【AppleのWWDCを見れなかった人へ】3分でわかる新製品・情報まとめ(新型MBP、iOS6、Mountain Lionなど)

Apple wwdc2012 title

おはようございます。Appleユーザー@ushigyuです。

日本時間の2012/6/12 2:00より、カリフォルニアにて開催されたAppleのWWDC(要するに新製品やソフトウェア発表)

Retinaディスプレイを備えた新型MacBook Proをはじめ様々な発表がありましたが、そんなに夜更かしできなかった方も大勢いることでしょう。

というわけで、出勤途中にサクっと確認できるよう、発表内容をざっくりとまとめてみました。


MacBook Air

CPUのクロック数、グラフィックボードが若干性能アップ。
11インチではメモリ4GBが標準になりました。

USB3にも対応。価格は、11インチ最小モデルが同価格、それ以外は約1万円ほど安くなり地味にお買い得となっています。

MacBook Pro

価格は変わらず、CPUのクロック数とグラフィックボードの性能が地味にアップ。
USB3に対応。

記録装置はハードディスクのままです。

あまり目新しいところはなく、正直いってRetinaディスプレイモデルの引き立て役の感が否めません。

17インチは売れなかったのか、無くなっていました。。。笑

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

Apple wwdc2012 title

これが今回の目玉の一つ。

15インチのRetinaディスプレイに8GBメモリ、クアッドコアCPU。
厚さは1.8cm、重さは約2kgと、従来のMacBook Proよりも薄く、軽くなっています。

しかも、ハードディスクからフラッシュストレージに変わり速度も圧倒的に向上。

普通のMacBook Proに3万プラス(184,800円)するだけでこれが手に入るなら、間違いなくこちらを選んだ方が良いと思います。

13インチが出ていれば即買いだったんですが、コンパクトになったとはいえ持ち運ぶのにこの15インチという大きさ、2kgという重さがどうなのか。うーん悩ましい。。。

OS X Mountain Lion


(Photo by engadget)

Mac OS Xの次のバージョンであるMountain Lionは、価格19.99ドル(日本円で約1,600円)で2012年7月より購入できるようです。

なお、本日以降にMacを購入した場合は、無償でアップグレードできるとのこと。

音声を文字として認識し、そのままTwitterやFacebookに投稿可能

いよいよiOSとOS Xが統合されてきていますね。

Safariの高速化、iCloudによるiPad、iPhoneとのタブ同期


通知機能の強化

デモでは、TwitterのメンションやDMの通知が表示されていました。Growlは必要無くなってしまうかも。。。

Power Nap(パワーナップ)

スリープモードでも、データの更新(アップデートのことかな?)などを勝手にやってくれ、パワーの消費も少ないとのこと。

Game Center

iPhoneやiPadで利用しているGame Centerが、Mac OSでも使えるようになる模様。
デモではレースゲームをやっていました。

iOS6


(Photo by engadget)

いくつかの機能が紹介されましたが、200の新機能のうちの一部にすぎないとのこと。

進化したSiri

スポーツの結果や個別の打者の打率などを聞いても答えてくれる、というデモが行われていました。また、「この女優が出ている映画は?」といった質問にも答えていたので、総合的にパワーアップするということだと思われます。

日本でいつ、どこまでできるようになるかはまだ不明ですが、いずれはできるようになるでしょう。

Facebookとの連携強化

ウォールへの簡易投稿、iTunesとFacebookの連携、カレンダーとの連携など。
よりFacebookとの結びつきが強くなるようです。

電話応答の強化

“応答”、”拒否”の他に、後で知らせたり、メッセージで返答(「後でかけ直します」など)などの機能が追加になります。

Do Not Disturb機能(通知オフモード)の追加

寝ているときなどに通知が来ないよう、設定することができるようになります。
特定の通知のみ表示、ということもできるようです。(大事な人からの電話、など)

iPhone同士でのFaceTime

電話番号を利用するようなので、日本でできるかどうかはソフトバンク、AU次第かもしれません。

友人とフォトストリームを共有可能に


メールボックスに「VIP」が追加


新アプリ「Passbook」

会員カードや入場チケット、航空券などをQRコードでiOSデバイス内に置いておけるアプリのようです。

日本でも多くの企業に導入してもらって、あのうっとうしい大量の会員カードとおさらばしたいところですね。

進化したMapアプリ

Googleマップから離れ、Apple独自のマップを作ったとのこと。

渋滞情報(これはGoogleマップにもあった気が)や、カーナビゲーション機能がついた模様。

また、Siriとも連動してナビや所要時間の案内などをしてくれるようです。

これは今までのナビアプリのみならず、場合によってはカーナビ業界すらも脅かされる可能性がありそうです。

また、都市部(日本でどこが対象かは不明)では、3Dで描画した地図も見ることができるようです。
デモを見る限り実際の風景をキッチリ再現していてすごそうでしたが、実物を見ないとなんともいえませんね。

あとがき

以上、細かい部分などは省きましたがざっくりとご紹介しました。

最もインパクトがあったのは、やっぱりRetinaディスプレイ&フラッシュメモリの新型MacBook Proですね。

iOSやMountain Lionは一部機能が紹介されただけなので日本でどこまでできるかなどまだ不明ですが、特にMapアプリのナビの進化っぷりは今後カーナビ業界を震撼させかねないな、と感じました。

これからも徐々に情報が出てくると思うので、このブログでも随時紹介していきます。


それにしても、今や限界にきている私の2世代前MacBook Air 11インチ。
Retina MBPを買うか、地味にAirの13インチにするか、悩みどころです。。。うーむ。

続いて、今回の目玉である新型MacBook Proは買いなのか?MacBook Airや通常モデルと比較してみた記事が以下です。よろしければこちらもどうぞ。

Retinaの新型MacBook Proは”買い”か?Airや通常モデルと比較し、どんな人にオススメか考えてみた



画像などもっと見たい方は、以下に現地からのレポート&写真がたくさん掲載されています。

Apple WWDC 2012 liveblog! — Engadget

アップルの公式サイトは以下から。
新型MacBook Proのムービーなども見られます。

アップル

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら