2013年5月14日
まとめ記事

Jisui matome 2013 title

どうも。自炊(本の方)ブロガー@ushigyuです。

本を裁断・スキャンしてPDFなどの電子データにし、タブレットPCなどで読めるようにするのが、いわゆる自炊と呼ばれるもの。

今でこそ様々な話題を扱っているこのブログですが、最初はその自炊のノウハウを書いてみようということで始まったのでした。


本の自炊に関する様々な話題を書いてきましたが、前回まとめ記事を書いたのがなんと2年前という・・・

その頃からすると、新しいスキャナーや新型iPad、Kindle、Nexus7といったタブレットの発売がありましたし、ブログの文章自体も前よりはわかりやすく書けるようになったと思います。

というわけで、今回は”自炊”について、実際にやるべきかどうかの検討から裁断機・スキャナー選び、実際の裁断・スキャン&タブレット等で読むまでの手順、さらにおまけで裁断済み本の処分やスキャナーのもっと便利な使い方まで、がっつりまとめてみました!

目次

① 自炊のメリット・デメリットを知る

② 裁断機とスキャナーを選ぶ

③ 本を裁断する

④ 本をスキャンしてPDF/JPGファイルにする

⑤ タブレットPCやKindleなどの端末で読む

⑥ 裁断済みの本を処分する

おまけ スキャナーをもっと活用する

① 自炊のメリット・デメリットを知る

そもそも本の”自炊”って何なんでしょうか。

そこからよくわからないという方のために、自炊とは何なのか、またそのやり方にはどういう方法があるのか(自分でやる、自炊代行など)について解説したのが以下の記事。

本の「自炊」って何?なぜそれが必要?どんな方法があるの?

では、自炊して本をデータ化することにはどんなメリットがあるのでしょうか。
パッと思いつくのは場所を取らないとか、持ち歩きやすいといったところですが、他にもいくつかあります。

自炊(本の電子化)をする7つのメリット。どんな利点がある?

メリットを聞けば誰でもやってみたいと思うでしょうが、デメリットやリスクもないわけではありません。それも考え合わせた上で本当にやるかどうか決めると良いでしょう。

本を自炊(電子化)する場合に考慮すべきデメリットとリスク5つ

② 裁断機とスキャナーを選ぶ

自炊をはじめることを決めたら、次に機器の選定。
カッターなどでがんばる人もいるかもしれませんが、やはり個人的には裁断機・スキャナーは最低限必須だと思います。

と言っても、どの裁断機を選べばいいのか基準がわからない方がほとんどのはず。
そういった人向けに、どういうポイントで裁断機を選ぶべきなのかを解説しました。

私のオススメはダーレ Durodex 200DXとカールのDC-210N。

CARL(カール)の裁断機を、600冊自炊した私がオススメする理由

800冊自炊した私が、ダーレDurodex 200DX裁断機をすすめる唯一最大の理由

次に、スキャナーを選びましょう。
裁断機のときと同様、どういう視点で選べばいいのか、オススメはどの機種なのかを以下で解説しました。

自炊(本の電子化)用のスキャナーを選ぶ5つのポイントと、オススメのスキャナー紹介

但し、上記はScanSnapの最新機種「iX500」がリリースされる前の記事。
ScanSnap S1500に比べ、iX500の方がスキャン速度が早く、Wi-Fi機能の搭載、交換部品の耐用年数増加など性能がアップしています。但しS1500より少しだけ高価。

どちらを選ぶかは、以下の比較記事を見ると選びやすいかと思います。

ScanSnap iX500とS1500を写真と動画で比較!読み取り速度の差も測ってみた(マンガ、名刺)

③ 本を裁断する

次に、実際の本の裁断方法について。

裁断機にかける前に「電子レンジで糊を溶かす」「まずカッターで解体してから…」といった解説記事もあるようですが、実は手で細かくするだけで大丈夫。
(※女性など非力な方は、一部カッターを使った方がスムーズかもしれません)

手順については以下からどうぞ。

自炊に最適!Carl(カール)の裁断機DC-210Nを使った本の裁断手順

ダーレ Durodex 200DXはDC-210Nよりやや高価なものの、ほとんどの本を一発で裁断できるのが大きな魅力。わざわざ手で割く手間すらもちろんありません。
これは使ったら手放せない便利さです。財政が許す方はこちらがオススメ。

自炊用の裁断機ダーレDurodex 200DXで本を裁断。ほとんどの本が一発で切れて素晴らしいぞ!

