2014年3月6日
裁断機・裁断方法

R0012379

自炊(本の電子化)について詳しく解説している当ブログ。

開設から長らく、カールの裁断機DC-210Nをおすすめしてきました。
(参考:CARL(カール)の裁断機を、600冊自炊した私がオススメする理由

DC-210Nは安価でコストパフォーマンスが高く、取り回しもしやすいのでよい裁断機であることは間違いありません。
ですが、自炊裁断機ダーレDurodex 200DXを手に入れてからそちらばかり使っているのも事実。いやあ、これやっぱりいいんですよ。特にヘビー自炊ヤーには。

なぜそうなったのか、その理由について詳しく解説してみました。

ダーレDurodex 200DXはどんな裁断機?のおさらい

まずは、自炊裁断機ダーレDurodex 200DXとはどのような裁断機なのか、以前書いた記事を振り返ってみましょう。

届いてから開封、試し切りまでの手順を紹介した記事が以下。

自炊にピッタリのダーレ断裁機Durodex 200DXを開封して試し切り。意外とコンパクト!

実際に本の裁断をしてみた記事もあります。これを見れば誰でも迷いなく本の裁断ができるはず。

自炊用の裁断機ダーレDurodex 200DXで本を裁断。ほとんどの本が一発で切れて素晴らしいぞ!

YouTubeに裁断する様子の動画もアップしてあるので、前提知識がなくても問題ありません。

自炊用裁断機ダーレDurodex 200DXで本を裁断する様子をYouTubeにアップしました

色はブラックとホワイト。どちらもいい色ですが、私はホワイトがお気に入り。

自炊裁断機ダーレDurodex 200DXの2色を比較。渋いブラックもいいけどホワイトかなり気に入った…!

唯一の理由:本の裁断がラクすぎ。自炊のハードルがグッと下がる

800冊以上を自炊した私が自炊裁断機ダーレDurodex 200DXをすすめる理由。
それは、「自炊のハードルが下がる」こと。これに尽きます。

技術書などの分厚い本を除き、漫画や小説などほとんどの本を一発で裁断できるため、なんだかんだで面倒な自炊作業がグッとラクに。

Cut with dahle durodex 200dx 10

カールDC-210Nでも本を割いて裁断することが可能なのは以前解説した通りですが、やっぱり本を割くのが手間だし、厚めの本であればあるほどいくつも小分けにするのが面倒になってきます。

Procedure of cutting books with carl dc 210n 10

一方で、Durodex 200DXの1/4近いカールDC-210Nの安価さ、軽いので小回りが効きやすいのは魅力。
あとはどちらのメリットを取るかというところですが、手元に両方あるならばやはりDurodex 200DXの方を使うかなという感じです。

収納はかなりコンパクト、そこそこ重いが女性でも十分運べる

大型で裁断能力の高い裁断機は、ある程度の厚さでも本を一発で裁断できるメリットがある反面、場所をとったり重すぎるのが難点でした。

ですが、ダーレDurodex 200DXについてはそのデメリットもかなり解消されています。

前身であるPLUS裁断機PK-513Lと違い、ハンドルを畳んで収納できるためかなりコンパクトに収納できますし、

R0012376

重さも12.3kg→11kgと軽量化がされています。
それでももちろんまあまあの重さですが、家の中を移動させる程度であれば女性でも難なく運べるでしょう。

R0012298

あとがき

というわけで、本を片っ端から自炊するようなヘビーユーザー、価格をあまり気にしないので楽に裁断したいという方には間違いなくダーレDurodex 200DXがおすすめ。

そこまでの値段は出せないが、さすがにカッターはきつい。でも自炊したいという方にはカールDC-210Nでどうでしょう、という現時点(2014/3)での私の結論です。

本の自炊を検討されている方は、裁断機選びの参考にどうぞ!

自炊について知りたい方は、以下の記事をどうぞ。裁断機やスキャナー選びから実践まで、当ブログの記事をまとめてあります。

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

⇒もっと 「裁断機・裁断方法」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック