成田空港で早朝のLCC便に乗るには?高速バス、ホテル前泊などの選択肢を調べて比較した

首都圏のLCC(格安航空会社)発着地、成田空港

国内線だけでもジェットスター、バニラエア、ピーチの3社が就航しており、国際線も含めるとかなりの数に上ります。


ただ、LCCは安くするために削れるところは削った結果、東京都心から遠い成田空港利用、遅延しやすい、荷物に追加料金がかかる、といった特徴もあります。

LCCで追加料金を取られない手荷物の数、サイズと重さは?各社の違いもチェック。

2013.04.16

早朝便が多いことも、LCCの特徴のうちの1つ。

始発電車が間に合うかどうかも怪しいような時間帯にも飛んでおり、そういった便は不便な時間である分安いことも多々。

例えばジェットスターだと6:05福岡行き、6:15札幌/新千歳行きの始発があったりします。


これらの朝早い便に乗るには、普通に電車に乗っていては間に合わない場合も。

ではどうすべきか?考えうる選択肢をリストアップし、比較してみました。


電車

電車で成田空港へ向かう場合、最速でどのくらいの時間に到着可能なのでしょうか?

試しに2017/11/9(木)の始発で、東京駅→成田空港駅行きの始発を路線検索してみました。アプリはYahoo!乗換案内を使用。

最速で成田空港駅への到着は6:15という結果。加えて、LCCの多くが出発する第3ターミナルは駅のある第1・2ターミナルからかなり(私の足だと15〜20分くらい)歩くので到着はもっと遅くなってしまいます。

主にLCCが利用する成田空港第3ターミナル、車や電車で行くのはキツイ。高速バスがおすすめ!

2016.04.28

これでは福岡や新千歳行き始発はもちろん、7:00発の便もちょっと危ない時間。。。


なお、日暮里でアクセス特急に乗り換えるのが最速で6:15着。次いでJR快速エアポート成田が6:30に到着するようです。

今回の趣旨である早朝のLCC便に対応するには、電車ではちょっと厳しそうですね。

高速バス

成田空港へは、銀座駅・東京駅から成田空港を結ぶ「THEアクセス成田(JRバス関東)」「東京シャトル(京成バス)」、大崎駅から成田空港へ行く「成田シャトル(京成バス)」の3つの高速バスが走っています。

このうち成田シャトルは始発でも到着が7:00前後になってしまうのですが、THEアクセス成田と東京シャトルは深夜早朝便を運行中。

THEアクセス成田


東京・銀座~成田空港 ラクラク安心1,000円高速バス THEアクセス成田
銀座駅・東京駅~成田空港間1,000円(小学生500円)のトイレ付で足元の広いゆったりしたLCCバスです。チケット購入不要!直接バス停から車内精算でご利用頂けます~平和...

東京シャトル


京成高速バス 東京駅~成田空港900円(東京シャトル)
東京駅~成田空港が900円! 成田空港発1日45便、10:00~20:00は20分間隔運行で本数も充実! ポーターサービス付で楽ちん! 格安・オトクです。ご予約はこちらから。

通常1,000円のところ深夜早朝便は2,000円と料金は倍になってしまうのですが、始発のLCC便利用者にはかなり有力な選択肢の1つ。

加えて、バスは電車と違いLCC国内便のほとんどが出発する第3ターミナルへ直接乗り入れてくれるので、空港へ着いてからの移動は少なくて済みます。
(参考記事 →「主にLCCが利用する成田空港第3ターミナル、車や電車で行くのはキツイ。高速バスがおすすめ!」)

私がLCC始発を利用するなら、まずこの高速バス利用を軸に考えますね。

タクシー

タクシーで直接成田空港へ向かうことも可能。

ですが当然ながら、料金はかなりの金額になってしまいます。LCCで安く済ませようとしているのに、空港へ向かうタクシーでお金を使うのは本末転倒といったところ。


例えば日本交通だと、深夜早朝の定額運賃は都内からだと19,000〜28,000円。ここに高速料金がプラスされます。
LCCなら下手すると往復チケットが買えてしまう金額ですね…。

成田空港定額タクシーを利用する | タクシーなら日本交通

アプリで呼べるタクシー・Uber(ウーバー)の場合、東京23区⇔成田空港は定額27,000円。高速代金も含んでこの料金なので、場合によっては他のタクシー会社より安く済むかもしれません。

新制度では、東京23区と成田空港間の行きと帰りを、定額料金27,000円**でご利用いただけます。これには高速料金や消費税も含まれ、空港でのお迎えに追加料金は発生しないので、終日同一金額でご提供します。
成田空港新定額料金制度スタート! Gw中、羽田・成田空港往復の初回乗車がそれぞれ20%オフ! | Uber ニュースルーム

アプリで呼ぶ高級タクシー・Uberで羽田から都心(新宿)へ。めっちゃラク&定額料金で安心!

2016.07.19

自家用車

成田空港には大型の駐車場があるため、で向かうのもアリ。LCCが飛ぶ第3ターミナルまでは多少歩きますが、時間の融通が利くのと子供連れがラクなのはメリット。

駐車料金は3.5時間まで260円/30分、5日目までは2,060円/日、6日目以降は520円/24時間となっています。



また、成田空港周辺では土地が広いこともあり激しい駐車場同士の価格競争が行われているようで、駐車料金1日数百円と格安のところも少なくありません。多少空港からは距離があるのですが、無料の送迎バスも運営する気合の入れよう。

適当にググっただけでもたくさん見つかりました。

成田空港駐車場USAパーキング利用者数No.1の実績。機械洗車無料サービス付き!
成田空港駐車場USAパーキング利用者数No.1の実績。機械洗車無料サービス付き!早朝4時30分~営業。成田空港へ随時無料バス送迎。一番人気!!成田空港近くで業界最大規模の...
成田空港駐車場はリピート率NO.1安値NO.1のABCパーキング1日390円
成田空港駐車場ABCパーキングは専用送迎車で空港まで2分の無料送迎サービス!朝4時10分(LCC早朝便)から最終フライトまで対応しております。お客様に支えられて28年...

安く済ませたいなら、こういった駐車場を利用するのも良さそうです。

ホテルに前泊

成田空港周辺には多くのホテルがあり、それぞれ早朝便に間に合う時間に送迎バスを運行しています。

私が以前利用したのは成田ポートホテル(現:成田ゲートウェイホテル)。謎に豪華なエントランスが印象的でした。

他にも多くのホテルがあるので、調べてみるとよいでしょう。


成田空港第2ターミナルにもカプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」があります。一泊4,000円とカプセルホテルにしては高めですが、周辺ホテルよりは安いし空港直結の利便性は大きい。カプセルでも問題なければこちらもアリですね。

知り合いがナインアワーズ成田空港での詳しい宿泊レポートをアップしていたので、そちらも参考にどうぞ。

近未来風なカプセルホテル「9h nine hours 成田空港」を利用しました。 - 小夏パパ...
成田空港で深夜到着や早朝出発する時にちょっぴり異世界感のあるカプセルホテル「9h nine hours」の利用をオススメします。 空港直結、近くにセブンイレブンあります。

成田空港で早朝便まで粘る

夜のうちにあらかじめ成田空港に到着しておき、早朝まで粘るという手もあります。

出発まで成田空港で何時間も過ごさなければいけないし、寝づらくて体は若干キツいですが、節約という意味では間違いなくベスト。


空港側も最近では24時間滞在できるような態勢を若干ですが整えてきており、24時間営業のコンビニやウェイティングスペースを設けています。

以下の成田空港公式サイトの案内によると、コンビニがあるのは第3ターミナルですが滞在できるエリアが少ない感じ。横になったりゆっくりしたいなら第2ターミナル寄りの北ウェイティングエリアを利用するのが良さそう。

私はまだ経験がないのですが、ネット上にリアルな体験談も多数載っているので探してみてください。

【2017.05更新】成田空港で寝るなら、ココがベスト!(野宿/寝泊まりの場所/LCC早朝...
※この記事は2015年に書きましたが、2016年10月にに再び成田空港で野宿しましたので、最新情報を赤字で追記します。 →2017年2月にこの記事で紹介しているおすすめの場所...
成田国際空港内で宿泊する時に一番すごしやすいエリアは?ランキングで発表します
LCCは特にそうですが、便によっては電車などの公共交通機関が動いていない早朝や深夜に便が発着することもあります。その際周辺のホテルに宿泊したり、タクシーを使うと...

睡眠をとる場合にはほとんどのエリアが常に蛍光灯で煌々としており眩しいこと、荷物の盗難、寝過ごしには注意しましょう。

あとがき

個人的には深夜高速バスかホテル利用がいいかなという気がしますが、とにかく節約したいなら成田空港で粘ってみるのも選択肢のひとつ。

早朝便を利用する際の参考になれば幸いです!

成田空港⇔東京の移動手段を価格や所要時間で比較してみた。LCCや海外旅行時に役立つ!

2013.10.09

国内旅行を格安で済ませるために調べるべき予約サイト一覧

2012.07.05

海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

2013.09.05

旅慣れた私が旅行のときに持っていく便利グッズまとめ。国内でも海外でも、これだけあれば大丈夫!

2017.04.27

カテゴリ:

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら