【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

スプラトゥーン2のサウンドトラック「スプラチューン2」全音楽はもちろんイイダのインタビューも収録!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スプラチューン2(Splatune2)

スプラトゥーン2のサウンドトラック「スプラチューン2(Splatoon2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune2-)」がついに手元に届きました。テンションが上がる作業用BGMとして早くほしかったので嬉しい。

先日のアップデートで追加された楽曲も含めた全音楽のサウンドトラック、ブキや声などのSE(サウンドエフェクト)に加えて、スプラトゥーン2の世界に登場するバンドのイメージ画(CDジャケット?)、相変わらずひらがなやカタカナに直すと狂気あふれる歌詞、さらにはWet Floorやイイダのインタビューまで掲載。


スプラトゥーン2のプレイヤーであれば必携の1枚となっております。やっぱり荒波ロデオはテンション上がるで!(今聴いてる)

スプラトゥーン2のサウンドトラック「スプラチューン2」届いた!

スプラチューン2が発売されたのは2017年11月29日。Amazonさんは安定の発売日2日遅れで届きました。「イカ界屈指の名曲揃い!熱いバトルの記憶を耳の中で呼び覚ませ!」

初回仕様のみ、『イカすギターピック』入り。私はギター弾かないので飾るしかないけど。

スプラトゥーン2のバトルやサーモンラン、フェス、ヒーローモード等のすべての曲に加えて、各種ブキやサブウェポン、スペシャルウェポン、ボーイやガール&テンタクルズの声、ガチヤグラ音や金イクラ奉納音まで収録されています。

今回はディスク2枚に分かれています。Disc1は緑イカ。

Disc2はオクタリアン、Disc3…じゃなくて裏表紙にサーモンも。凶悪なツラをしていますが、彼らからイクラを奪ってるのは他ならぬイカ達だからねえ…。

初回封入特典の『イカすギターピック』はブックレットにはさまっていました。蛍光ピンクのイカ仕様。


狂気の歌詞カードも健在。Wet Floorやイイダのインタビューまで

今回もスプラトゥーン1のサントラ「Splatune」と同様、イカ語の歌詞は日本語に翻訳…というか読みの音だけそのままで掲載されています。相変わらず文字化すると狂気だ。

初代Splatuneの歌詞カードはこんな感じ

ブックレット内には、各バンドのイメージ画(CDジャケット?)も掲載。これは今作のメイン音楽担当バンドWet Floorとサーモンラン音楽担当のω-3ですね。

もちろん、テンタクルズとあの2人も!

さらには今作のメインバンド・Wet Floorや、テンタクルズのDJ・イイダのインタビューまで収録。本物の音楽雑誌に載ってそうな感じで面白い。
相棒・ヒメとの関係も垣間見られます。


スプラチューン、オクトチューン、スプラチューン3もいいぞ

私は初代スプラトゥーン試射会から現在のスプラ3に至るまでプレイしているので、スプラ1からすべてのサウンドトラックを購入済み。ちょくちょく作業中に聴いてます。


Wii Uで発売されたスプラトゥーン1のサウンドトラック「スプラチューン(Splatune)」。

スプラ2からはじめたプレイヤーでも、どこかで聴いたことがある曲があったりして楽しいはず。サウンドトラックとしての出来がそもそも良いです。

スプラトゥーンのサウンドトラック「スプラチューン(Splatune)」

スプラトゥーンのサウンドトラック「スプラチューン(Splatune)」ノリノリの音楽と狂気の歌詞がすごい


スプラ2の追加コンテンツ「オクトエキスパンション」のサウンドトラック「オクトチューン(Octotune)」。

オクトチューン

スプラ3でも追加コンテンツ「サイド・オーダー」の配信が予定されているので、もしかするとその分はスプラ2同様に追加サウンドトラックとして発売されるのかもしれませんね。


最新作スプラ3ののサウンドトラック「スプラチューン3(Splatune3)」も、もちろん買いました。

バトル、ストーリー、サーモンランなどの楽曲に加えてスプラ1・2の一部の曲アレンジ、バンカライブ音源なども収録した全147トラックの大ボリューム。

スプラ3のサントラ「スプラチューン3」

スプラ3のサントラ「スプラチューン3」バンカライブや効果音も収録、歌詞もチェックできるイカ必携アイテム


いずれもクオリティの高いサウンドトラックなので、聴いたことのない方はぜひチェックしてみてください。


あとがき

スプラチューン2にはガチヤグラが進むときの音「SE:ガチヤグラが往く」も収録されているので、これ着信音にしたらかなりいい感じ。
音楽として楽しむだけでなく、いろんな使い方ができそうですね。

テンション上げたいときのお供にぜひ!

【2024年】Switchと一緒に買いたい、おすすめアクセサリー・周辺機器まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA