600冊以上の本を電子化した私が答える”自炊”Q&A「裁断・スキャンはどうやって?」「メリットは?」に答えます

IMG_0223

「自炊(本の電子化)」に関してどこよりも詳しく解説している当ブログ。

購入する裁断機やスキャナー等の検討から、実際の手順、後片付けに至るまでは以下の記事にまとめてあります。

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!



自宅での”自炊”の他に、紙の本を送ると電子化して送ってくれる「自炊代行業者」も、最近では増えてきていますが、以下のニュースでわかる通りそちらには若干暗雲が垂れ込めてきている状況。

それに加え、有象無象の電子書籍ストアが乱立し、消費者はどこでどうやって電子書籍を買えばいいかわかりにくいのが今の状況。
裁断機とスキャナーを使った”自炊”のニーズは、もう少し続きそうです。


とは言っても、「やってはみたいけど踏み出せない」「よくわからない」という人もまだまだ多いはず。

今回はそんな方に向け、Q&Aという形で「自炊(本の電子化)」についてまとめてみました!


Q1. “自炊”(本の電子化)って何ですか?

Jisui q and a by jisui blogger 1

Wikipediaによると、以下の通り。

書籍や雑誌を裁断機で切断しイメージスキャナ使ってデジタルデータに変換する行為を指す言葉
(via 自炊 (電子書籍) – Wikipedia

「自ら吸い込む」ことから名付けられたということです。

元々はネットスラングでしたが、iPadやKindle、タブレットPCなど電子化した本を読むのに便利なデバイスの普及により、かなり一般的な言葉になってきました。

上記Wikiでは『自炊には相応の技術を要する』とありますが、実は大した技術など必要ありません。
それを解説したのが、前述の自炊まとめ記事です。

今回の記事でも、自炊はそんなに難しくない、ということを知ってもらえるよう書いていますので、以下のQ&Aも読んでみてください。

Q2. どんなメリットがあるの?

一番のメリットは「スペースをとらない」ことでしょう。

本を読んだそばから売ったり捨てたりできれば良いですが、後で読み返したりリファレンスとして使ったり、などとっておきたい本もあるものです。
そんなときに電子化してあると超便利。

私は既に600冊以上を電子化していますが、それが紙の本として家にあったら…
と考えるとゾッとします。。。

スッキリした家を保つためにも今や私にとって”自炊”は必須です。


データなので持ち運びが楽で、iPad等に入れて何十冊、何百冊と持ち歩けることも大きなメリット。

他にもテキスト認識(OCR)させて検索できたり、整理しやすかったり…といった様々なメリットが。

詳しくは、以下の記事をどうぞ。

自炊(本の電子化)をする7つのメリット。どんな利点がある?

デメリットというほどのデメリットは思いつきませんが、心理的・物理的・金銭的なハードルは確かにあります。
(裁断機とスキャナーを揃えれば4〜7万くらいはしますしね…。)

それらのハードルについては以下で解説しています。

本を自炊(電子化)する場合に考慮すべきデメリットとリスク5つ

Q3. 自宅で自炊するための裁断機とスキャナーは、どれを選ぶべき?

人気のある裁断機としては、ダーレ自炊用裁断機、Carlの裁断機、PLUSの裁断機、中国製の安い裁断機があります。
それぞれ特徴があるので、自分のニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

裁断機の比較記事は、以下からどうぞ。

【決定版】本の自炊用裁断機はどれを選ぶべき?代表的な3機種を中心に徹底比較!

2014.06.10

私のオススメは、裁断能力で選ぶならダーレの自炊裁断機、コストパフォーマンスで選ぶならCarlの裁断機
(なお、中国製裁断機も裁断能力は高いですが、安全性・信頼性に疑問があるので個人的にはおすすめしません)

なぜそう言えるのか?理由については以下の記事をどうぞ。2017/5時点で1,000冊以上は自炊した私が言うんですから、間違いないはず。

スキャナーに関しては、Scansnap iX500が断然おすすめ。
他のスキャナーでもおそらくできるとは思いますが、間違いないのはやはり定番のScansnapでしょう。

Q4. 自炊(裁断、スキャン)する手段はどんなものがあって、いくらかかる?

まずは、当ブログでも解説している、自分で裁断機やスキャナーを揃えて電子化する「自宅での自炊」

裁断機やスキャナーはそれなりに高価ですが、一旦揃えてしまえばあとはやるだけ。
業者に任せるのは不安な人や、自分で設定など微調整したい人はこれ一択でしょう。


私がおすすめの裁断機はQ3で書いた通り、コスト面でカールのDC-210N、かかる時間や労力の面ではダーレDurodex 200DX

カールDC-210Nについては以下の記事を。

自炊に最適!Carl(カール)の裁断機DC-210Nを使った本の裁断手順

ダーレ Durodex 200DXはDC-210Nよりやや高価なものの、ほとんどの本を一発で裁断できるのが大きな魅力。わざわざ手で割く手間すらもちろんありません。
これは使ったら手放せない便利さです。財政が許す方はこちらがオススメ。

自炊用の裁断機ダーレDurodex 200DXで本を裁断。ほとんどの本が一発で切れて素晴らしいぞ!

スキャナーは、Scansnap iX500を使っています。スキャン時の設定や手順については以下の記事で解説。

性能アップしたScanSnap iX500で自炊!本に合わせた最適な設定と手順とコツ

なお、大量の本を自炊する場合は以下の記事を参考に、裁断機とスキャナーのメンテナンスを忘れずに。



大量に本がある場合は、「自炊代行業者」を使えば楽です。
だいたい1冊あたり100〜200円といったところでしょうか。

ただし、ファイル名変更やテキスト認識、ページ数増などで別料金になる場合もありますので、各業者の料金表を確認ください。



秋葉原には「レンタル自炊スペース」があり、10分100円で裁断機とスキャナーを使って自炊できます。
(現在は、秋葉原の別の場所に移転しているようです)

実は福岡でも、このような自炊スペースができています
ご利用お待ちしております。

その他、裁断専門のサービスもあります。
利用してみたところ高品質でどんな本でもきれいに裁断してくれますし、自炊代行業者と違って訴えられることもありません。

スキャンは別途自分でどうにかする必要はありますが、こういったところを利用するのもアリですね。
価格は、1冊あたり55〜90円ほど(冊数や本の種類によって異なる)。

Q5. 1冊あたり時間はどれくらいかかる?

試しにダーレ裁断機、ScanSnap iX500でとマンガ1冊で試してみたところでは、

 ・解体&裁断:30秒
 ・スキャン:3分30秒

で電子化できました。

慣れないうちはもっと時間がかかるかもしれませんが、数冊自炊して慣れれば誰でもこれくらい、もしくはもっと早くもできますよ。

Q6. ファイルサイズはどれくらいになる?

私がいつも設定しているスーパーファイン(上から2番目の画質)画質だと、「グレー」「カラー」で15〜150MB程度(ページ数等によりかなりバラつきあり)、「白黒」なら10MB以内です。

Jisui q and a by jisui blogger 2

もう1つ下の画質「ファイン」だとサイズは半分程度になりますが、iPadで見てみると若干文字にかすれがあります。

それでも読むには支障はありませんが、やはり若干気になるので、私のオススメは「スーパーファイン」。

1冊100MBとすると、例えば600冊入れようとすると60GBと結構な容量になりますが、普段から本全てを持ち歩く必要はないでしょう。

私の場合は、2,30冊ほどふとした時に読みたい本やリファレンス本を持ち歩いておき、残りはDropbox等で管理して読みたくなったらダウンロード、という運用をしています。

Q7. 電子化した本は、どうやって読むのがいい?

電子化した本(PDFファイル or JPGファイル)は、Mac・Windowsパソコンの他、iPad、GalaxyTabなどのタブレットPC、Sony Reader、Kindle、iPhoneなどのスマートフォンなど、あらゆるデバイスで読むことができます。


iPad、iPhone、Macについては以下から。

電子化した本をiPadやiPhone、MacやWin機で読もう!【自炊(本の電子化)完全マニュアル 第5回】

読書アプリはいろいろあります。機能や価格を見比べて好きなものを選んでみてください。

iPadで読書する人は必見!最高のブックリーダーアプリは?i文庫HD・GoodReader・CloudReaders・Bookman・iBooks・ComicGlassを徹底比較!

私のおすすめは、i文庫HD。アプリとしては高価な部類ですが、それさえ許容できれば機能的にはこれ以上ないといっていいと思います。

i文庫HD
ブック, ユーティリティ
¥840


App

iPadに触れずに顔の動きだけで読める「MagicReader」というアプリも素晴らしい。
手が離せないとき(例えば料理など)に特に便利!

[iPad]手を触れずに読める魔法のアプリ「MagicReader」自炊(電子化)した本がタッチフリーで読める!

MagicReader 1.5(無料)
カテゴリ: ブック, ユーティリティ


App



Amazonのタブレット、Kindle Fire HDでもばっちり読めます。

Kindle Fire HDで自炊した本(PDF)を読むならアプリ「Perfect Viewer」を使うと捗る!

Kindle Paperwhiteでも。

Kindle Paperwhiteで自炊(PDF化)した本を読む手順

コストパフォーマンスの良いタブレットとして人気のある、Nexus7でも。

Nexus7で自炊本を読むなら、無料のAndroid読書アプリ「Perfect Viewer」で!

kobo touchでも試してみました。意外といける。

意外とアリ!楽天kobo touchで自炊(電子化)した本を読む手順



なお、これまで公開してきた自炊(本の電子化)のノウハウについては、これからの日本の電子書籍業界の(私が思う)展望や提言も含めて、電子書籍として発売することになりました!

Kindleをはじめ、紀伊国屋書店Kinoppyや楽天のRaBoo等で販売されています。

よろしければお手にとってみてください!

あとがき

以上のQ&Aは、今まで”自炊”に関してされた質問と、私が思う「こんなことに疑問を持つのでは?」と思ったことをまとめたものです。

これを参考に、よき電子書籍ライフをお送りください!

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

2013.05.14

何度でも言うけど、部屋を片付けたいなら場所を取る本や紙類を「自炊」して減らすのが近道

2014.12.29

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら