【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

Apple Oneとは?料金や含まれるサービスなど詳しく紹介。加入すべきなのはApple Music+αを使いたい人

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

2020年10月31日にスタートしたAppleのサービス「Apple One(アップル ワン)」。料金は月額1,200円



かんたんに言うと、Apple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloud+(50GB)がセットになったサービスで、それぞれを個別に契約するよりも月額料金がかなり安くなります。

これらの4つのサービスをどれだけ利用しているか・利用したいかがApple Oneに登録するかどうかの判断基準になるでしょう。


このページでは、Apple Oneのサービス内容と料金の詳細加入すべきかの判断のしかたを紹介します。

Apple Oneに含まれるサービス

まず、Apple Oneに含まれるサービスの内容について確認しておきましょう。

Apple Music

Apple Oneに加入したユーザーは、Apple Musicの利用が可能。

Apple Musicは約1億曲と30,000以上のプレイリストが聴き放題となる音楽サービスで、料金は1ヶ月の無料トライアルが終了した後は月額1,080円(年額10,800円)。

家族6人まで無制限で使えるファミリープランなら、月額1,680円(年払いの設定はなし)。

Apple Music


Apple Oneの月額料金は1,200円なので、Apple Musicに加えてもうひとつApple Oneに含まれるサービスを使っているユーザーならそれだけで元が取れる計算になりますね。

Apple MusicをApple公式でチェックする

Apple TV+

Apple TV+は、動画のストリーミングサービス。

『Apple TV+』というサービス名ですが、Apple TVやApple製デバイス以外のパソコン、Androidスマホ、Fire TV等でも視聴可能。


話題のドラマやアニメ、旧作から新作まで数多くの映画なども取り揃えるNetflixやAmazonプライムビデオなどに比べると、知名度が低めでコンテンツ数も多くはない。

一方で、ここでしか見られないApple TV+オリジナルのコンテンツが配信されているので、その中で観てみたいものがあれば加入を検討するのもあり。

個人的には現在一部で話題になっている映画「テトリス」が面白そうで気になっているところ。


Apple TV+の無料トライアルは7日間で、その後の料金は月額900円となっています。

Apple Arcade

Apple Arcadeは、200以上のゲームアプリが遊び放題となるサービス。

Apple Arcaceに配信されているゲームには広告や追加課金がないので、月額600円でいくらでもプレイすることができます。無料トライアルは1ヶ月。


2023年4月現在のラインナップをみる限り欧米のアプリゲームが多い印象で、日本人になじみのあるゲームは正直言って少ない。

私が知っていたのはAngry Birds、パックマンとギャラガのリメイク版くらいでしょうか。


日本のユーザーの多くにとっては、あまりこのApple ArcadeはApple One登録の動機にはなりにくいかもしれません。

iCloud+(50GB)

Apple Oneには、iPhone・iPadのバックアップや同期、写真や動画の保存に使えるクラウドストレージ・iCloudが50GBついてきます。

iCloud 50GBの料金は通常月額130円

iPhoneユーザーにとってiCloudバックアップは必須といってもいいので、Apple OneにiCloudストレージがついてくるのは嬉しいポイント。


50GBと使える容量はそれほど多くないので、足りない人もいるかもしれません。

ですがもっと保存容量が必要な場合は別途購入して追加することができるので、無駄にはならないはず。

Q. iCloudストレージの容量がもっと欲しい場合は?

A. 必要なiCloudのストレージプランを別に購入して、あなたのApple Oneのプランに含まれている容量に追加できます。
Apple One – Apple(日本)


なお、Apple OneファミリープランについてくるiCloudは200GBと大きめになっています。


Apple Oneの料金は?加入すべきかの判断基準

Apple Oneの料金は、個人プランなら月額1,200円。最大5人まで使えるファミリープランの場合は月額1,980円

この料金を払ってApple Oneに加入すべきなのかは、Apple Oneに含まれるサービスのうち本当に使いたいものがどれか、によって変わります。


Apple OneおよびApple Oneに含まれる4つのサービスの月額料金を表で確認してみましょう。

【Apple One料金】

個人 ファミリー 無料体験
Apple One 1,200円 1,980円 1ヶ月
(未利用サービスのみ)


【Apple Oneに含まれるサービス個別の料金】

個人 ファミリー 無料体験
Apple Music 1,080円 1,680円 1ヶ月
Apple TV+ 900円 900円 7日間
Apple Arcade 600円 600円 1ヶ月
iCloud 130円
(50GB)
400円
(200GB)
なし
合計 2,710円 3,580円


Apple Oneの4つのサービス個別の料金を合計すると、個人だと月額2,710円、ファミリープランなら月額3,580円。

なので、Apple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloudのすべてを利用したいユーザーにとっては、Apple Oneに加入した方がはるかにお得になります。この場合はメリットが大きい。


……ですが、そんな人はまずいないはず。

個人・ファミリープランともにApple Musicともうひとつサービスを利用するだけでApple Oneの料金を超えるので、Apple Oneの方が得な計算になります。

※例外として、Apple Music個人プランを年払い(10,800円)にした場合は1ヶ月あたり900円となるので、iCloud 50GB(130円)との合算でもApple One月額料金より安くなる


なお、Apple Oneには年払いプランはありません。月額プランのみ。


Apple Oneに加入する方法

Apple Oneに加入する方法はいくつかありますが、ここでは代表的なものを紹介。

iPhone・iPadの場合

iPhoneやiPadからApple Oneに加入したい場合、App Storeアプリを開いて右上の人型アイコンをタップ。
アカウントメニューから「サブスクリプション」を選びます。

iPhone・iPadでApple Oneに加入する手順

サブスクリプションを下にスクロールしていくと、オプションでApple Oneが表示されているはず。ここから登録できます。

サブスクリプションを下にスクロールしていくと、オプションでApple Oneが表示されている


なお、以下のボタンをタップすると一発でApple Oneの申し込みページに飛べます。こちらからでもOK。

Macの場合

Macの場合は、システム環境設定の左メニューにあるApple IDから「メディアと購入」をクリック。

MacでApple Oneに加入する手順

サブスクリプションの「管理」ボタンをクリック。

サブスクリプションの「管理」ボタンをクリック

Apple Oneが表示されるはずなので、「今すぐ開始」リンクを選択すれば登録画面にいけます。

Apple Oneが表示されるはずなので、「今すぐ開始」リンクを選択すれば登録画面にいける


Apple One まとめ

特にApple Musicを利用しているユーザーであればお得になるパターンが多いので、チェックしてみる価値があるでしょう。

とりあえず1ヶ月の無料体験期間でApple TV+オリジナル映画やApple Arcadeのゲームを試してみるのもいいかも。


Apple One

Apple OneをApple公式でチェック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA