【保存版】本の電子化(自炊)ならこの記事だけ見ればOK!なまとめ ~裁断、スキャンから処分まで徹底解説~

自炊まとめタイトル

#追記 2013/5/14
当記事から2年たって新製品のリリースなどがあったので、以下の記事で新しくまとめなおしました!

【保存版】本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

#追記ここまで

こんにちは。自炊(本の電子化)についてどこよりも詳しく解説しているブログの管理人、うしぎゅう(@ushigyu)です。

タイトルからして言うまでもなく、このブログは自炊(本の電子化)がメイントピック。

これまでに、裁断、スキャン、iPadやパソコンによる閲覧から裁断した本の処分に至るまで、どこよりも詳しく解説してきたつもりです。

ただ、記事数も増えてきて「どの記事を見れば自炊についてサクっとわかるの?」という方もいるかもしれません。

というわけで、今回は「これだけ見れば自炊の全てがわかる!」今までの記事のまとめです。

これから本を電子化する方も、どうしようか迷ってる方も、見ておいて損はないですよ!


目次

以下6つのカテゴリーに分けてご紹介。

「自炊って何?」という方は最初からどうぞ。知りたい内容が決まっている方は、そのカテゴリーだけ読むのもアリです。

    ① 自炊をしようか迷っている…そんな方にはこちらの記事

    ② 自炊すると決めたら、裁断機とスキャナーをえらぼう!

    ③ 裁断、スキャンの具体的手順や設定の解説記事

    ④ 電子化した本を管理し、いろいろなデバイスで読む。iPad読書アプリの比較記事も。

    ⑤ 裁断機・スキャナーのメンテ、裁断済み本の処分もぬかりなく

    ⑥ おまけ:本をお得に購入できる方法

    ⑦ 自炊に関するよくあるQ&A

①自炊をしようか迷っている…そんな方にはこちらの記事

自炊って興味あるけど、どうしようかな…と迷っている人は、以下の記事をどうぞ。
本を電子化することによるメリットと、その実行に向けて感じたハードルがまとめてあります。

また、以下の記事では私が特に「日本人に」自炊をすすめる理由を紹介しています。

上の記事を見て検討し、メリット>ハードルになったらGoでしょう!

②自炊すると決めたら、裁断機とスキャナーをえらぼう!

自炊に不可欠なのが、裁断機とスキャナー。
ですがいざ選ぼうにも、何を基準にどう選んだら良いかわからない…という方も多いのでは。

以下の記事では、自炊用の裁断機として人気の3機種(PLUS、Carl、中国製)を比較しています。

以下の記事では、自炊用のスキャナーとして使えそうな3機種(Scansnap S1500、DR-2510C、ES-D200)を比較。

私は、上の記事でもオススメしているCarl DC-210N × Scansnap S1500を使っています。

#2012/12/23追記

ScanSnap S1500の後継機種、iX500が発売になりました。使ってみたところ、S1500より若干価格は上がったものの、それを補って余りある性能アップや新機能を搭載しています。今から買うならそちらがオススメ。

③裁断、スキャンの具体的手順や設定の解説記事

裁断機やスキャナーを購入して、いざ自炊!
…と思っても、本をどうやって解体すれば良いのか?ノリを溶かしたり、カッターで表紙を切ったりする必要はないのか?最初はわからないもの。

以下の記事で、動画も交えつつ具体的な本の解体・裁断方法を解説しています。

お次はスキャンの方法。自炊する上で迷うであろうScansnapの設定内容について紹介。

自宅での自炊とは少しズレますが、秋葉原の自炊スペースに潜入しレポートもしています。
少ない冊数だけ自炊したい方や、裁断やスキャンをちょっと試してみたい方はこちらもどうぞ。

#2011/8/21追記

「裁断がちょっと面倒」「スキャンは自分で設定して確実にやりたい」といった方には、以下のようなサービスもあります。

#2012/12/23追記

2012/11に発売になったScanSnap S1500の後継機種、iX500。スキャンのしかたはS1500とほとんど同じですが、ちょっとしたコツなども加えて以下の記事で改めてまとめ直しました。より見やすいとも思いますのでこちらもどうぞ。

④電子化した本を管理し、いろいろなデバイスで読む。iPad読書アプリの比較記事も。

本の電子化を終えたらあとは読むだけですが、読むデバイスはPC、iPad、iPhone、Kindleなど様々。

以下の記事で、それぞれのデバイスでの本の読み方を紹介しています。

Kindle版はこちら。

私がオススメするiPadでの読書。「どのアプリが良いのか知りたい!」という方は以下の記事をどうぞ。

i文庫HD 2.6.2(¥800)
カテゴリ: ブック, ユーティリティ


App

ComicGlass[コミックリーダ] 5.10(¥250)
カテゴリ: ユーティリティ, ブック


App

電子化した本が増えてくると、管理も大変になってきます。
以下の記事では、そんな電子書籍の管理方法の一つとして、PDFファイルにタグや5段階評価を付けられるMacアプリ「Yep」を紹介。

Yep 3.1.4(¥2,300)
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン


App

Retina液晶を備えた”新しいiPad”でも問題ないのか?iPad2と比較しながら検証した記事も書きました。

⑤裁断機・スキャナーのメンテ、裁断済み本の処分もぬかりなく

丈夫な裁断機もスキャナーも、長く使うためにはメンテナンスが必要。

以下の記事では、裁断機の刃やカッターマット交換、スキャナーの部品交換やメンテについて紹介しています。

裁断済み本の処分方法については、以下の記事で解説。
自炊について書いたサイトは数あれど、こんなところまでフォローしているのはたぶんこのブログだけですよ(笑)

⑥おまけ:本をお得に購入できる方法

特にたくさん本を読む人にとっては毎月の書籍代が悩みの種。
自炊したくてもその元となる本がなければどうしようもありませんよね。

そんな方に、本を最大15%キャッシュバックを受けつつ購入できる方法を書いた記事がこちら。

⑦自炊に関するよくあるQ&A

自炊に関してよくある質問を、以下にまとめてあります。

①~⑥とかぶる部分もありますが、こちらも併せて見ておくとよりわかりやすいと思います。

600冊以上の本を電子化した私が答える”自炊”Q&A「裁断・スキャンはどうやって?」「メリットは?」に答えます

あとがき

以上、自炊記事のまとめでした!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。