【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

iPhoneやiPadを安く買うための5つの方法。ギフトカードを安く買う、整備済み品を狙うなど

iPhoneやiPadを安く買うための5つの方法

今や多くの人にとって欠かせないものになった、iPhoneiPad

iPhoneはスマートフォンの国内シェア1位、iPadはタブレットの国内シェアトップ。いずれも日本人の生活に深く根付いています。


人気があってなかなか価値が落ちにくいこともあり、他のスマートフォンや電子機器に比べても割引やセールになりにくいiPhoneやiPad。

ですが、実はこのiPhoneやiPadを安く買える方法がいくつかあるのをご存知でしょうか。


この記事では、私が知る限りのiPhoneやiPadを安く買う方法をくわしくまとめました!


AppleストアでiPhoneやiPadを安く買う

AppleストアでiPhoneやiPadを安く買うには、いくつかの方法があります。

Appleギフトカードをお得に手に入れるか、「Appleの初売り」を利用するか、通常価格より割安なApple整備済み製品をさがすか。

楽天のApple認定店でギフトカードを購入しつつポイントをもらう

Appleストアでは基本的に安売りをしませんが、実はAppleストアでiPhone・iPadを安く買える方法があります。

それは、Apple以外のショップでAppleギフトカードをお得に手に入れること。

Appleギフトカード自体が安くなることはありませんが、Appleギフトカードの購入時にポイントや電子マネー等の特典をもらうことは可能。そこを狙っていきます。


楽天には名前そのまんまの「Apple Gift Card 認定店」というショップがあり、そこでAppleギフトカードが購入可能。


Apple Gift Card 認定店

楽天市場内のショップなので、Appleギフトカードも通常の買い物と同じ。つまり楽天ポイントがもらえる分、Apple公式で買うよりもお得になるんです。


私はそれほど楽天サービスを多く利用しておらずポイント還元率は高くないですが、それでもAppleギフトカード30,000円購入で1,050ポイントが獲得可能。

私の場合、デフォルトで1%の楽天ポイント+楽天カードの通常分と特典分+楽天銀行と楽天カードの連携設定で3.5%分のポイント。

楽天カード所持&楽天銀行との連携だけで3.5%ポイント

たとえば10万のiPhoneを買うためにギフトカードをここで仕入れるとすれば、3.5%分が返ってくるので3,500ポイント。通常だとせいぜいクレジットカード利用分の1%程度しか返ってこないと考えれば、悪くない還元率ですよね。


楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)(スーパーポイントアッププログラム)の条件をさらに満たしていたり、お買い物マラソンなどのセール期間中であればさらに還元率は大幅にアップ。10%以上のポイントを得ることも難しくありません。

楽天SPUの還元率アップ条件は、以下の通り。(2023年1月現在)
楽天スーパーSALEや楽天お買い物マラソン等のセールに参加して条件を満たせば、さらにポイント還元率が上がります。

内容ポイント倍率条件
楽天会員1倍楽天会員の通常ポイント
楽天モバイル1倍楽天モバイル契約
1倍Rakuten UN-LIMIT Ⅶ契約
1倍ダイヤモンド会員はさらに
楽天モバイルキャリア決済0.5倍楽天モバイルキャリア決済を2,000円以上利用
(Androidのみ)
楽天ひかり1倍楽天ひかり契約
楽天カード通常分1倍楽天カード通常ポイント
楽天カード特典分1倍楽天カードを楽天市場で利用
楽天プレミアムカード特典分2倍楽天プレミアムカードを楽天市場で利用
楽天銀行+楽天カード0.5倍楽天カード利用額を楽天銀行で引き落とし
楽天銀行0.5倍楽天銀行で給与・賞与・年金受け取り
楽天証券 投資信託0.5倍楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定し、
30,000円以上のポイント投資(投資信託)
楽天証券 米国株式0.5倍楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定し、
30,000円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)
楽天ウォレット0.5倍30,000円以上の暗号資産現物購入
楽天トラベル1倍1回5,000円以上の利用
楽天市場アプリ0.5倍楽天市場アプリからの買い物
楽天ブックス0.5倍1回1,000円以上の買い物
楽天Kobo0.5倍1回1,000円以上の買い物
Rakuten Pasha0.5倍トクダネで300ポイント以上獲得
きょうのレシートキャンペーンで10枚以上通過
Rakuten Fashionアプリ0.5倍1回買い物
楽天ビューティ0.5倍3,000円以上のネット予約&施術完了
楽天SPU合計最大16倍


楽天でAppleギフトカードを買うワンクッションを置くだけで、人によって還元率は違えどほぼ確実にiPhoneやiPadを安く買えます。これはやっておくしかないでしょう。


楽天でのAppleギフトカード購入について詳しくは以下の記事を確認ください。「初回購入から45日間は1万円分しか購入できない」など、知っておくべき制約についても詳しく解説しています。

楽天セールでは、Appleギフトカードを買うと大量ポイントがもらえてお得

Apple Gift Card認定店をふくむ楽天市場でより大量ポイントを得るための攻略法・ノウハウについては、以下の記事をどうぞ。

楽天市場で安く買うための6つの方法。お得なセールやポイント還元を逃すな!

コンビニ等のキャンペーンでAppleギフトカードを買い、10%キャッシュバック

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニ3社では、おもに年末年始やGWといった長期休暇の時期にAppleギフトカードのキャンペーンを開催することがあります。


たとえば2022年12月23日〜2023年1月5日の期間もこのキャンペーンが開催されました。各社とも還元率は最大10%で、上限はAppleギフトカード購入10万円まで(10,000円分キャッシュバック)。

Appleギフトカード購入によって返ってくる『10%分の金額』はコンビニによって異なり、セブン-イレブンはSuicaなどの交通系電子マネー、ローソンはコンビニなど多くの店舗で使えるQUOカードPay、ファミマはgiftee Box SELECTという謎のポイント(コンビニや飲食店で使えるポイントに交換可)でした。

セブン-イレブン Appleギフトカードキャンペーン
※画像はセブン-イレブンのキャンペーン


たとえばセブン-イレブンで10万円分のAppleギフトカードを買うと、1万円分のSuica残高がもらえる。コンビニ3社をハシゴすれば30万円分買って3万円分返ってくる。

私もこのキャンペーンで10万円分のギフトカードをしっかり仕入れ、そのギフトカード残高でMac miniを買いました。

Appleギフトカード

実質的にはApple製品を買って10%キャッシュバックをもらっていることになるので、見つけたらぜひAppleギフトカードを買いだめしておきたい激アツのキャンペーンです。

Appleの初売りに参加する

実店舗・オンラインを含め、Appleストアでは割引セールを開催することはほとんどありません。

ただし、毎年1月2〜3日頃に行われることの多い「Appleの初売り」だけは例外。Apple初売りではApple製品の購入でAppleギフトカードがもらえるため、iPhoneやiPadがお得に買える可能性あり。

2023年 Appleの初売り
※2023年初売り時のキャンペーン画像


たとえば2023年のApple初売りでは、キャンペーン対象のiPhoneの購入で8,000円分(+先着順で特別製AirTag)、iPad購入で4,400〜8,000円分、Mac購入で16,000〜32,000円分など多くの製品購入でAppleギフトカードがもらえました。

最新のiPhoneやiPad、Apple Watch等はキャンペーン対象からはずれているものの、Appleが年に1度だけ開催する非常にお得なイベントであることは確か。


年に1度だけしかない上に、開催されるかどうか、どの製品が対象になるかもわからないので、このApple初売りを狙ってずっと我慢するのはなかなか難しい。

ですが、私を含むiPhoneやiPadを少しでも安く買いたいAppleユーザーとしては、必ずチェックしておきたいところです。

【iPadのみ】Apple整備済製品を狙う

Appleでは、店舗展示品や初期不良で返品された製品に対して徹底的なクリーニングや点検等の再整備を行った上で、Apple認定整備済製品として販売しています。


Apple認定整備済製品


このApple認定整備済製品は、通常の価格よりも最大15%安い特別価格になっているのが特徴。

ほぼ新品同様のクオリティで1年保証もしっかりついているので、整備済み製品にほしいものがあればかなりお得に購入できるチャンス。

Apple品質を保証します。

認定整備済製品はApple認定の整備プロセスを経て品質が保証された製品です。さらに、1年間の製品保証が付いています。
認定整備済製品 – Apple(日本)


2023年1月時点では、理由はわかりませんがiPhoneの整備済み製品は存在しません。よってそれ以外のiPad、Mac、Apple Watchといった製品をさがしたいユーザー向け。世代の少し古い過去のモデルが販売されていることもあります。

たとえば、2023年1月現在でiPad Air 第4世代 64GBの整備済製品は69,800円で販売中。

現在のiPad Air 第5世代(64GBは92,800円)よりひとつ前の世代とはいえ、1世代の違いで23,000円も安いのであればかなり有力な選択肢になってきそうです。


整備済み製品のラインアップは入荷状況によって随時入れ替わっているので、狙いたい製品がある人はちょくちょくチェックしておくといいでしょう。


Amazonや家電量販店で買うとポイント分お得

iPhoneやiPadは、Amazon家電量販店でも購入可能。

Appleストアで購入した場合は基本的にポイント等はつきませんが、Amazonや家電量販店ならポイントがついて少しお得に購入できます。


たとえばiPhone 14 128GBモデルをAmazonで購入する場合、価格は119,800円でAppleストアと変わらないものの、1%分のポイント(1,198pt)がつくので少しだけお得。

Amazon Mastercardを使えばさらに1.5〜2.5%のポイントがつくし、プライムデーやタイムセール祭り等のセール中であればさらにポイントアップすることも。


ヨドバシカメラなどの家電量販店でも、1%ポイントがつくのは基本的に同じ。

保証も通常通りちゃんとついてるし、AppleCare+の追加も可能。ネックがあるとすれば、Pro系のiPhoneは売り切れていることが多いくらいでしょうか。


『絶対にAppleで買いたい!』というユーザーでなければ、iPhoneやiPadをAmazonや家電量販店で買うのも十分アリです。


携帯電話会社(ドコモなど)で安く買う

つぎに、ドコモソフトバンクau楽天モバイルといった携帯電話会社でiPhoneやiPadを安く買う方法を考察します。

機種代金の安い携帯会社にする

iPhoneやiPadの機種代金は、取り扱う携帯電話会社によって異なります。

Appleストアでの価格を基準として、各社ともそれと同じ〜若干高い値段。


たとえばiPhone 14 Proの場合だと以下の価格。(2023年1月現在)

ざっくりドコモ・ソフトバンク・auは同じ価格で、Appleよりも約17〜22%ほど高い。

後発の楽天モバイルは、それらの大手3社よりも若干安めに設定されています。

【iPhone 14 Pro価格】 128GB 256GB 512GB 1TB
Apple公式 149,800円 164,800円 194,800円 224,800円
ドコモ 174,130円 198,880円 238,480円 275,220円
ソフトバンク 175,680円 201,600円 238,320円 275,040円
au 175,860円 201,925円 238,555円 275,415円
楽天モバイル 164,800円 181,800円 214,800円 247,800円


この機種代金だけ見ると、Apple以外なら楽天モバイルで買うのが一番安く済んで良いように思えます。

ただ携帯会社でiPhone・iPadを買う場合、ここに割引オプションや料金プラン、家族割なども絡んでくるし、そもそも自分の行動範囲で電波が通じなければどうしようもない。

そういう意味で、楽天モバイルは他3社に比べるとまだまだ通信網が貧弱なので、自宅や勤務先などでちゃんと使えるかどうかは確認が必要。


iPhone・iPadの機種代金は機種によっても傾向が変わったりするので、自分がほしい機種の価格はどうなのか確認してみるといいでしょう。

iPhoneの購入・チェックはこちら


iPhoneおよびiPadの新機種が購入できる携帯会社はドコモ・ソフトバンク・au・楽天モバイルの4社のみですが、旧機種のiPhoneであればワイモバイルUQモバイルといった料金が安めの通信会社でも購入可能。

2023年1月現在だと、ワイモバイルとUQモバイルではiPhone SE(第3世代)、iPhone 12/12 mini、iPhone 11が購入可能となっています。

キャッシュバックの多い店を狙う

各携帯電話会社のショップでは、独自にキャッシュバックを設定している場合があります。

うまくキャッシュバックの多い店舗で契約できれば、かなり安くiPhoneを手に入れられることも。


ネットでこういったキャッシュバック情報が見つかる場合もありますが、なかなか探すのが難しい。

行動範囲内のショップでどの程度のキャッシュバックがあるかは、自分の足で回ってみなければわかりません。


携帯の契約は複雑でわかりにくく、ショップによっては不要なオプションプランへの加入をすすめられたりする場合も。

キャッシュバックを狙う方法は、ある程度の知識と時間が必要になってきそうです。

iPhone・iPadはAppleで買い、SIMのみ契約する

前述の通り、iPhoneやiPadは携帯電話会社よりもAppleストアで買う方が安い。

そう考えると、iPhone・iPadは比較的安いAppleストアで購入し、通信契約(SIM)のみ携帯電話会社で行うのはひとつの選択肢になります。


iPhoneやiPadを持ち込んで契約のみをするのであれば、通信品質と価格のバランスから考えると私のおすすめはワイモバイル(Y!mobile)UQモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの、UQモバイルはauのセカンドブランドですが、いずれもソフトバンクやau回線と比べても遜色ない高速通信が可能。

私もメイン回線としてワイモバイルを使っていますが、遅くて困ったことは今のところありません。

ワイモバイルのSIM


ワイモバイル・UQモバイルの料金プランは以下の通り。

料金だけ見ると安いのはUQモバイル、家族割適用したときの安さやYahoo!ショッピング・トラベル等でお得なメリットも総合するとワイモバイル、といったところでしょうか。

ソフトバンクやワイモバイルを契約するなら「Yahoo!携帯ショップ」通信料割引やPayPayキャッシュバックがついてくる!


多少通信が遅くなってもいいからもっと安いSIMで運用したい場合には、IIJmio(みおふぉん)がおすすめ。

IIJmioのSIM

ドコモやauから回線を借りて運営しているため通信速度は特にピーク時などに落ちやすくなりますが、その代わりに料金が安いのが特徴。

IIJmioのプラン料金表はこちら。(2023年1月現在)

【IIJmio料金プラン】
(2023年1月現在)
2GB 4GB 8GB 15GB 20GB
音声/音声eSIM
※iPhoneにおすすめ
850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円
SMS 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円
データ 740円 900円 1,400円 1,730円 1,950円
データeSIM
※iPadにおすすめ
440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円

※利用したいiPhone・iPadが対応しているかどうか、念のためこちらの動作確認端末一覧にてご確認ください


音声通話やSMSが可能なプランは2GBで850円/月から、iPadにおすすめのデータeSIMプランは2GBで440円/月からと非常に安く維持できます。

iPhoneをヘビーに利用する人にはやや心もとないですが、逆にそれほど頻繁に使わないユーザーには非常におすすめ。たとえば私の両親はこのIIJmioでまったく問題なく使えてます。

音声通話をしないセルラーiPad用には、より安いデータプラン/データeSIMプランが一押し。


中古のiPhone・iPadを安く買う

新品であることにこだわりがない、新品を買うお金がない/節約したい場合には中古のiPhoneやiPadで妥協する手もあります。

Amazon整備済み品を狙う

Amazonでは、認定出品者による検査・テスト・クリーニングを済ませた整備済み品のiPhoneを販売中。

Amazonによる整備済み品の説明は以下の通り。

  • この商品はAmazon認定出品者(Apple認定業者とは異なります)による検査、テスト、クリーニングが済んだ再生品、中古品、展示品、開封品です。
  • 商品から30cm離れて見ると、表面的なキズ・損傷はほぼ確認できません。
  • バッテリーは新品の80%を超える容量で提供されます。
  • 付属品は純正品ではない場合がありますが、互換性があり問題なく機能します。商品は一般的な箱でのご提供となる場合があります。


たとえばiPhone SE 第2世代(2020年発売モデル)の場合、Amazon整備済み製品は64GBモデルが最安33,450円、128GBが38,550円、256GBが50,800円で販売されています。
※2023年1月17日現在

1世代前のモデルとはいえ、かなりリーズナブルといっていい価格。


一方、ほぼ新品同様が期待できるApple整備済製品に比べればリスクがやや高めなのがAmazon整備済み品

検品を行っているのはAmazonではなくあくまで”認定出品者”であり、どこまでのクリーニング等が済んでいるのかその内容は判然としない。

大きな割れや損傷はさすがにないはずですが、「バッテリーは新品の80%以上」という基準も相当ゆるい。
※80%まで減っていたらかなりバッテリーは劣化しています


レビュー・口コミを見ると

バッテリー100%で新品同様でした!

との高評価がある一方で、

バッテリーの状態が思ったより悪かった

という声もある様子。


当たり外れもそれなりにあるようなので、もしイマイチな製品に当たってしまったら180日間の返品保証を利用して交換・返金をするのがいいでしょう。

携帯ショップを回って中古iPhone・iPadをさがす

中古のiPhone・iPadを購入するとなったら真っ先に思いつくのが、街中やネットの携帯ショップで購入する方法。

一定の査定を経て値付けがされているので、状態に応じた安値で中古のiPhone・iPadを購入できます。

じゃんぱら福岡天神店


ただし、査定がされているとはいえ中古iPhone・iPadの状態は千差万別だし、査定や価格設定もお店やスタッフによってそれなりに偏りがでるのが普通。

コストパフォーマンスの高い良品をゲットできることもあれば、逆にイマイチな商品をつかまされる場合もあるかもしれません。

イオシス福岡天神店


なお、代表的な大手携帯ショップである「じゃんぱら」「イオシス」でiPhoneやAndroidスマートフォン査定・売却をしてみた結果の記事は以下から。

このときは「スマホ売るならイオシスよりはじゃんぱら」という結論になりましたが、買う場合だったり他の店舗ではまた話が変わってくるかも?

いずれにせよ、自分の足で店を回ってみて比較検討するのが一番ですね。

じゃんぱらとイオシスでiPhone、Androidスマホを査定し結果を比較。どちらが高く売れる?

フリマアプリやヤフオクでさがしてみる

メルカリやラクマなどのフリマアプリYahoo!オークションなどの個人間取引サイトでもiPhoneやiPadの購入が可能。さがしてみると、売りに出されているiPhoneが数多く見つかるはずです。

メルカリやラクマで見つかるiPhone

売りに出しているのは業者ではなく素人なので、うまくいけば相場よりかなり安いiPhone・iPadが入手できる場合も。

メルカリ、ラクマ、PayPayフリマのフリマアプリ3強を比較。手数料が安いのは?出品数が多いのは?


掘り出し物が見つかる可能性がある一方で、iPhoneに詳しいわけでもない一般人とのやり取りになるためリスクが大きいのも事実。

買ってみたはいいが想像していたよりも状態が悪く結局使えなかった……などという事態にもなりかねません。


フリマアプリやヤフオク等でiPhone・iPadを買う場合は、ディスプレイや背面のキズや割れ、バッテリーの状態(何%まで劣化しているか)などをよく吟味し、必要に応じて質問・確認した上で購入するようにしましょう。回答が要領を得ない場合にはスルーするのが無難。

個人的には、iPhoneのように精密な電子デバイスを個人間取引で買うのはリスクが大きすぎるのであまりおすすめしません

家族や友人のお下がりをもらう・安く買う

新しもの好き・ガジェット好きのiPhoneユーザーが家族や友人にいる場合には、買い替えて不要になったお下がりのiPhoneがもらえるかもしれません。

実際に私も、手持ちのiPhoneを両親や弟に譲ったりしています。

iPhone SE 第2世代

ただ、お下がりといってもiPhoneは売れば数千円〜数万円はくだらない高価な製品なので、譲ってもらえるかは相手との関係性や財政状況にもよるでしょう。


家族はともかく友人が相手の場合は、さすがに無償でお下がりのiPhoneを譲り受けるのはどうなのかな。。。といったところ。

常識的に考えれば中古相場より少し安いくらいの金額を払うとか、せめてご飯をごちそうするくらいのことはした方が良さそうな気もします。


最新機種じゃなくても安価な機種で十分では?検討してみる

毎年、新しい機種が発売されるiPhoneやiPad。

ですがiPhone・iPadの機能・性能はかなり成熟しており、目新しい新機能が搭載されることは近年ではまれになってきています。

もちろん毎年スペックは向上しているんですが、よほどこだわる人でない限りは数年前の機種でも十分に使える。


2023年1月現在、Appleストアで販売されている最も安いiPhoneはiPhone SE(第3世代)

iPhone SE 第3世代

このiPhone SEでも普通にネットやアプリ、それなりのクオリティでの写真撮影やビデオ撮影など、ほとんどの人にとって十分な機能は使えます。


もちろん新しいiPhoneに比べるとできないことも多いですが、そのほとんどは「あったら便利かも、使うかもだけどなくても別に困らん」程度のもの(個人の感想です)。

高価な新機種の代わりにリーズナブルな型落ち機種やSEを選ぶことで、結果的に大きく節約できるかもしれません。


もっと詳しく知りたい方は、iPhone機種それぞれのスペックや機能のくわしい比較記事をどうぞ。

iPhone 14/14 Proと他のiPhoneを徹底比較。おすすめの機種はどれ?

iPhoneやiPadを安く買う方法 まとめ

日本人の収入がほぼ横ばいになっている中、どんどん高価になり買うのに勇気がいるiPhoneiPad

この記事で、iPhoneやiPadを少しでも安く手に入れるお手伝いができたなら嬉しいです!


iPhoneにおすすめの周辺機器・アクセサリーまとめ
【2023年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

iPhoneを高く売るための知識まとめ
iPhoneを高く売りたいなら知っておくべきこと、売る前にやっておくべき作業のまとめ

コメントを残す