ニンテンドースイッチを有線LAN接続する方法と必要なアダプタ紹介。通信が安定してより遊びやすい!

ニンテンドースイッチの有線LAN接続

いよいよスプラトゥーン2の発売が明日(7/21)に迫ってきました。

もうとにかく早く遊びたくてしかたないわけですが、ふと蘇る前作での思い出。
最初無線LAN(Wi-Fi)でプレイしてたら通信エラーがよく起こって、ストレス溜まる上にウデマエ下げられてたっけ。。。

Splatoon(スプラトゥーン)の通信エラーで困っているなら、まず有線LANアダプタを試してみよう

2015.07.23

楽しくプレイしながらも、よく起こる通信エラーに悩まされていました。
プレイ中に動きが遅くなったり塗れなくなったり、敵が突然ワープしたり撃たれたずいぶん後に昇天したり、「通信が不安定になっています」と表示されて動けなくなったり。。。

そのうち通信エラーとなりウデマエはマイナスになるし(負け扱い)、3人で戦う羽目になる残ったチームにも申し訳ないしでいいことありません。

いい加減我慢できなくなり購入したのが、Wii用の有線LANアダプタ。

これで少なくとも無線よりは安定するはずだし、ダメならプロバイダに問い合わせてやる!と思い導入してみたのですが、今のところ通信エラーもなく快適に遊べています。もっと早く買っておけばよかった……!

自分、及び味方の通信エラー時のウデマエ低下値には未だに納得いってませんがそれは置いといて(今作での改善を期待してます)、やっぱりスプラトゥーン2でも無線接続での通信エラーの不安はつきまといます。せっかくならより快適に遊びたい。

とはいえ今のところニンテンドースイッチ用の純正有線LANアダプタは発売されておらず、ホリ社製の任天堂ライセンス品はあるものの品薄状態で到着が遅くなりそう。



そこで手に入れたのが、ロジテックのNintendo Switch対応有線LANアダプタ(LAN-GTJU3)。私が購入したときは1,896円でした。

Amazonの製品ページに記載のある「Nintendo Switch 動作確認済」の言葉を信じて購入したのですが、全く問題なく簡単に接続することができました。よかった!

ニンテンドースイッチをより安定した通信環境で遊びたい人にはおすすめです!


ロジテックのニンテンドースイッチ対応有線LANアダプタ

有線LANポートをUSBに変換する高速有線LANアダプタ。Windows、Macの両方で利用でき、USB2.0よりさらに高速なUSB3.0にも対応しています。

裏面には仕様などの記載。パッケージにはニンテンドースイッチ対応とは書いてないけど、きっと大丈夫…なはず…。

中身は本体、セットアップマニュアル、ソフトウェア入りのディスク。ですがニンテンドースイッチ用に使うなら本体以外は不要です。

こちらが有線LANアダプタ本体。

言わずもがな片側はUSB端子、もう片側はLANポートとなっています。

USB側はスイッチに接続しますが、LANポート側を自宅のルーター等に接続するには別途LANケーブルが必要。

私は長さ調整可能なELECOMの巻取り式LANケーブルを購入しました。
巻取り式でなくてもよければ、LANケーブルにはもっと安価なものもあるのでそちらを選んでもよいでしょう。(→ 「LANケーブル」の検索結果)

ニンテンドースイッチとLANルーターを接続

ニンテンドースイッチの背面を開けると、以下のような王像になっているはずです。電源アダプタ、HDMIは既に使用済みで、真ん中のUSBポートが開いているはず。

ここに、さきほどの有線LANアダプタを接続しましょう。

あとは逆側のLANポートにケーブルを接続し、ルーター等のLANポートにつなぐだけ。

任天堂公式ページにも解説がありますので、そちらもご参考に。

有線LAN接続の高速さ、安定性はやっぱり素晴らしい

スイッチを有線LAN接続した状態で起動させてみると、自動的に有線接続に切り替わっていました。賢いねぇ。

試しに接続テスト。速度も十分出ているようです。

インターネット設定を確認してみると、登録済みネットワークのところにこれまで利用していたWi-FiのSSIDとともに表示されていました。

元々の無線LAN(Wi-Fi)に切り替えて接続テストしてみると、やはり有線ほどの速度は出ませんでした。いかに無線LANが高速化しているといっても、有線より速いということはあり得ませんからね。安定性も然り。

一度無線LANに設定してから再度有線接続に戻そうとすると、以下のような画面になりました。手動で接続する場合にはこの画面を経るということでしょう。
といっても、IPアドレス等難しい設定をするつもりがなければ普通に接続するだけですぐつながるので、全く問題なし。

ニンテンドースイッチ対応の有線LANアダプタは他にもある

Amazonで検索してみただけでも、ニンテンドースイッチ対応を謳う有線LANアダプタは多数あるようです。
(→ Amazonでの「有線LANアダプタ nintendo switch」検索結果はこちら

例えば以下の製品は今回紹介したものに比べてかなり安いですが、USB2.0までしか対応していません。

通常プレイ時の安定性にはそれでも問題ないと思いますが、ニンテンドースイッチは今後のアップデートでUSB3.0に対応するとアナウンスしているため、その際に性能を活かしきれない(=通信速度がUSB3.0に比べ若干遅い)可能性があります。

そのあたりは価格とのトレードオフなので、好みのものを選ぶといいでしょう。

あとがき

スプラトゥーン2のようなリアルタイムで通信対戦するゲームであれば、ぜひ手に入れておきたい有線LANアダプタ。

より安定した環境で対戦したい、通信エラーが頻発して困っているという方は参考にしてみてください!

スプラトゥーン2を遊ぶ上で揃えておきたいものリスト。プロコン、有線LANアダプタなど

2017.07.19

「NintendoみまもりSwitch」子供のプレイ時間をチェックし、アラームや中断設定ができる。ハマりすぎの大人にも!

2017.03.10

Nintendo Switchでスクリーンショットを撮影し、SNSに投稿したりmicroSDカードにコピーする方法

2017.04.01

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら