を落として浮くか沈むか…なんてやらなくても大丈夫。

衣が既についた「あとは揚げるだけ」のものを買ってきて入れてみました。こんな簡単に自宅で揚げたてが食べられるなんて。

衣が既についた「あとは揚げるだけ」のものを買ってきて入れてみた

油の臭いを考慮して換気扇のあるコンロの下で揚げていますが、もちろん火は使ってませんよ。鍋が深めなので周囲への油はねもほとんど無し。


利用後は、冷めたあと目につく油カスを取り除きフタをして保存。

こし網のついたオイルポットに入れておくのもいいですね。

油を捨てる際は、私の場合はかの有名な「固めるテンプル」を使いました。油に混ぜて固まったら燃えるゴミへ。とても簡単。

電気フライヤー「はやあげ」の特長をおさらい

タイガー電気フライヤー「はやあげ」の特長
・火を使わず揚げ物ができるので安全性が高い

・火加減いらずでかんたん

・油はねがしにくく、油切りも付属していて便利

・内鍋は丸洗いOK

・フタ付きで油の保存もできる

注意点
・細かい温度調整はできないので、こだわる人には不向き
・油が温まるまでに多少時間がかかる(13分程度)
・それほど大きくはないので、あまり大量だったり大きな揚げ物は入らない

あとがき

自炊となると炒めたり煮たりが多かったんですが、「はやあげ」のおかげで新たに揚げ物がレパートリーに加わりました。

揚げたてはだいたいおいしい。素晴らしい。


温度を細かく調節しながらこだわったフライを作る人には不要かもしれませんが、とにかく気軽・手軽に自宅で揚げ物を楽しみたいならオススメです!

↓今も愛用中の「買ってよかったもの」ベスト版記事

私が本当に心から「買ってよかった」モノたちオールタイムベスト【随時更新】

2020.03.26
続きを読む

コメントを残す