2012年12月24日
東京

Asakusa underground area 3

よく「古き良き時代」と言われるように、昔を懐かしく思い出したい気持ちというのは多くの人にあるもの。
(本当に良かったかどうかは別として。今を差し置いて「昔は良かった」と回想するのはあまり好きじゃないので)

各地で昭和の雰囲気を再現した街並みやお店、商品などがあったりもします。

そんな中、乗り換えのときにふらっと立ち寄った浅草で、作り物ではないガチの”昭和の雰囲気”を感じる地下街があったので、少し写真を撮ってきました!

なんだかわくわくして歩きたくなるような、不思議な空間でした。

今回紹介する場所「浅草地下商店街」は、東京でも最もセレブな「銀座」の名を冠する地下鉄銀座線と直結した場所にあります。
まさかこんなところにこんな場所があったとは。。。

Asakusa underground area 1

地下街に入ってから銀座線の方を見たところ。
看板を境にタイムスリップしたような感覚になります。

Asakusa underground area 2

そして、のっけからこのいい感じのお店。いやーこの雰囲気たまらん。
「こんな店によく行ってた」というほど歳取ってはいないんですが、なんなんでしょうねこの感じ。

Asakusa underground area 3

行ったのは金曜のお昼でしたが、けっこう閉まっている店が多かったです。
もうお店を畳んでしまったのか、時間や曜日的なものなのか。

Asakusa underground area 4

占い館から700円のヘアカット、タイやベトナムの料理店まで種々雑多な店が集まるカオスな空間。そして物価が東京どころか地方でもなかなか無いほど安い。

Asakusa underground area 5

文部科学省所管、認定鑑定士というマーヤさんもこの日(時間?)はお休みでした。

Asakusa underground area 6

さきほどとは別の銀座線との連結口。
通路に立ち食いそば屋さんが。

Asakusa underground area 7

タイ料理店行ってみたかったんですが、並んでいたので断念。
向かいのベトナム料理店は開店が「事情により」13:00からだったので入れず。平日で開店が13:00からて・・・フリーダムすぎる。

Asakusa underground area 8

Asakusa underground area 9

探検したくなるのは私だけでしょうか。

Asakusa underground area 10

端っこっぽいところにきたので折り返し。

Asakusa underground area 11

最初に見つけた「浅草やきそば 福ちゃん」に入ることにしました。
独特のシュールな雰囲気で人気のドラマ/マンガ「孤独のグルメ」を地で行っている気分。楽しい。

Asakusa underground area 12

注文したのは焼きそば350円に、トッピングで目玉焼き100円。しめて450円、安い。

孤独のグルメ風に字幕と音楽を入れたくなる写真です。

Asakusa underground area 13

目玉の部分は半熟。雰囲気も含めて美味しくいただきました。

Asakusa underground area 14

意外と知られていないかもしれないこの不思議な場所、浅草地下商店街。

首都圏在住の方はもちろん、観光や出張で浅草を訪れる方も、雷門や浅草寺ばかりでなくここにも足を運んでみてはいかがでしょうか。好きな人はかなり気に入る場所だと思いますよ!

[グルメ]世界のビールを最高の状態で!8時までは無料の料理も。「麦酒倶楽部ポパイ」in 東京・両国

[観光・旅行]写真でみる東京 第5回「東京タワー」

福岡-東京間の交通機関は、どれを選べばいい?飛行機・ツアー・新幹線など比較してみた

「地方都市に住み、定期的に東京に行く」という生活はどうでしょう?【現在実践中!】

⇒もっと 「東京」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック