2014年1月11日
大阪、関西グルメ

Jiyuken 8

先日大阪を訪れた際、なにか名物を食べておきたいなと考えていて思いついたのが『めしばな刑事タチバナ』で紹介されていた自由軒の「名物カレー」

店の名前は忘れていたのですが、「大阪 カレー 卵」とか適当に検索していたら自由軒に辿り着きました。

一般的なカレーのビジュアルといえば、ご飯にルーがかかっていて白とカレー色が5:5のイメージ。

ですが自由軒の場合、ご飯とルーが完全に一体となるまで混ぜられて、さらに他県ではあまりカレーと食べるイメージのない生卵を落とすというちょっと変わったスタイル。

これは大阪らしい食べ物やということで行ってきました!

ザ・昭和を感じさせるレトロな看板と店内

自由軒の場所は、なんばの商店街の中。駅からも近いです。

もう見た目からしてグッとくる昭和の佇まい。パッと見ただけでのれんやらひさしやらに「自由軒」の文字が4ヶ所も。
最近ではめっきり減った気がする食品サンプルもいいですね。

Jiyuken 1

上にもでかい看板あるで!大阪は目立ったもん勝ちや!

Jiyuken 2

おかみさんの等身大(?)パネルまで。インパクト勝負や!

Jiyuken 3

中の雰囲気も趣のある感じ。かなり賑わっていて、中国や韓国からの観光客も多いようでした。

Jiyuken 4

「ハイシライス」ってハヤシライスのことだろうか。

Jiyuken 5

おかみさんと有名人の写真やサインも飾られています。

Jiyuken 6

自由軒の「名物カレー」は混ぜて、ソースをかけて食べる!

自由軒の名物は、その名の通り「名物カレー」。私ももちろん注文。

Jiyuken 7

こちらがその名物カレー。おそらく他県の人は食べたことのないビジュアルのはずですが、間違いはないであろうことは何となくわかりますよね。

Jiyuken 8

普通は別になっているご飯とカレーがしっかりと混ぜて固められ、真ん中に卵をドーン。

Jiyuken 9

カレーは思ったよりも硬派でスパイシーなもの。

Jiyuken 10

特製の「四代目ウスターソース」もかなり辛め。

Jiyuken 11

そこに卵の黄身を溶かしていくと、一気にマイルドな味になります。

Jiyuken 12

よく混ぜて食べる。美味い!

Jiyuken 13

あとがき

始めて食べるタイプのカレーでしたが、今までのカレーとはまた違った感覚で美味しくいただけました。

独特の雰囲気と美味しさがあるので、旅行などで訪れた際には行ってみると面白い場所だと思いますよ!

大阪難波 自由軒 難波本店

夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:カレーライス | 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

[グルメ]甘みのあるダシの肉吸いが胃に染み渡る「千とせ」in 大阪・難波

通天閣やグリコの看板など、”ザ・大阪”はどこにある?大阪観光初心者が歩いて確認してきた

⇒もっと 「大阪、関西グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック