福岡でワークスペースを探しているなら、設備充実のWeWork 大名がおすすめ

熊本・南阿蘇の高森町にある「上色見熊野座神社」は、幻想的で荘厳な雰囲気の穴場撮影スポット

熊本・南阿蘇の高森町にある「上色見熊野座神社」

阿蘇を旅行するときに近くを何度も通ったことはあるものの、未訪問のままだった上色見熊野座神社

以下のツイートがバズったりなどで一時話題にはなったりしたものの、まだまだ穴場スポットといっていい場所です。

ちなみに、「上色見熊野座神社」は「かみしきみくまのざじんじゃ」ではなく「かみしきみくまのいますじんじゃ」と読むらしい。


上のツイートでわかるように、曇りや雨の日の方が映えるというちょっと変わったところ。

私が行ったときは残念ながら(?)晴天だったものの、それでも鬱蒼とした木々と苔生した灯籠の間を縫うように続く参道は雰囲気抜群。

南阿蘇地方に旅行するときには、ぜひ訪れてみてほしいスポットの1つです。


「上色見熊野座神社」鬱蒼とした木々と苔生す灯籠の間を歩く

上色見熊野座神社があるのは、阿蘇山の南東側。

タイトルには南阿蘇と書いていますが、正確には阿蘇郡高森町というところにあります。

神社を目指してきてもすぐに気付くとは思いますが、車で行く場合は以下の無料駐車場を目指してくるとよいでしょう。
かなりの台数が駐められるスペースがあったので、よほどのピーク時でなければ空いているはず。

国道に面したところに、上色見熊野座神社の入口があります。色見郵便局の向かい。

国道に面したところに、上色見熊野座神社の参道入口がある

狛犬の間を通り、灯籠と鬱蒼とした木々がならぶ参道へ。

狛犬の間を通り、灯籠と鬱蒼とした木々がならぶ参道へ

天気が良い日でも、樹木に遮られてかなり薄暗い道のり。

天気が良い日でも、樹木に遮られてかなり薄暗い道のり

周囲の木々はいずれも背が高く、葉っぱは上の方にのみ生い茂っているものばかり。
これが独特の景観を作り出しています。

周囲の木々はいずれも背が高く、葉っぱは上の方にのみ生い茂っているものばかり

参道途中の左手には手水舎……というより手水場。手を洗って先に進みましょう。

参道途中の左手には手水場

苔生した灯籠がいい味出してるんですよね。

苔生した灯籠がいい味出してる

途中には、木の根が露出している場所も。雨の日は階段自体も滑りやすいので、つまづいたり転んだりしないようにご注意ください。

途中には、道に木の根が露出している場所も

後ろを振り返ったときの景色も、また風情がある。

後ろを振り返った景色も、また風情がある

木々と鳥居、灯籠が織りなす本殿前の眺めは、ぜひ見てほしい

しばらく来たところで、鳥居が出現しました。入り口に続いて2つ目。まるで灯籠に守られているように見えます。

しばらく来たところで、鳥居が出現

このあたりがおそらく上色見熊野座神社で一番の撮影スポットなので、いい写真を撮りたい方は念入りに。
鳥居の中に本殿が見えるアングルもおすすめです。

このあたりがおそらく上色見熊野座神社で一番の撮影スポット

鳥居をくぐると、いよいよ本殿が見えてきます。ラストスパートとばかりに灯籠の密度もグッと上がる。

鳥居をくぐると、いよいよ本殿が見えてきます

本殿に到着。人はおらず、何の変哲もないおみくじがある程度のシンプルな建屋。
しっかりと参拝をして、帰路につきます。

人はおらず、何の変哲もないおみくじがある程度のシンプルな建屋

この本殿のさらに奥には、鬼八法師が蹴破ったといわれる大風穴「穿戸岩(うげといわ)」があるらしい。

訪問当時そのことを知らず、そのまま引き返してしまいました。次回はそっちも見に行かなければ。


帰り道。本殿前の参道は、とくに灯籠がずらりと並んでいて映える撮影アングル。

本殿前の参道は、とくに灯籠がずらりと並んでいて映える

いわゆるパワースポット的な場所でもありますね。

いわゆるパワースポット的な場所

あとがき

写真だけだと長い道のりのように見えますが、実際は写真を撮りながらでも往復30分くらいのコース。
周囲にはよい温泉や宿、観光スポットがたくさんあるし、絶景ドライブも楽しめるのでその旅程に組み込んでもいいですね。

天気が悪いほどいい写真が撮れるので、少し残念な天気でも楽しめるのもいい。


幻想的な雰囲気の中、綺麗な写真が撮れるアングルを探しつつ参拝するのは楽しいですよ!

↓福岡からはじまる、九州旅行2泊3日プランを組んでみた

【Go Toトラベル対応】福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみた。食・温泉・観光どれも豊富な九州へぜひ!

↓国内旅行を安く済ませたいなら要チェック

【Go Toトラベル対応】国内旅行に安く行くために調べるべきオススメ予約サイト

コメントを残す