2013年12月20日
生活用品

Hippopotamus 3

先日、結婚式の引き出物カタログギフトで注文した、本場・愛媛県今治市産の「ヒポポタマス」ブランドのタオル

タオルは最低限水分が取れればいいやくらいに思っていたのですが、使ってみるとこれまでのものと全然違う。フッカフカ。

新品時にフカフカでも安物のタオルは洗っていくうちにゴワゴワしてくるものですが、このヒポポタマスのタオルは十数回洗った今でも新品のときと変わらぬ手触りを保っています。これ、いいかも……。

日常生活でタオルを使わないという人はまずいないですし、老若男女誰からも喜ばれる万能なプレゼントとしてもグッド。

私も別途もう1枚追加で購入してしまうほど気に入りました!

ヒポポタマスのタオルってどんなタオル?

ヒポポタマスの公式サイトによると、

  • オーガニックコットンと再生竹繊維でつくられる
  • 風力発電で稼働する今治の工場で生産
  • 環境負荷を考え、重金属を含まない反応染料を使用。鮮やかな色合い
  • 国際的な安全性検査で最も厳しいクラスに合格
  • コットン100%のタオルに比べ吸水率1.7倍、体感では2〜3倍

とのこと。

ヒポポタマスは、一度使うと他のタオルが使えなくなると多くの方たちから評価をいただいている、小さな奇跡のタオルです。
HIPPOPOTAMUS ヒポポタマス | Conceptより)

『一度使うと他のタオルが使えなくなる』まさに私もそんな感覚です。

カバのマークが目印。肌触り抜群!

追加で購入したヒポポタマスのタオルが届きました。
梱包の袋にはカバのマーク。(ヒポポタマスとは英語でカバのこと)

Hippopotamus 1

もう1枚フカフカのタオルを増やしたくて、青のバスタオルを買いました。
タオルとしてはなかなかのお値段(  円)ですが、それでも欲しくなる魅力。

Hippopotamus 2

Hippopotamus!

Hippopotamus 3

こればっかりは言葉では伝わらないんですよね。ほんとにフカフカなんです。何回フカフカと言っているのか。
百貨店などでも販売しているようなので、一度触りに行ってみては。

Hippopotamus 4

だいぶゴワゴワになったけど特に破れてなかったタオルが数枚あったんですが、ヒポポタマスのタオルを使い出してからもう捨ててしまいましたもんね…。

この感触を知ってしまったらもう戻れんわ。

洗ってもフワフワさが変わらない!

最初に手に入れたヒポポタマスのタオルは20回ほど洗っていますが、今のところ肌触りの良さは変わらず。

Hippopotamus 6

これで顔を拭くと気持ちいいんですよねー。いやほんとに。

色鮮やかな一色染めで、使う人を選ばない

私は青好きなので青系の色を選ぶことが多いですが、他にもカシス、ピスタチオ、ローズなど色鮮やかなラインナップがあります。

Hippopotamus 5

参考:HIPPOPOTAMUS ヒポポタマス | Collection

あとがき

最初にも述べた通り、タオルは老若男女ほとんど誰にとってもなくてはならない、毎日使うもの。
その割に、どこかでもらってきたような安物をずっと使っている人も多いのではないでしょうか。

そのタオルをヒポポタマスに変えることで、日常が少し気持ち良く過ごせるかも。

それなりの値段はしますが、自分や家族のより快適な生活のためにはもちろん、大事な人への贈り物にもうってつけだと思いますよ!


私は楽天で買いましたが、その他直販ネットショップや百貨店などでも販売されているようです。

↓フェイスタオル

↓バスタオル

⇒もっと 「生活用品」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック