「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

ミドリの「ダンボールカッター」安全かつ磁石付きで収納便利。ネットショッピングで段ボールがよく届く家庭におすすめ!

先日購入した、ミドリ社の「ダンボールカッター」がとても便利だったので紹介。


これまでネットショッピングで届いたダンボールを開梱するときには、普通のカッターを使っていました。

特に不便を感じることはなかったですが、勢いあまって指を切りそうになることもしばしば。
付着したテープ等を取り除くときもヒヤヒヤしていました。


今回購入したダンボールカッターは刃がセラミック製なので、多少触れた程度では指を切ったりせず安全性が高い。

加えて、使わないときは手のひらサイズに閉じて、内蔵の磁石で冷蔵庫なり食洗機など金属製のものに貼り付けておくことも可能。

1,000円弱と安価なのも嬉しい。


ほとんどのものをネットで買う生活をはじめて10年余り。なぜもっと早く買わなかったのか……と後悔するほどの便利アイテムです!


文具メーカーのミドリがつくった「ダンボールカッター」

今回紹介するダンボールカッターは、文具メーカー・ミドリの製品。
カラーはカーキと黒があり、Amazonだと2021年4月現在では黒の方が若干安くなっているようです(880円)。

今回紹介するダンボールカッターは、文具メーカー・ミドリの製品

本体は開閉式で、180度開いて使用。使わないときは閉じて保管できます。
マグネット内蔵で冷蔵庫など金属製品に貼り付け可能。

本体は開閉式で、180度開いて使用。使わないときは閉じて保管

閉じた状態だとこの通り、手のひらに余裕で収まるサイズ。とてもコンパクト。
吊り下げたり携帯するのにも便利なストラップホールもあり。

閉じた状態だとこの通り、手のひらに余裕で収まるサイズ。とてもコンパクト

利用時は、180度パカッと開くと白色のセラミック刃が出てきます。

利用時は、180度パカッと開くと白色のセラミック刃が出てくる

簡単に指を傷つけないセラミック刃。なのに段ボールのテープはスッと切れる

指で軽く押した程度では傷になりません。カッターの金属製の刃に比べれば遥かに安全。

指で軽く押した程度では傷になりません。カッターの金属製の刃に比べれば遥かに安全

これまで使ってきたカッターの刃と並べてみました。(だいぶ使い込んでて汚れていますが)
カッターは深く刺さる可能性があるし鋭いですが、ダンボールカッターのセラミック刃は刃の部分が限られているし指などに触れても簡単に傷つけません。

これまで使ってきたカッターの刃と並べてみた

それでいて、切れ味は十分。ダンボールに貼られたフィルムテープやガムテープはカッターと変わらないくらいにスッと切れます。

ダンボールに貼られたフィルムテープやガムテープはカッターと変わらないくらいにスッと切れる

マグネット内蔵で冷蔵庫など金属面に貼れて便利。刃交換もかんたん

ネオジムマグネット(磁石)を内蔵しているため、冷蔵庫に貼るなどして場所をとらずに保管可。

ネオジムマグネット(磁石)を内蔵しているため、冷蔵庫に貼るなどして場所をとらずに保管可


「水平にあててコピー用紙を1枚だけ切ることが可能」とのことだったので、ノートの端で試してみることに。

水平にあててコピー用紙を1枚だけ切ることが可能

結果、2枚切れて1枚に刃の通った跡がつきました。コピー用紙の厚さだったらうまくど1枚だけ切れるいくんだろうか……?
紙の厚さによる部分もあるので、「1枚だけ切れる」を盲信せずに「紙を切ることもできる」程度に捉えておくのがいいかもしれません。

結果、2枚切れて1枚に刃の通った跡がついた


プラスドライバーでネジを外すと、セラミック刃の交換ができます。
裏返せば左右使えるので、1枚の刃で2回まで使用可能。

プラスドライバーでネジを外すと、セラミック刃の交換ができる

替刃は、Amazon等で500円強で販売されています。

最後にひとこと

blank

気を抜いたときにやってしまいがちな怪我を防げますし、子供のいる家庭なんかには特にいいですね。

外出しづらい昨今はネットショッピングを利用する人もとくに増えていますし、そういう意味でもこのダンボールカッターは一家に1つは備えておきたい製品です!

コメントを残す