札幌ススキノの人気店「麺屋雪風」でパンチのある濃厚味噌らーめん。お店の人間関係の理想も垣間見た

麺屋雪風の味噌ラーメン

ニセコ滞在中の友人に会いに行く途中で立ち寄った札幌

季節によって場所を変える短期移住生活、いいかも。北海道ニセコに1ヶ月滞在中の友人宅に遊びに行ってきた

2017.10.14

函館麺厨房あじさい」「らーめんてつや」「彩未」など札幌に来るたびにラーメン屋を巡り歩いているのですが、今回訪れたのは歓楽街ススキノで1、2を争う人気店「麺屋雪風」。

日曜の夜中にも関わらずなかなかの行列に並ぶことになったものの、それを裏切ることのないまろやか濃厚スープとそれに負けない西山製麺のちぢれ卵麺。

ラーメンの質もさることながら、店員さんの応対や役割分担もいい感じなのが印象に残りました。


行列に並ぶ覚悟があるなら、すすきの飲みの後の〆にでもおすすめしたいお店です!


札幌一の繁華街・すすきのの外れにある人気ラーメン店「麺屋雪風」

麺屋雪風 すすきの本店は、すすきの中心部からは中島公園側にやや外れるものの十分徒歩圏内、すすきの駅からだと徒歩8分程度のところにあります。

私が訪れたのは日曜の夜23時頃でしたが、それでもこの通りの行列。金土の夜など時間によってはずいぶん凄いことになりそう。

冬だと待つのも大変そうですが、このときは9月でまだまだ大丈夫。並んでいる間に若い店員さんが注文を聴きにきてくれます。

並んでいる人に少しでも和んでもらおうと思ってなのか、サッポロクラシックを注文すると「クラァスィックですね」焼き餃子ハーフだと「ハァrフでよろしいですか」と英語っぽい発音で注文確認。思わず吹き出すお客さん。
こういう配慮のできるスタッフさんは素晴らしいですね。

30分弱ほどの待ち時間で店内へ。TEAM NACSの面々、SEKAI NO OWARIなどのサインがずらり。
カウンター13席のみで思ったよりかなり小さなお店。

「艦これ」の雪風ポスターまで。

ラーメンは濃厚味噌らーめん、辛味噌らーめん、鶏がら汐らーめんの3種。サイドメニューは餃子とライスのみのシンプルな構成。
初回来店時はその店の基本をいただくポリシーなので、濃厚味噌ラーメンは外せない。それに餃子とビールを加えたこれ以上無い布陣の我が注文。

札幌に来てまだ1杯も飲んでいなかったので、サッポロクラスィックをまずはいただくよ。おいすぃー。(グラスはなぜかYEBISUだったけど)

エッジの効いた濃厚味噌らーめん、おいしい。店員さんの好連携とともに印象に残った

やや黄味がかったスープが特徴的な、濃厚味噌らーめん。西山製麺のちぢれ麺が具とスープの隙間から顔を見せています。

上に乗っているのは大ぶりの豚チャーシュー、白髪ネギ、青ネギ、焦がしネギ、きくらげ、煮玉子。

しっかりと焼き色のついた、やや大きめの餃子。

三種類ブレンドした味噌と北海道産豚骨、鶏白湯、煮干し、鮪節で取ったスープを焦がし油で香り付けしたというこってりスープ。
おおっ、確かに濃厚!味噌の香りが強くパンチのあるスープで、飲んだ後にも良さそう。

味噌ラーメンというと白味噌や麦味噌といった優しくまろやかな味噌を中心に使ったものが多い気がしますが、ここ麺屋雪風では赤味噌も使っているためかエッジが効いている印象。



箸で持って撮ろうとしたらほろりと崩れた柔らかいチャーシュー。脂が乗っている部位を使っており味付けもしっかり。

歯応えと香りがしっかりしているおなじみの西山製麺。インパクトの強いスープに負けない麺として選ばれるのも納得の力強さ。

これまで行った他の有名店とはちょっと違うベクトルの力強いラーメンでおいしかったです。


お店には大将らしき方と、修行中なのか大将と一緒にバリバリラーメンを作っている若大将(仮称)、それに20前後くらいであろう前述の接客担当コミカルな店員さん。

途中で接客の店員さんがが何かミスしたらしく「うわーやってしまいました、すみません」的なことを言っていたのですが、「OKOK、大丈夫」と若大将がラーメンを作りつつ何事もなかったようにフォロー。
大将はたまに「ありがとうございましたー」と言うくらいで、基本的には黙々とラーメンを作るのみでミスを咎めたりなどは一切なし。

トップはどっしりと構え、間に立つ人は自分の仕事をしつつ下をしっかりフォロー、一番下は自分のアイデアでお客さんを楽しませつつテキパキと動く。



一度行ってみただけなのでこの認識が合っているのかわかりまぜんが、印象の通りであれば働くならこういう飲食店で働きたいなあと思いました。ええ店やん。

あとがき

開いているのは夜のみ、しかも人気店なので並ぶ覚悟は必要ですが、すすきので飲む前後や札幌中心部でおいしい味噌ラーメンを食べたいときに、候補としておすすめできる店です。

辛味噌や鶏がら汐らーめんもおいしいらしいので、次回はそっちを狙うぞ……!

店名 麺屋雪風 すすきの本店
電話番号 011-512-3022
住所 北海道札幌市中央区南七条西4-2-6 LC拾壱番館 1F
営業時間 【日】18:00〜24:00
【日以外】18:00〜3:00
定休日 無休
Web Retty:麺屋 雪風 (めんやゆきかぜ) (すすきの/ラーメン) – Retty

安くて美味い北海道の回転寿司「トリトン」で、オホーツクの幸をいただく。

2015.10.17

福岡-北海道(札幌・新千歳空港)間の移動はどんな手段がある?航空会社やツアーなど調べて比較してみた

2015.04.19

東京-北海道(札幌)間の移動はどれを選ぶべき?飛行機・ツアー・電車など比較してみた

2014.06.24

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら