日本三大稲荷の1つ「祐徳稲荷神社」佐賀県にこんなカッコイイ神社があったなんて…

見れば見るほど凛々しい本殿

先日、佐賀旅行を計画していたときのこと。

せっかくだから宿周辺の観光地をいろいろ回ってみようとリサーチしてみたところ、たまたま発見したのが「祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)」。

伏見稲荷大社(京都)、笠間稲荷神社(茨城)とならぶ日本三大稲荷の1つで、写真を見る限りかなり立派なたたずまい。

↓伏見稲荷大社を訪れたときのレポート

無数に立ち並ぶ真っ赤な"千本鳥居"が印象的な、京都の「伏見稲荷大社」

2017.02.06
続きを読む

恥ずかしながら、長崎出身で福岡在住なのにも関わらずこのとき始めて存在を知りました。すまんやで。。。

日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達しています。御本殿、御神楽殿、樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は、鎮西日光と称され、観光ルートの上にも一異彩を放っています。
祐徳稲荷神社について | 祐徳稲荷神社


緑の木々をバックにそびえる赤く大きな社はとても幻想的で、端的に言えばとにかくカッコイイ。

敷地内には日本庭園があり、私が訪れたときは牡丹(ぼたん)が綺麗に咲いていました。
向かいには出土した宝物や資料などを展示する祐徳博物館があり、その周りの東山公園の花々もとても美しい。


佐賀県の人、もっとこの神社アピールしたらいいのに!と思ってしまうくらいに良いところでした。
※現時点でも九州第2位の参拝者数を誇る神社なので、ただ私が知らなかっただけ説が濃厚


緑の木々に赤の本殿が映える、祐徳稲荷神社

到着するなり、その想像以上の規模に驚かされる。祐徳稲荷神社ってこんなに立派な神社だったのか……!

祐徳稲荷神社エントランス

神社の向かい、駐車場横にはつつじの咲く東山公園。

駐車場横にはつつじの咲く東山公園

伏見稲荷と同じように、本殿周りだけでなく山頂近くの奥の院まで広大な敷地を有しているようです。

山頂近くの奥の院まで広大な敷地を有している

石でできた鳥居をくぐり、奥へと進む。

石でできた鳥居をくぐり、奥へ

すると、木々に囲まれた本殿が姿を現しました。緑の木々に鮮やかな赤が映える。

木々に囲まれた本殿が姿を現した

こちらも大変立派な楼門。海外からのツアー観光客もたくさん。

大変立派な楼門

京都の清水寺のように、木材が組んであって本殿は高いところにあるタイプの神社。眺めも良さそう。

木材が組んであって本殿は高いところにあるタイプの神社

正面から。1949年(昭和24年)に火事で焼失したものを、1957年(昭和32年)に再建したものが今の本殿とのこと。
手入れが行き届いているのか、60年経っているとは思えない美しさ。

手入れが行き届いているのか、60年経っているとは思えない美しさ

まずは御神楽殿に参拝し、本殿へと上ってみることに。

まずは御神楽殿に参拝

見れば見るほど凛々しい本殿だなあ。

見れば見るほど凛々しい本殿

117段の階段を上っていきます。途中にはもみじもあり、秋に来るのもきっと綺麗なんだろうなと想像させます。

117段の階段を上る

こちらが、色鮮やかな彩色が施された本殿。

色鮮やかな彩色が施された本殿

二礼二拍手一礼しておきました。

二礼二拍手一礼しておきました

高いところにある本殿からは、祐徳稲荷神社の建物群や東山公園の花々が一望できます。よい眺め。

祐徳稲荷神社の建物群や東山公園の花々が一望できる

降りてから気付いたんですが、本殿に行く手段として階段のほかにやたらと近代的なエレベーターが併設されていました。
料金が300円必要な一方で、オリジナルの開運おみくじが記念にもらえるらしい。

他には量産型のおみくじしか見当たらなかったので引かなかったんですが(神社オリジナルおみくじ原理主義者なので)、まさかエレベーターに乗るともらえるシステムとは盲点だった。。。

本殿横からは奥の院へ続く道。連なる鳥居も面白い

本殿の横からは、さらに山頂の奥の院へと続く道のりが。山道を300mほど行ったところにあるらしい。

本殿の横からは、さらに山頂の奥の院へと続く道のり

伏見稲荷大社ほどではありませんが、赤い鳥居が連なる道は通るだけで楽しい。

赤い鳥居が連なる道は通るだけで楽しい

赤い鳥居が連なる道は通るだけで楽しい2

年季の入った鳥居がいい味出してます。

年季の入った鳥居がいい味出してます

この後の予定もあったので奥の院への参拝はやめておきましたが、時間のある方はぜひ。

日本庭園では四季折々の花が楽しめる

祐徳稲荷神社の日本庭園では、風情ある庭園や四季折々の草花が楽しめます。入園料は200円。

祐徳稲荷神社の日本庭園

私が訪れたときは、ちょうど見頃の牡丹が多く展示されていました。

牡丹が多く展示されていた

白、ピンク、赤と色鮮やかで美しい。

色鮮やかで美しい牡丹(白)

色鮮やかで美しい牡丹(ピンク)

色鮮やかで美しい牡丹(赤)

入園時は「え、入園料いるの?」と思いましたが、十分その価値はあるクオリティでした。

あとがき

佐賀県の中でも長崎寄りにあるので、佐賀・長崎旅行するなら立ち寄る選択肢の1つに加えるのをオススメします。
嬉野温泉や武雄温泉からも近いですよ。

↓九州旅行楽しいよ

福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみた。食・温泉・観光どれも豊富な九州へぜひ!

2018.12.19
続きを読む

↓嬉野温泉でオススメの宿の1つ「和楽園」

お茶が香る温泉旅館「和楽園」嬉野の名物、温泉・お茶・溶ける湯どうふを満喫してリラックスできる宿。

2018.02.02
続きを読む
施設名 祐徳稲荷神社
電話番号 0954-62-2151
住所 佐賀県鹿島市古枝乙1855
Web 公式:祐徳稲荷神社

※上記は記事掲載時の情報です。公式HP等で必ずご確認ください