【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

新しいVisa LINE Payカード(P+)は、コード支払いで月500ptまで5%還元。年会費永年無料!

LINEから、また新たなクレジットカードが登場しました。Visa LINE Payクレジットカード(P+)


これまでのVisa LINE Payカードは1%ポイント還元でしたが、今回の『P+』つきのVisa LINE Payカード(P+)は月間500ポイントまではなんと5%還元(コード支払いのみ)。

それ以降は0.5%と還元率が大きく落ちてしまいますが、月間500ポイントが獲得できる利用額1万円/月までは非常にお得なカードです。


5%還元の対象となるLINE Payコード支払いは、コンビニやドラッグストアなど多くのショップで利用可能。

お得になる利用額は限られますが、作っておいて損はないクレジットカードです!


Visa LINE Payクレジットカード(P+)の申し込み

Visa LINE Payクレジットカード(P+)を申し込むには、以下の公式ページから進めるのがもっとも手っ取り早い。

まぎらわしいですが、選ぶのはLINEクレカ(P+)のほうです。

9:00〜19:30までの申し込みで引き落とし口座の銀行が対応していれば、最短5分での即時発行が可能。

年会費は永年無料です。


LINEアプリからでもVisa LINE Payクレジットカード(P+)の申し込みができます。

下メニューの「ウォレット」から「チャージ」ボタンをタップし、LINE Payページの真ん中あたりにある「新登場 LINEクレカ(P+)」をタップして進めていけばOK。

LINEアプリからでもVisa LINE Payクレジットカード(P+)の申し込みができる

ホワイト、グリーン、オレンジ、ブラックの4色あるうち、私はLINEらしいグリーンを選びました。

コード決済(チャージ&ペイ)でしか5%還元されないので、いずれにしろカード自体を持ち歩くことはないでしょう。


Visa LINE Payクレジットカード(P+)グリーンのデザイン

私の場合は残念ながら即時発行の基準に満たなかったようなのですが、申し込みから1週間ほどでVisa LINE Payクレジットカード(P+)が手元に届きました。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)が手元に届いた

表に印字されている個人情報は姓名のみで、とてもシンプルなカード。VISAのタッチ決済も使えるようです。

表に印字されている個人情報は姓名のみで、とてもシンプルなカード

裏側にはクレジットカード番号、有効期限、セキュリティ番号が記載されているので人に見られないようご注意を。

裏側にはクレジットカード番号、有効期限、セキュリティ番号が記載されている


Visa LINE Payカード(P+)をチャージ&ペイに設定

Visa LINE Payカード(P+)をLINE Payのコード決済に登録する手順を紹介。


カードに同封されているチラシに記載のバーコードを読み込むか、LINEウォレットの設定から「クレジットカードの登録」をタップ。

手元に届いたLINE Payカードの情報を入力し、チャージ&ペイに設定します。

手元に届いたLINE Payカードの情報を入力し、チャージ&ペイに設定

無事にカードが登録できたようです。カードで獲得したポイントは登録したLINEアカウントに付与されるとのこと。

無事にカードが登録できた

LINEウォレットのアカウントからも、クレジットカードが登録されたとのメッセージが来ていました。

LINEウォレットのアカウントからもメッセージが来ていた


本当にちゃんと登録されているか確かめてみましょう。

LINEアプリの下メニュー「ウォレット」から「チャージ」→「カード情報」をタップ。

LINEアプリの下メニュー「ウォレット」から「チャージ」→「カード情報」をタップ

横にスワイプしていくと、「VISA LINE Payクレジットカード(P+)」と登録したカード番号が表示されるはず。大丈夫そうですね。

「VISA LINE Payクレジットカード(P+)」と登録したカード番号が表示される


LINE Payコード支払いで5%ポイントをもらうための注意事項

LINE Payコード決済に対応した店舗で確実に5%ポイントをもらうためには、支払い画面で「チャージ&ペイ +5%」のカードが選択されていることをチェックしておくのが確実。

具体的には、以下の部分に表示されるはずです。

LINE Payコード支払いで5%ポイントをもらうための注意事項

繰り返しになりますが、5%ポイント還元は月間利用額10,000円(500ポイント)まで

それ以降は0.5%と10分の1になってしまうので、多くの場合は他のカードや電子マネーを使った方がメリットが大きいでしょう。

高還元率にこだわる私のクレジットカード使い分け

Visa LINE Payカード(P+)まとめ

月500ポイントまでの上限はあるものの、年会費永年無料ですし5%還元はありがたい。

コンビニやドラッグストアなど、身の回りのLINE Payコード決済対応のお店で月10,000円をうまく使って回していくことで、地味ながら確実に得するカードです!


コンビニでポイント還元率高いおすすめのキャッシュレス決済は?SuicaやPayPay、QUICPay、クレジットカードを比較

コメントを残す