④ 本をスキャンしてPDF/JPGファイルにする

次に、裁断した本のスキャン。

設定を自動認識にすると、たまにカラーをうまく読み取ってくれなかったり、マンガの黒がつぶれてしまったりする場合があります。

本や自分の希望(容量を小さくしたい、きれいに残したい、白紙ページは削除したい、など)に合わせて、最適な設定をしましょう。

ScanSnap S1500の設定は以下から。

自炊に最適!スキャナーScanSnap S1500を使った本のスキャン手順と設定、重送時の対処

iX500については以下から。

性能アップしたScanSnap iX500で自炊!本に合わせた最適な設定と手順とコツ

⑤ タブレットPCやKindleなどの端末で読む

本は、もちろんデータ化して終わりではありません。

手持ちのタブレットPCやKindle、パソコンなどで読書をするわけですが、その手順についても知らないと手間取ったりうまくいかない場合も。

そのあたりも、以前の記事にて詳しく説明していますので、これらの記事を見ればうまくいくはずです。

iPad、iPhone、Macについては以下から。

電子化した本をiPadやiPhone、MacやWin機で読もう!【自炊(本の電子化)完全マニュアル 第5回】

読書アプリはいろいろあります。機能や価格を見比べて好きなものを選んでみてください。

iPadで読書する人は必見!最高のブックリーダーアプリは?i文庫HD・GoodReader・CloudReaders・Bookman・iBooks・ComicGlassを徹底比較!

私のおすすめは、i文庫HD。アプリとしては高価な部類ですが、それさえ許容できれば機能的にはこれ以上ないといっていいと思います。

i文庫HD 2.7.2(¥800)
カテゴリ: ブック, ユーティリティ


App

iPadに触れずに顔の動きだけで読める「MagicReader」というアプリも素晴らしい。
手が離せないとき(例えば料理など)に特に便利!

[iPad]手を触れずに読める魔法のアプリ「MagicReader」自炊(電子化)した本がタッチフリーで読める!

MagicReader 1.5(無料)
カテゴリ: ブック, ユーティリティ


App



昨年発売されて話題になったKindle Fire HDでもばっちり読めます。

Kindle Fire HDで自炊した本(PDF)を読むならアプリ「Perfect Viewer」を使うと捗る!

Kindle Paperwhiteでも。

Kindle Paperwhiteで自炊(PDF化)した本を読む手順

コストパフォーマンスの良いタブレットとして人気のある、Nexus7でも。

Nexus7で自炊本を読むなら、無料のAndroid読書アプリ「Perfect Viewer」で!

kobo touchでも試してみました。意外といける。

意外とアリ!楽天kobo touchで自炊(電子化)した本を読む手順

⑥ 裁断済みの本を処分する

裁断済みの本は、もったいない気もしますが捨てることになります。

その際縛ってまとめるわけですが、慣れていないとうまく締められずにバラっと崩れてしまったりする場合も。

ちょっとしたロープワークを知っていれば、その問題も解決。

番外編「裁断した本を処分しよう!」 ※日常生活でも役立つ紐の結び方も紹介※


なお、裁断本はヤフオクなどで売る方法も(一応)あり、それについても上記記事で解説しています。

おまけ スキャナーをもっと活用する

自炊については以上ですが、そこで手に入れたスキャナーはせっかくなのでもっと活用しないともったいない。

例えば、紙のままだと整理がとても面倒な名刺の管理に。
Evernoteやスマートフォンとの組み合わせでとても便利な名刺データベースが作れます。

ScanSnap iX500とEvernoteで名刺管理するメリット3つとその具体的手順

本や名刺の他にも、書類、写真、ハガキや手紙など、捨てにくい紙類はどんどんスキャンしてしまうと、家がスッキリするし取り出すのも簡単。

年賀状をScanSnapでスキャンしてデータ化、さらにEvernoteに自動保存するまでの全手順

あとがき

以上、今まで書きためてきた自炊のノウハウについてまとめました。
今回のまとめ記事を見ながら実践すれば、ほとんど誰でも問題なく本を電子書籍化し、好きな端末で読めるようになるはずです。

興味はあるけど難しそうだし・・・と敬遠していた方は、これを機に検討してみてください!

⇒もっと 「まとめ記事」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック