2015年2月21日
東京、関東グルメ

Yoshimuraya 10

首都圏には、日本の中心だけあって全国各地から様々なラーメンが集まっています。
豚骨、醤油、味噌、塩、さらには魚介系つけ麺などなど、美味しいものからパチモンまでクオリティもいろいろ。

そんな中で、おそらくラーメン二郎と並んで有名なのが「家系(いえけい)ラーメン」。

横浜を発祥とする豚骨醤油ラーメンで、その総本山が今回紹介する「吉村家」。
この店で修行したり辞めたりした弟子が「◯◯家」と名前をつけた店を関東を中心とした各地にオープンさせ、吉村家直系でないものも含めるとその数は数十店にもなります。


関東に住んでいるときにも何度も食べに行った家系ラーメンですが、福岡に移住してしばらく経つことですし、今回改めてその開祖である吉村家で味を確かめてみることにしました!

横浜駅から徒歩10分のところにある「家系総本山 ラーメン吉村家」

こちらが横浜駅から徒歩10分の場所にある、吉村家さん。
ド平日の15:00頃にも関わらず5人も並んでいました。

Yoshimuraya 1

並ぶ前に食券を買うように促されます。とりあえずここは普通のラーメンで。

Yoshimuraya 2

レギュラーメニューとは別に、日替わりのトッピングもあります。ネギ好きの私は辛ネギをプラス。

Yoshimuraya 3

待つことしばし。

Yoshimuraya 4

ビビッドな赤のカウンターが印象的な店内へ。
ねじり鉢巻に白Tシャツ白エプロンのいかつい男衆が厨房でラーメンを作っています。

Yoshimuraya 5

席の後ろのはさまざまな賞状やこれまでに商品化されたインスタントラーメンなど。

Yoshimuraya 6

家系の皆伝と家訓。どうやら父から子へ送られたもののようです。

Yoshimuraya 7

テーブルには胡椒、しょうが、にんにく、揚げにんにく、酢と普通のラーメン屋よりもかなり多いトッピング・調味料類。
これらで自分好みの味付けにしてから食べるのもこの店の醍醐味の1つ。

Yoshimuraya 8

最初に辛ネギがやってきました。シャクシャク食べながらラーメンを待つ。

Yoshimuraya 9

シンプルな豚骨醤油ラーメン。王道のおいしさ。

ラーメンきた!総本山らしく、茶褐色のスープにチャーシュー、ほうれん草、海苔といった家系のスタンダードな乗せもの。というかこれが基本となって広まったわけですから当然か。

Yoshimuraya 10

スープは、博多の豚骨ラーメンに比べると醤油をやや強めに感じる醤油豚骨。(鶏ガラも入っているらしい)これはこれで好きな味です。

Yoshimuraya 11

やや太めでコシのある麺。当然ながら細麺よりも食べごたえがあり、スープへの絡みもよい。

Yoshimuraya 12

いつ行っても並ぶのがネックではありますが、普通に美味しいです。総本山・吉村家のラーメンを食べてから、他の家系ラーメンと比べてみるのも面白いかも。

「お客様は我が味の師なり」

Yoshimuraya 13

おまけ:吉村社長のひとり言

記事を書くにあたり吉村家のホームページを見てみると、「吉村社長のひとり言」なるコーナーがありました。

いかにも武骨な男の言葉という感じで面白いので、興味のある方はぜひ。

おう、おめぇか! 

もう年はあけたのに、今頃何やってきてんだよ。

お年玉をせびるにはもうおせぇぞ。

なんだって、今年の抱負?

そんなもんないよ。
家系総本山吉村家~横浜豚骨醤油ラーメンの店 吉村社長のひとり言より)

あとがき

関東に数多ある店の中でも、一度は食べておくべきラーメンの1つといっていいと思います。

まだ食べたことがないという方は、なるべくならピークをずらして行ってみてください!

⇒もっと 「東京、関東グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック