Amazonブラックフライデー前に準備すべきことまとめ

Pixel 6 Proのズーム性能をiPhone 13 Proと比較しつつ検証。最大20倍の超解像ズームでもかなり綺麗に撮れるぞ

Pixel 6 Proのズーム性能をiPhone 13 Proと比較しつつ検証

望遠レンズを備え、光学4倍ズームに加えて超解像ズームで最大20倍まで寄ることが可能なPixel 6 Pro

ただ写っている画像を拡大し引き伸ばすだけのデジタルズームに比べ、超解像ズームはソフトウェア処理によって画質をなるべく損なわずに撮影が可能とのこと。

手ブレによってイメージセンサーがどれほど揺れたかを計算し、連写した各写真データの各ピクセルの色情報をマッピング。これによってセンサーシフトと同様に、各ピクセルが3原色の色情報を持つ状態となるため、通常撮影に比べて解像感が上がり、ズームしてもそこまで画質が損なわれない──というのが、超解像ズームの概要だ。
「星空も撮れる」Pixel 4カメラのヒミツ スタンフォード大教授が「Made by Google」で語ったこと(2/2 ページ) – ITmedia NEWS

一方、iPhoneの最先端機種である13 Proは光学3倍ズーム、最大15倍のデジタルズームが可能。


この両機種(Pixel 6 Pro、iPhone 13 Pro)のズーム性能を比べてみると、どういった違いが出るのか?

実際に同じシチュエーションで撮り比べて検証してみました。


超解像20倍ズームでもかなり綺麗に撮れるPixel 6 Pro

撮影のために繰り出したのは福岡・天神の夕暮れ時。
国体道路と渡辺通りが交差する渡辺通4丁目交差点です。


まずは等倍で撮影。

Pixel 6 Proで撮ったものがこちら。

Pixel 6 Proで撮った等倍写真(渡辺通4丁目)

同じシチュエーションで、iPhone 13 Proでも撮影。

iPhone 13 Proで撮った等倍写真(渡辺通4丁目)

「MITSUKOSHI」の文字や右下付近の街路樹を見るに、Pixel 6 Proの方がそれぞれの色やコントラストを捉えて表現する傾向があるように思います。

ちなみに、Pixel 4aで撮ったものはこちら。色味としてはPixel 6 ProとiPhone 13 Proの中間くらいに見えます。

Pixel 4aで撮った等倍写真(渡辺通4丁目)


次に、光学ズームによる撮影を試します。

Pixel 6 Proの光学4倍ズーム。

Pixel 6 Proの光学4倍ズーム

iPhone 13 Proの光学3倍ズーム。

iPhone 13 Proの光学3倍ズーム

どちらも綺麗に撮れてはいますが、街路樹の葉っぱ1枚1枚までかなりしっかりと描写しているPixel 6 Proに対し、iPhone 13 Proはやや黒く潰れ気味な印象。

望遠レンズを備えていないPixel 4aも、3倍くらいなら超解像ズームを駆使してなかなか頑張っています。

Pixel 4aの超解像3倍ズーム


さらに拡大して、倍率10倍くらいで駅名表示をズームアップしてみました。

Pixel 6 Pro。すでに光学ズームの倍率を超えていますが、そうは思えないほどかなり綺麗に写し取っています。

Pixel 6 Pro 10倍ズーム

iPhone 13 Pro。Pixel 6 Proに比べると、ややぼんやりとしている印象。望遠レンズおよび超解像ズーム VS デジタルズームの差が出てきているんでしょうか。

iPhone 13 Pro 10倍ズーム

Pixel 4aの最大倍率である超解像7倍ズーム。ここまでくると望遠レンズのないPixel 4aはさすがに苦しい。

Pixel 4a 超解像7倍ズーム


Pixel 6 Proで15倍ズーム。はるか向こうにある垂れ幕の文字もちゃんと読めます。建物や木々の輪郭もそれほどボヤけてはいない。

Pixel 6 Proで15倍ズーム

Pixel 6 Proの最大20倍ズーム。さすがに少しノイズが目立ってきましたが、光学ズームが4倍止まりのスマートフォンとは思えない解像度。

Pixel 6 Proの最大20倍ズーム

それに対し、Pixel 13 Proのデジタル15倍ズームがこちら。
正直言ってPixel 6 Proとは比べ物にならないほどぼんやりとしてしまっています。

Pixel 13 Proのデジタル15倍ズーム

夜景×ズーム撮影でPixel 6 ProとiPhone 13 Proを比較

夜景や暗い室内など光が少ない状況での撮影だと、さらにズーム性能の差が際立ってきます。

Pixel 6 Proは夜景モード、iPhone 13 Proは自動的に適用されるナイトモードで撮影しました。


街灯がありそれなりに明るさのある夜間、公園のオブジェをまずは等倍撮影。

Pixel 6 Pro

Pixel 6 Pro 夜間撮影

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro 夜間撮影

木々の葉っぱのディテールを見るとPixel 6 Proの方がよりしっかりと捉えていますが、全体的にはホワイトバランスのクセが違うだけで明らかに目立つほどの違いはないように見えます。


ですがズームをしてみるとその違いは歴然。
Pixel 6 Proだと、等倍写真の色味そのままにかなり綺麗に写る。

Pixel 6 Proだと、等倍写真の色味そのままにかなり綺麗に写る

iPhone 13 Proでは、なんだかくすんだような色になり輪郭もぼやけてしまいました。

iPhone 13 Proでは、なんだかくすんだような色になり輪郭もぼやけてしまう


他にも何枚か撮ってきたので、違いを見比べてみてください。

Pixel 6 Pro 20倍ズーム。

Pixel 6 Pro 20倍ズーム 夜景

iPhone 13 Pro 15倍ズーム。
周りが暗い状況だとさすがにノイズが目立ちどちらも実用性は厳しいですが、Pixel 6 Proの方がまだノイズをかなり抑えられているのがわかります。

iPhone 13 Pro 15倍ズーム 夜景


夜間に光る案内板を20倍ズーム撮影。相当遠いんですが、こちらは「福岡市美術館」がちゃんと読める。

Pixel 6 Pro 夜間に光る案内板を20倍ズーム撮影

iPhone 13 Proでの15倍ズーム撮影では、そもそもピントがなかなか合わず。とりあえずシャッター切ってみたものの白い電灯にしか見えません。

iPhone 13 Pro 夜間に光る案内板を15倍ズーム撮影


渡辺通りに戻り、日中に撮った場所から遠くの文字をズーム撮影。

Pixel 6 Pro。

Pixel 6 Pro 西鉄天神高速バスターミナル

iPhone 13 Pro。

iPhone 13 Pro 西鉄天神高速バスターミナル


検証結果

Pixel 6 Proのズーム撮影は、光学ズームのレンジを外れた倍率であってもデジタルズームに比べてかなり綺麗に撮れる

ネット上にもPixel 6 Proのズーム作例がたくさん

SNS等ネット上にもPixel 6 Proのズームで撮影した写真が多数挙がっているので、この記事の内容だけでは物足りないという方はそちらも見に行ってみてください。

参考までに、先ほど検索して見つけたPixel 6 Proズーム写真たちをいくつかピックアップしておきます。


最後にひとこと

Pixel 6 Proのカメラ、これまで触ったスマートフォンの中でも群を抜いて優秀。

夜景撮影やその他の機能についてもレビューしていくので、そちらもご期待ください!


ソフトバンクオンラインショップでPixelをチェックする

au Online ShopでPixelをチェックする

GoogleストアでPixelをチェックする


Pixel 6・6 Proの注目機能をレビュー記事にしてアップしています。こちらも参考にどうぞ!

コメントを残す