2013年6月15日
名古屋、中部グルメ

Betokonramen sinkyo 7

これまでも当ブログで何度も紹介してきた、名古屋グルメ

みそかつにひつまぶし、台湾ラーメン、手羽先、あんかけスパなどありましたが、今回はもしかすると全国的知名度はあまり高くないかもしれない、「ベトコンラーメン」というもの。
(ちなみに、名古屋グルメといいましたがベトコンラーメンは愛知県一宮市が発祥)

“ベトコン”という名前は、

当時続いていたベトナム戦争のベトコン(南ベトナム解放民族戦線)の勇敢なイメージにちなみ、これがベトコンラーメンと名付けられた。しかし、戦争が激化したことなどから食品の名称にふさわしくないと考えられるようになり、この由来を否定するようになった。当時、客が「食べるとコンディションが良くなる」と言っていたことから、以降はベスト・コンディションの略だと説明されている。
ベトコンラーメン – Wikipediaより)

という由来らしい。

その由来から想像できるかはともかく、炒めたもやしとニンニクがたっぷり入ったガッツリ系ラーメンでした。

紹介するのは、ベトコンラーメンの元祖と言われている「新京」というお店。
ガツガツと大盛りラーメンを食べたい人にはうってつけです!

地図を見ながらやってきてみると、「え、ここ?」という住宅街の中。
その中にいかにも街の中華屋さんという風情でありました。ここです!

Betokonramen sinkyo 1

最初は通過してしまったほど、周りの住宅と同化しています。

Betokonramen sinkyo 2

着いたのは開店時間ギリギリだったのと開店してるかどうかわかりにくかったのですが、営業中の札があったので入ってみます。

Betokonramen sinkyo 3

中も、地域密着型のお店な雰囲気。手書きのメニューがいい感じです。

Betokonramen sinkyo 4

横で小学生くらいの男子がご飯食べてたので地元の子も食べにくるんだなと思っていたのですが、どうやらここの息子さんらしい。こういうのもなんかいい。

Betokonramen sinkyo 5

注文したのはもちろんベトコンラーメン。
いろいろとバリエーションがあるようなのですが、やはり最初は普通で。


そして運ばれてきたのは、想像よりもかなりガッツリと盛られたラーメンでした。
見よ、このラーメン二郎を彷彿とさせる盛りっぷりを!

Betokonramen sinkyo 6

横から見ると一目瞭然。

Betokonramen sinkyo 7

載っているのはもやしとニラとニンニクを炒めたもの。
一杯にまるごと一個分くらいのニンニクが入ってます。これはすごい・・・
しっかり炒められているのでやわらかい。

Betokonramen sinkyo 9

スープは、見た目の印象よりもあっさりめなしょうゆ味。
なのですが、野菜やニンニク、唐辛子などの炒めたエキスが溶け出しているので、コクがプラスされてます。

Betokonramen sinkyo 8

麺は中細麺。
この麺がスープと相まって、見た目の印象ほど腹にズシッとは来ず、ツルツルいけます。

Betokonramen sinkyo 10

こんなご当地グルメが名古屋にあるんですね。知りませんでした・・・。
個人的にはけっこう好きで、近くにあったらたまに食べにきたくなる感じでした。
(当日人に会う予定がなければ・・・)

今回紹介した新京はもちろん、中部地方には何店舗かベトコンラーメンの店があるようなので、興味のある人は行ってみてください!

[グルメ]これぞ名古屋のB級グルメ!あんかけスパの「スパゲッティヨコイ」

[グルメ]贅沢なひつまぶしを、3種の食べ方で。「あつた蓬莱軒」in 名古屋・熱田神宮前

⇒もっと 「名古屋、中部グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック