Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

LINEアプリのQRコード表示/読み取りは、アイコンを長押しすれば素早くできる!

LINEアプリを3D TouchしてすばやくQRコード表示

日本で今おそらく最も使われているメッセージ&通話アプリ、LINE

必然的に、新しく知り合った人とLINEを教え合う機会も増えてきます。


LINEで友だちを追加するには、

  1. SMS/E-mailでの招待
  2. ID/電話番号検索
  3. ふるふる
  4. QRコード

以上の4つの方法がありますが、IDや電話番号は入力が面倒、ふるふるはうまくいかない場合があったり不安定なこともあり、QRコードが最もよく使われているように思います。


ただ、このQRコード(もしくはQRコードリーダー)を画面に出力するまでが若干面倒。

LINEアプリを起動し、下メニューの「友だち」タブを選んで右上の友だち追加ボタンをタップ。
さらに友だち追加画面にてQRコードのところを選択する必要があります。

毎回LINEを交換する段になったら「えーっと、ちょっと待ってください」とこの手順を踏むのにモタモタしていたのですが、実はiPhoneの場合もっとサクッとLINEのQRコードを表示させる方法があるらしいんです。


iPhoneの3D Touch(触覚タッチ)機能を使い、LINEのQRコードをすばやく表示

今回紹介する手順は、ロケットニュースで紹介されていたもの。

そう、なんと iPhone のホーム画面で LINE のアイコンを長押しすると、「LINE を共有」「通知の一時停止」「QR コードリーダー」「コード決済」「新規トーク」の5つの機能のショートカットが表示されるのだ! なにこれ SUGEEEEEEEEE!!
【超便利】iPhoneユーザーに告ぐ! 今すぐ「LINEのアイコン」を長押ししてみろ!! これ知らないとマジで損だぞ! | ロケットニュース24

こちらの記事では「長押し」となっていますが、実際にはiPhoneの3D Touchという機能を利用するため、グッと強めに押し込むのが正解。
※iPhone 11以降に搭載されている「触覚タッチ」の場合は、長押しでOK


実際に、LINEのアプリアイコンをグッと押してみましょう。

iPhoneのLINEアプリアイコンをグッと強く押す(3D Touch)

すると、「新規トーク」「コード決済」「QRコードリーダー」「通知の一時停止」「LINEを共有」の5つのメニューが表示されます。
このうちの「QRコードリーダー」がLINEで連絡先交換するためのもの。

3D Touchで出てくるLINEのメニューのうち、QRコードリーダーを選択

あとは相手のQRコードを読み込むなり、自分のQRコードを表示させて読んでもらうなりするだけ。
LINEアプリを起動させて友だち追加を選んで…と進んでいくよりずっと簡単で早いのは明らか。

LINEのQRコードリーダー


ちなみにLINEのアプリアイコンを「長押し」すると、アプリの並べ替えや削除のモードになってしまいますので注意。

アイコンを長押しするとアプリ並べ替えモードに


3D Touch(触覚タッチ)機能はiPhone 6s以降で利用可能

3D Touchおよび触覚タッチに対応しているのは、iPhone 6s以降の機種。

iPhone SEならば第2世代以降なら使えます。


なお、iPhone 6s〜iPhone XSに搭載の3D Touchは「強く押し込み」、iPhone 11以降で使える触覚タッチは「長押し」という操作方法の違いがあります。機能はほぼ同じ。


通知の一時停止もなにげに便利

LINEアプリを3D Touchで表示されるメニューのうち、「通知の一時停止」も場合によっては便利なので、知っておくといいでしょう。

例えば仕事中や就寝中など、一時的にLINEの通知をオフにしてくれる機能です。


かんたんなLINEのQRコード表示/読み取り方法 まとめ

iPhoneの3D Touch(触覚タッチ)は正直あまり活用できていなかったんですが、こんな便利機能があったとは知らなかった。。。

LINEで連絡先を交換する際、ぜひご活用ください。

iPhoneで、LINEスタンプを友だちにプレゼントする方法 LINEで、特定の相手・グループのトーク通知をオフ(ミュート)する方法