Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

年会費無料のAmazonプライムマスターカードはお得?キャンペーン、旧ゴールド特典もくわしく紹介

Amazon Mastercardがリニューアル、ゴールドがなくなり年会費無料のカード2種類に

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)が、2021年11月より全面リニューアルされました。

従来は年会費初年度無料(2年目以降は1,375円、前年1回以上利用で無料)のクラシック・年会費11,000円のゴールドの2種類でしたが、新しいAmazon Mastercardはプライム会員向け・非会員向けの2種類となり、どちらも年会費無料に。

クラシック・ゴールドの2種類から、プライム会員以外とプライム会員の2種類


年会費完全無料になった新しいAmazonマスターカードには、どのような特徴があるのか?旧ゴールドを含むこれまでのAmazon Mastercardユーザーはどうなるのか?

実際に旧Amazon Mastercardクラシックとゴールドカードを両方持っている私が詳しく紹介します。


Amazon Mastercardが年会費無料のカード2種類に

Amazon Mastercardは、2021年11月より全面的にリニューアルされます。

それまではクラシックとゴールドの2種類でしたが、プライム会員以外(Amazon Mastercard)とプライム会員(Amazon Prime Mastercard)の2種類に変更。

クラシック・ゴールドの2種類から、プライム会員以外とプライム会員の2種類

新しいカードは2つとも年会費永年無料で、公開されている限りではデザインの名称およびAmazonでのポイント還元率以外の違いは無し。

プライム会員の年会費は別途必要となります。


新旧カードの還元率など主なサービス比較

新旧Amazon Mastercardのサービスがどう変わるのか、詳しく見てみましょう。

Amazonマスターカードの年会費と旅行保険の変更点

まず年会費の変更点について。

【旧】
クラシック:初年度無料、2年目以降1,375円(ただし前年に1回以上使っていれば無料)
ゴールド:11,000円

【新】
年会費永年無料

新旧Amazon Mastercardの

これまでのAmazonマスターカードでは基本的に年会費が必要でしたが、新しいカードではすべて年会費が無料


プライム会員料金が年会費に含まれていた旧Amazonゴールドカードもなくなるため、旧ゴールドユーザーは年会費が不要になる代わりにプライム年会費が別途必要となります。

旅行傷害保険は、一律最高2,000万円に統一されます。

新旧Amazon Mastercardのプライム会員資格と旅行傷害保険

新旧Amazonマスターカードのポイント還元率

新しいAmazonマスターカードのポイント還元率は、基本的にプライム会員が2.0%それ以外だと1.5%還元。


ただし、旧ゴールド会員は新カードになってもプライム会員を継続する限り2.5%還元が適用されます。

また、コンビニ大手3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)での利用で1.5%還元になるのも新カードの特徴。ちなみに旧カードにはコンビニでのポイントアップ特典はありませんでした。

新旧Amazon Mastercardの還元率比較

ショッピング補償と空港ラウンジサービス

ショッピング補償は、新カードだと年間200万円まで。旧クラシックと旧ゴールドのちょうど間の額に落ち着きました。

旧ゴールドに付帯していた空港ラウンジサービスは2022年11月1日をもってなくなります。

新旧Amazon Mastercardのショッピング補償、空港ラウンジサービス

新カードではタッチ決済が可能に

新カードでは、Mastercardのタッチ決済(Mastercardコンタクトレス)が利用可能に。
ETCカードは無料、家族カードも3枚まで無料で発行できます。

新旧Amazon Mastercardの電子マネー、ETCカード、家族カード


旧Amazon Mastercardクラシックとゴールド保持者はどうなる?

これまでのAmazon Mastercardクラシックとゴールド

旧Amazon Mastercardのユーザーは、特に何もする必要はありません。今持っているカードの有効期限が迫ってきたら、自動的に新カードへと切り替わります。

Q:カードの変更手続きを自分でする必要がありますか?

新サービス移行後、お客様のAmazonプライム会員のご登録状況によって、自動的に新しいポイント還元率が適用されますので、今お持ちのAmazon Mastercardの変更手続きをしていただく必要はありません。お持ちのAmazon Mastercardの有効期限が近づきましたら、その時点のAmazonプライム会員のご登録状況にあわせ、順次新デザインのカードをお届けします。


なお、2021年11月以降は旧カードも年会費がすべて無料となり、旧ゴールドのAmazonプライム会員特典もなくなるため、継続する場合には次回の更新日に年会費が必要となります。

旧Amazon Mastercardゴールド会員は2.5%ポイント還元!

旧ゴールド会員は、プライム会員を継続する限りAmazonで2.5%のポイント還元が新カードに切り替わっても継続します。

プライム会員特典などがなくなったのは残念ですが、その分年会費無料になったのでトータルで考えれば損はない。

解約せずにそのままにしておくと、新カードの新規会員より高還元率で利用できます。


私も写真の通り旧ゴールドを持っているので、そのまま保持してAmazonで2.5%還元を受け続ける予定。


ギフト券チャージを組み合わせるとさらにポイントがもらえる

Amazonには、おもに自分でチャージして使うAmazonギフト券チャージタイプというものがあります。

『普通に買い物しても、事前チャージしてから買い物しても一緒じゃないの?むしろひと手間かかって面倒では?』
と思った方、ちょっと待ってください。


事前にチャージするだけで、クレジットカードなら0.5%のポイントがつくんです。もちろんAmazonマスターカードも+0.5%の対象。

普通に買い物する前にいったんチャージするだけでポイントが多くもらえるので、確実にお得

ヘビーユーザーでいちいちチャージが面倒な人はオートチャージも可能。私もかなりAmazonを利用する方なので、このオートチャージ設定をしています。

クレジットカードでチャージすると+0.5%ポイント

Amazonへのクレカチャージで0.5%ポイントを得るには、事前のエントリーおよび5,000円以上のチャージが必要となります。また、エントリーできるのはプライム会員のみ


具体的な手順は以下の通り。

Amazonチャージで0.5%上乗せする手順

  1. キャンペーンページでエントリーボタンを押す
  2. Amazonギフト券 チャージタイプにクレジットカードで5,000円以上チャージする
  3. チャージ後まもなく金額がアカウントに反映される
  4. 翌月中旬に0.5%のポイントが付与される


実際にやってみましょう。

まずこちらのページを開いて「キャンペーンにエントリーする」ボタンを押します。

Amazonチャージで0.5%ポイントキャンペーンにエントリーする

エントリーが完了したら、ボタン(のあった場所)下の「チャージする」リンクからAmazonギフト券 チャージタイプの購入ページへ。

Amazonギフト券 チャージタイプへ

あとは5,000円以上の金額でAmazonギフト券チャージタイプを購入すれば、翌月中旬には0.5%のポイントがもらえます。

5,000円以上の金額でAmazonギフト券チャージタイプを購入

0.5%とポイント還元率は高くないように見えますが、Amazon Mastercardと組み合わせれば合計の還元率は2.5%

ひと手間で地味ながら確実に得するキャンペーンなので、ぜひ利用しておきたいところです。

キャンペーン期間2020年2月14日〜2022年12月31日
付与率1回5,000円以上の購入ごとに0.5%
適用条件
  • キャンペーンページでエントリーした上でAmazonギフト券チャージタイプを購入
  • 1回あたり5,000円以上の購入が必要。4,999円以下は対象外
  • ポイント付与タイミングは翌月中旬
  • アカウント開設後、初めての商品購入から30日以内の方は対象外

チャージが面倒なら、オートチャージ設定がおすすめ

買い物のたびにいちいちチャージするのが面倒なら、オートチャージ機能を使うのも選択肢のひとつ。

モバイルSuicaのように一定金額以下になったらチャージするように設定したり、毎週や毎月など一定の期間ごとにチャージすることもできます。


オートチャージの設定方法は、さきほどのAmazonギフト券チャージタイプのページ右で「オートチャージ設定」を選択。

オートチャージの設定方法

一定期間ごとにチャージしたい場合は「定期的にオートチャージ」でチャージ額と頻度、開始日を設定します。
チャージ額が5,000円以上でないと0.5%ポイントの対象とならないのでご注意を。

一定期間ごとにチャージしたい場合は「定期的にオートチャージ」

モバイルSuicaのように一定金額以下になったらチャージされるように設定したい場合は「残高に応じてオートチャージ」で。

この金額以下になるとチャージする判定金額と、そのときに実際にチャージするオートチャージ額を入力。


例えば以下の画像の設定だと、ギフト券残高が1,000円以下になると自動的に5,000円をチャージします。

残高に応じてオートチャージ


今回紹介した『Amazonチャージで0.5%ポイント』は毎回のチャージの手間がネックですが、オートチャージを設定してしまえばその手間も最初だけ。

多少の前払いが気にならないなら、オートチャージ設定しておくのが良さそうですね。


Amazonマスターカード申し込みは入会キャンペーンを狙おう

Amazonマスターカードでは、不定期で入会キャンペーンを実施しています。

例えば2022年7月のプライムデーのときには、期間中に入会すると7/31までのAmazon Mastercard利用のポイントが10倍になるキャンペーンを開催(最大3,500ポイント)。

カードを申し込んでそのままプライムデーで買い物をするのが非常にお得になっていました。

Amazonマスターカードを申し込むなら入会キャンペーンを狙おう


カード入会キャンペーンは不定期ですが、プライムデー(6〜7月)やブラックフライデー&サイバーマンデー(11月)といったビッグセールのときには開催される可能性が高い。

せっかくカードを申し込むなら、こういったキャンペーン期間を狙い撃ちするとよりポイントがもらえてお得です。


コンビニなら、還元率5%&年会費無料の三井住友カードがおトク

新Amazon Mastercardはコンビニで1.5%の還元率。大抵のクレジットカードや電子マネーは還元率0.5〜1%程度なので、それと比べると多くのポイントがもらえます。

ですが、コンビニでの支払いに関して言えば三井住友カード ナンバーレス(NL)が圧倒的に得。

三井住友カード ナンバーレス

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートおよびマクドナルドの支払いだと、なんと5%還元です。比べ物にならない還元率。
ポイントは支払いに充当したり、Amazonギフト券などに交換もできるので無駄なく使える。

私も、もちろんコンビニ払いではこのカードを使っています。年会費無料なのでリスクもなし。


もう1つおすすめなのが、セゾンパール・アメリカン・ エキスプレス・カード

【QUICPayでコンビニ2%還元】セゾンパール・アメリカン・ エキスプレス・カード

写真は旧券面デザイン

セゾン・パール・アメリカン・ エキスプレス・カードの大きなメリットは、電子マネーのQUICPay払いであれば全て還元率2%になること。

コンビニ払いだけを考えれば、1.5%還元のAmazon Mastercardの倍あるものの5%還元の三井住友カードNLには及ばない。


一方で空港や駅のショップ、大型ショッピングモールなんかだとQUICPayが使える店舗は非常に多い。それら全てで2%還元を受けられるのはかなり大きいメリットです。

こちらも年会費無料なのでリスクゼロ。iPhoneのApple PayやAndroidスマートフォンのGoogle Payに登録してしまえば、カードを持ち歩く必要すらない。

マジでオススメです。


以下の記事にも詳しく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

コンビニ還元率を最大化するクレジットカードはこの2枚がおすすめ

Amazonマスターカードの詳細解説 まとめ

年会費無料となり、Amazonユーザーならますます作っておいて損はないカードになったAmazon Mastercard

せっかく加入するなら、キャンペーンやAmazonギフト券チャージなども活用してお得に使い倒しましょう!


Amazonで安く買うための知識や方法を総まとめ
Amazonで安く買うための8つの方法。セールやポイント、お得なクーポンをフル活用!

コメントを残す