チェコの世界遺産「レドニツェ城」「ヴァルチツェ城」は、まるでRPGの旅立ちの(ラスボスの?)城のようなファンタジー感

チェコの世界遺産、レドニツェ城とヴァルチツェ城

チェコはだいたい北海道ほどの広さ、人口は日本の1/10以下の約1,055万人程度。

その小さな国の中に、なんと12もの世界文化遺産が点在しています。
(ちなみに日本の世界文化遺産は16ヶ所)


今回紹介するレドニツェ城ヴァルチツェ城も、「レドニツェとヴァルチツェの文化的景観」として共に世界遺産に登録されている場所。

以前紹介した要塞都市ロケットの城とはまた全然違い、この地を支配していたリヒテンシュタイン家の邸宅や別荘として利用されていた城なので、外観や内装がとても美しい。

まさにファンタジーの世界で、ゲーム脳な私にはRPGの始まりの(もしくはラスボスの?)城が現実に現れたようでテンション上がらずにはいられませんでした…!


おとぎ話の世界から出てきたような「ヴァルチツェ城」

先にやってきたのは、ヴァルチツェ城(Valtice Chateau)

車を降りた瞬間に息を飲む美しさの城が目に飛び込んできました。これはすごい…!
もともと14世紀に建てられたもので、18世紀頃に今に形を残す後期バロック様式に改修されたとのこと。

映画やゲーム、物語の世界からそのまま出てきたような外観。

RPGだったらこの左右の石像から謎かけされたり、襲ってきたりするで…間違いない……!
たぶん左側は魔法攻撃、右側は物理攻撃が強力なはず。

旅の拠点となる城、もしくはラスボスが住む城を彷彿とさせる面構え。
…とゲーム脳の私はそういう印象を受けるのですが、人によって映画、物語、アニメ、歴史など思い浮かぶものは違うのでしょう。

内部は見学可能になっています。早速入ってみましょう。

こちらは、当時使われていたお風呂。こんな大きめのクローゼットみたいなとこに設置されたとは。

内部は、思いのほか今とそれほど変わらない様子。若干改装されたりもしてるのかも?

多くの部屋には豪華なシャンデリアと、写実的で繊細な絵画が飾られています。

ドアは一直線に並んでおり、全て開いていると奥行きがすごい。

こちらは食事を取る部屋。奥に見えるのはセラミック製のストーブ。暖房機器まで美しく装飾し全体の雰囲気に調和するようつくられています。

過ぎた年月を感じさせるピアノ。

男性用のゲームルーム。

シャンデリアがメカジキ!調度品としてはいいけど、これちゃんと光るのか…?

こちらは喫煙ルーム。今でこそ喫煙所は小さな密閉した箱のような部屋になりがちですが(私もタバコ嫌いなのでそれには賛成ですが)、当時は広く市民権を得ていたんですね。こんな豪華な部屋でスパスパ吸っていたのか…。
ところどころアジアの家具や皿などが飾られていますが、当時は中国や日本の調度品が高級品として珍重されていたとのこと。

ガイドさんの話を耳を傾けつつ当時に思いを馳せるもよし、ただただその美しさ豪華さを感じるままに楽しむもよし。

一度は訪れてみてほしい場所の1つになりました。

リヒテンシュタイン家の夏の別荘「レドニツェ城」

さきほどのヴァルチツェ城は、この一帯を長い間支配していたリヒテンシュタイン家の邸宅。

そして次に訪れたレドニツェ城は、同じくリヒテンシュタイン家に夏の間の別荘として使われていたお城です。

ネオゴシック様式の建築で、ヴァルチツェ城とはまた違った趣のある外観。

青い空に白亜の城が映える。

目の前の庭園はフランス式で、見頃には鮮やかな花が咲き乱れます。

訪れたのは5月、まだちょっと早すぎたかな?

おすすめの撮影スポットがあるとのことで、城や庭園を見て回りながらその場所へ向かいます。

途中の建物や森、全ての景色が絵になる。

レドニツェの庭園(公園?)はめちゃくちゃ広く、その撮影スポットに行くだけでも15〜20分ほど歩きます。

途中にはボート乗り場と併設のカフェまで。暖かい日に庭園をのんびり散歩して、カフェでチェコビールなんて最高じゃあないですか。

そしてここが、撮影スポットからレドニツェ城を撮ったもの。手前に流れる川と、庭園の緑の中にそびえ立つ城の風景がとても印象的です。
涼しげでもあり、ここを夏用の邸宅として使っていたというのも納得。

庭園はまだまだ続いており、奥にはイスラム建築の一種であるムーア様式で建てられたミナレット(イスラム教の塔)が。
今は展望所として使われているそうですが、たどり着くまでに相当距離があるとのことで今回は遠くから眺めるだけで我慢。



この日レドニツェ城は休館日で中には入れないはずだったのですが、チェコ政府観光局さんの働きかけで特別に少しだけ見せてもらえることに!

鹿大好きの昔のチェコ人、この城にもハンティングした鹿の角がずらりと飾られています。

これがネオゴシック建築の特徴なのか、調度品はもちろんのこと壁や階段に至るまで、手の込んだ複雑なデザインが施されています。豪華絢爛。
共産主義時代に一度廃墟のようになっていたのですが、その後当時のものを回収するなどして現在の形にまで改修することができたとのこと。
チェコは本当に「共産主義時代に一度破壊され、その後の努力で改修し当時を再現」したものが多すぎる。若年層を中心にほとんどの人が共産主義時代を嫌悪しているのも当たり前なのかもしれません。

この一見壁のようなドアを使って、

ショートカット!

青い壁紙に、オーク材を使った螺旋階段が印象的な部屋。
夏用の別荘だからから、この前に見たヴァルチツェ城よりも涼しげな寒色を使うよう考慮されているのかも。

なんと一本の木から削り出したという、艶めかしい曲線を描く階段。

この時代の本棚は雰囲気がありますよね。

隣のリビングらしき部屋も、青系の色が効果的に使用されたクールで豪華な部屋。

当時の高級品であるガイドさん曰く日本製の壺も飾られています。
「見学に来た日本人は『これ、日本っぽくない。中国製じゃない?』と言うが、よくわからないわ」とのこと。実際見てみましたが確かに中国っぽいような、でも日本にもありそうな。わざわざ鑑定するのも野暮というものかもしれませんね。

打って変わって、途中に赤をメインカラーとした部屋もありました。

イタリア製ベネチアンガラスのシャンデリアが美しい部屋。こんなところでゆっくり紅茶でも飲みながら他愛もない話を繰り広げてみたいものです。

レドニツェ・ヴァルチツェの基本情報とアクセス

最後に、レドニツェ・ヴァルチツェの基本情報とアクセスを確認しておきましょう。

Czech Republic - レドニツェ=ヴァルチツェ地区
レドニツェ=ヴァルチツェ地区 - レドニツェ=ヴァルチツェ地区~文化財をめぐってワインの里をサイクリング

▼ 場所、アクセス

・レドニツェ

チェコ南東部、ミクロフの東でヴァルチツェの北。

車でブルノから約45分、ウィーンから約75分、プラハから約2時間40分

・ヴァルチツェ

チェコ南東部、オーストリアとの国境に位置。

ミクロフの南東、レドニツェの南側。

車でブルノから約50分、ウィーンから約70分、プラハから約2時間40分

▼ 主な見どころ(◎はこの記事で紹介している場所)

◎レドニツェ城

Czech Republic - レドニツェ城館
レドニツェ城館 - レドニツェ城館では、壮麗で素晴らしいホール、公爵のプライベートルームや王子の子供部屋、それに怪物が出る洞窟を見ることができます!

◎ヴァルチツェ城

Czech Republic - ヴァルチツェ城館
ヴァルチツェ城館 - レドニツェ=ヴァルチツェ地区にあるヴァルチツェ市はワインの首都と呼ばれています。豪華な城館のワイン貯蔵庫で、ワインの味見ができます!

△レドニツェ城庭園のミナレット(展望所)

Czech Republic - レドニツェ城館の公園のミナレット
レドニツェ城館の公園のミナレット - おとぎ話に出てくるようなレドニツェ=ヴァルチツェ地区の真ん中に出現するめずらしいもの~ムーア様式で建てられた展望台ミナレット。

▼ 近隣の観光地

・ミクロフ

チェコ南東部・ミクロフの聖なる丘の上で、美しい城と街を一望する。人もまだまだ少ない観光の穴場だぞ

2017.06.16

・ソンベルクのワイナリー

あとがき

レドニツェ城やヴァルチツェ城での滞在は、まさに物語の世界にいるような不思議な空間でした。
それほど混んでもいないので、のんびり見て回れるのも嬉しい。

ただただ目に入るものを感じるだけでももちろん楽しめますし、チェコの歴史を勉強してから行けば感じるものもより多くなるでしょう。

チェコやオーストリア・ウィーンあたりに旅行する際の選択肢として、おすすめできる場所です!


当ツアーには、チェコ政府観光局のスポンサードにより交通・宿泊・ツアー費を出してもらい参加しました。
ただ執筆料はいただいておらず書く内容についての制約もないため、当ブログの方針によりPRタグはつけておりません。

チェコで撮ったベストショットまとめ↓

ただただ美しい。中央ヨーロッパの国・チェコで撮影したベストショット18選

2017.05.27

海外旅行を安く予約するために私がいつも調べているサイトはこれ↓

海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

2013.09.05

しょっちゅう旅をしている私が選ぶ、厳選お役立ち旅行グッズまとめはこちら↓

旅慣れた私が旅行のときに持っていく便利グッズまとめ。国内でも海外でも、これだけあれば大丈夫!

2017.04.27

チェコでの通信手段にお悩みの方はグローバルWi-Fi(レンタルモバイルルーター)なんてどうでしょう?↓

チェコでの通信にグローバルWi-Fiを利用。到着してすぐスマートフォンが使える安心感!

2017.06.04

チェコはダントツで世界一ビールを飲む国!なのでチェコで飲んだ美味しいビール(と料理)を振り返ってみる

2017.06.11

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら