【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

[Mac]外付けHDDのデータもTime Machineのバックアップ対象に含める方法

External hdd timemachine title
DIY Time Machine Wallpaper / FHKE

母艦として活躍していたiMacのデータを外付けハードディスクに移し、ノート+簡単に持ち歩けるHDDという態勢に移行しようとしています。

データのコピーが終わり、前モデルのMacBook Airに外付けHDDをつないで母艦にしようとしているのですが、1つ困ったのがTime Machineによるバックアップ設定


普通にバックアップしようとすると、デフォルトでは外付けHDDのデータはバックアップ対象外

設定をいじってみると意外と簡単に解決したので、その方法をシェア。


外付けハードディスクをTime Machineバックアップ対象にする手順

システム環境設定から「Time Machine」を開き、オプションをクリック。

External hdd timemachine 1

すると、外付けHDD(My Passport for Mac)がデフォルトではバックアップ対象から自動的に除外される設定になっています。
ここでマイナスボタンを押して、除外設定を削除しましょう。

External hdd timemachine 2

以上でOK!

この状態でバックアップを始めると、しっかりと外付けHDDも含めて保存してくれます。


Time Machineバックアップは別のディスクに取ろう

ちなみに、バックアップ先としては当然ですが別のストレージが必要。

同じディスク内にバックアップを取ってしまうと、そのディスクが壊れたらバックアップもろとも消えてしまうので意味がありませんからね。


私が現在利用しているのは、Seagateの4TBハードディスク

データ転送が高速なSSDと迷ったんですが、4TBのSSDだと5万以上するのでコスパで上記の製品を選びました。今のところ特に遅さも感じませんし、満足。

自分でバックアップ用の外付けHDDを探したいという方は、以下のリンクからどうぞ。

Mac用の外付けHDDをAmazonでさがす


あとがき

やってみると簡単ですが、意外と気付かない人も多い設定かもしれません。

外付けストレージもTimeMachineにバックアップしたい人は、ぜひやってみてください!


コメントを残す