Amazonタイムセール祭り開催中!

【神アプデ】Nintendo SwitchをBluetoothヘッドホンに接続する方法。遅延は?普通に遊べる?

Nintendo SwitchをBluetoothヘッドホンに接続する方法。普通に遊べる?遅延は?

Nintendo Switchの本体バージョンが13.0.0にアップデートされ、Bluetoothオーディオが新たに追加されました。

これにより、Switch本体とBluetooth対応ヘッドホン・イヤホンを直接接続することが可能に。

これ、なにげにかなり嬉しいアップデートじゃないでしょうか……!


例えば、家族が寝ているところでプレイしたいときや、壁の薄いマンション・アパートで遊ぶときにも便利。

テレビの音がしょぼくても、それなりのBluetoothヘッドホンがあればより良い音でゲームを楽しむことができるはず。


さっそくSwitchにBluetoothヘッドホンを接続して遊んでみたので、その方法と感想を紹介します!


Bluetoothオーディオを利用するには、Switchの本体更新が必要

Nintendo SwitchのBluetoothオーディオ機能を利用するには、2021年9月15日(水)にリリースされた本体のアップデートが必要。

Wi-Fi接続された状態でSwitchの電源を入れると「本体更新の準備ができました。」と表示されるはずなので、案内にしたがって更新しましょう。

その際プレイしているゲームは一旦終了する必要があるので、セーブするのをお忘れなく。

Nintendo SwitchのBluetoothオーディオ機能を利用するには本体のアップデートが必要

SwitchにBluetoothヘッドホンを接続する手順

本体更新が完了したら、設定画面へ移動。

本体更新が完了したら、設定画面へ移動

Bluetooth®オーディオ」という項目が追加されているはずなので、そこから「登録する」を押します。

Bluetooth®オーディオが追加されているはず

するとSwitchが接続待機状態になるので、Bluetoothオーディオ側をペアリングモードにします。

Switchが接続待機状態になるので、Bluetoothオーディオ側をペアリングモードに

ペアリングモードにしたBluetooth機器が表示されたら、クリックすると接続します。

ペアリングモードにしたBluetooth機器が表示されたら、クリックすると接続

今回、Switchとの接続テストプレイに使ったBluetoothヘッドホンはこちら

blank

「OpenMove」1万円を切る骨伝導防水ヘッドホン。長時間使っても疲れにくく、運動用にもオススメ【レビュー】


以上で接続完了です!

なお、Bluetoothオーディオ接続中につながるコントローラーは2個まで(3人以上のプレイは不可)。またローカル通信中は使えないことにご注意を。

Bluetoothオーディオ接続中につながるコントローラーは2個まで

Bluetoothオーディオ接続中は、設定のところに接続されているデバイス名がチェックマークつきで表示されます。

Bluetoothオーディオ接続中は、設定のところに接続されているデバイス名がチェックマークつきで表示される

普通に遊べる?遅延は?実際にBluetoothオーディオでスプラ2を遊んでみた

Switchに接続したBluetoothヘッドホンを装着し、実際にスプラトゥーン2をプレイしてみました。

Switchに接続したBluetoothヘッドホンを装着し、実際にスプラトゥーン2をプレイ

遅延で遊びづらいとかあるかなと思ったんですが、私のレベル(X2100程度)ではそれほど気にならず普通に遊べました

注意してよく聞くとボタンを押したときと音が出るまでの間にごくわずかに間があるようにも感じたので、フレーム単位でのアクションを要求するゲームやプレイヤーだと気になるかもしれません。

ただ、ほとんどのプレイヤーは気にならないくらいだと思います。


私の使ったOpenMoveではほぼ問題なさそうでしたが、Switch設定画面での注意書きにもある通りBluetoothオーディオ(イヤホン、ヘッドホン)によってはもっと大きく遅延する場合もあるようです。

手持ちのBluetooth機器で確かめてみてください。


もう1点、これも接続するBluetoothオーディオによるかもしれませんが音量が抑えめな印象。

最後にひとこと

発売から4年半にして、まさかこんな神アップデートがされるなんて驚き。

もちろんソフトウェアだけで成し得る機能ではないので、Switch本体にBluetoothオーディオ接続できる機能が元々あったということになりますね。知らなかった。


外に音を出したくない、あるいはしっかりとゲームの音を聞きたいときに有用な機能なので、Switch本体をアップデートしてぜひ使ってみてください!

コメントを残す