【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

Pixelスマホでシネマティック壁紙を設定する方法。写真や絵が3Dモーションで動く壁紙になる

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

2023年6月のアップデートで、Google Pixelスマートフォンにシネマティック壁紙機能が追加されました。

通常の写真やイラスト等に、Google AIによる奥行きを持たせて3D化した上で壁紙にできる機能


いつもの壁紙が三次元化し、スマートフォンに合わせて動くのでとても面白い。

この記事では「シネマティック壁紙」の設定方法を紹介します!


シネマティック壁紙の対応機種はPixel 6以降

シネマティック壁紙に対応しているのは、Pixel 6以降の機種。

Pixel 6 ProとPixel 7 Pro

Pixel 7a

具体的には以下の機種がシネマティック壁紙に対応しています。

シネマティック壁紙に対応するPixelスマートフォン(2023年7月時点)
  • Pixel 6
  • Pixel 6 Pro
  • Pixel 6a
  • Pixel 7
  • Pixel 7 Pro
  • Pixel 7a

(参考:壁紙を作成、カスタマイズする(Google Pixel 6 以降) – Google Pixel ヘルプ


Pixel 7 Pro Pixel 7 Proをレビュー!カメラやスペック、新機能などの特徴をまとめた

Pixelにシネマティック壁紙を設定する方法

設定で「壁紙とスタイル」を選ぶか、ホーム画面で空いているスペースを長押しして「壁紙とスタイル」を選択。

次の画面で「壁紙の変更」をタップします。

設定で「壁紙とスタイル」を選び、次の画面で「壁紙の変更」をタップ

一番上に表示される「マイフォト」を選び、好きな画像や写真を選択。

プレビュー画面右上のキラキラしたマークをタップ。

プレビュー画面右上のキラキラしたマークをタップ

すると「シネマティック壁紙の作成」というスイッチが出てくるので、オンにします。

「シネマティック壁紙の作成」というスイッチが出てくるので、オンにする

数秒程度待つと、写真や絵に奥行きのある3Dシネマティック効果が追加完了。


画像ではわかりにくいので、シネマティック壁紙設定の様子をショート動画でどうぞ。


任天堂公式で配布されている『ゼルダの伝説』の壁紙に、まるで3D映像のような奥行きが追加されました。すごい。


Pixelユーザーはぜひ試してみてほしい「シネマティック壁紙」

たまに不自然なときはあるものの、私が何枚か試してみた限りでは多くの写真・画像で自然な奥行きが生成されていました。これがGoogleのAIパワーか。。

なかなか面白い機能なので、Pixelユーザーはぜひお試しを!


Pixelの購入・チェックはこちら
Google ストアでPixel 6a、7、7 Pro購入時、
紹介コード「 U6DWHK7HJAAWK9VQIIGI1BL 」入力で
7,500円割引クーポン獲得!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA