2014年4月6日
Webサービス

Minikura 1
minikura公式ページより)

先日、ふと小耳に挟んだ便利そうなサービス「minikura(ミニクラ)」。

なんでも、ダンボールに詰めて送るだけで荷物を預かってくれる上に、プランによっては中のアイテムを1つ1つ撮影してWeb上やアプリで管理できたりまでするらしいのです。
しかも料金は月額200円からと格安。

トランクルームだと安くても数千円はしますし、取り出したり預けに行くのも面倒。
そう考えるとこのサービスはかなり安価ですし、使いようによってはめちゃ便利なんじゃないだろうか。。。

と思ってちょっと調べてみましたのでご紹介。用途によっては相当使えそうなサービスですよ!

月額200円からダンボール一箱まるっと預けられる「minikura」

minikura|月額200円の収納スペースminikura

minikuraの仕組みはとても簡単。申し込むと送られてくるキット(ダンボール)に預けたいものを詰めて、送り返すだけ。

Minikura 1
minikura公式ページより)

これ以上ないシンプルさです。

アイテム撮影やワインセラー、ヤフオク出品などのプランも

Minikura title
minikura公式ページより)

最も安価なプランは、箱をそのまま預けるだけの「minikura HAKO(月額200円)」。

月あたりプラス50円出せば、中に入れたアイテムを30点まで撮影し、Webサイトやアプリ上でその写真を確認できる「minikura MONO(月額250円)」を利用できます。

中身をあまり見られたくない場合やとにかく詰め込みたい場合は前者、季節外れの服など後でいつでもチェックできる状態にしたい場合は後者、といった使い分けができそう。


その他、ワインに特化した「minikura HAKO -wine-(月額630円、ボトル撮影なし)」や「minikura MONO -wine-(月額750円、ボトル撮影あり)」、衣類に特化&クリーニングをセットにした「minikuraクリーニングパック(9,000円)」といったプランがあるようです。

さらに、ヤフオクへminikuraから直接出品・送付できるサービスまであるらしい。

詳細は以下のページをどうぞ。

なお、いずれもキットの代金がプラス1ヶ月分(例えば月額200円のminikura HAKOプランなら、キット代200円)かかります。

荷物を「クラウド化」できる

このサービスを使えば、荷物を言わば「クラウド化」できるんですよね。

普段使わない服やモノを全部預けておいて、必要なときだけ取り出す。
いつも持ち歩くもの・家に置いておきたいものだけが身の回りにある、そんな生活が可能になります。

荷物がたくさんあっても、狭い部屋でやりくりできそう。
転勤の多い方や、引っ越し時のクッションとしても使えそうですね。


なお、minikuraのホームページによると「創業60年、あずかるクオリティが違います」という文言の通り老舗の倉庫業者「寺田倉庫」さんが運営されているようなので、荷物の安全や保管体制については安心してよさそうです。

というか、そんな伝統ある企業がこんなサービスを思いつき、実際に運営しているのがすごいなあ…。

あとがき

用途にハマる人にはめっちゃハマる、いろんな使い方ができそうな「minikura」。

私は今のところ家に荷物がちゃんと収まっているのでまだ大丈夫ですが、この先お世話になることもありそうです。

知っておいて損はないサービスだと思いますよ!

minikura|月額200円の収納スペースminikura

関連記事は以下から。

ネット宅配DVD/CDレンタルのDMMで”1年以上”料金が安くなるキャンペーン中&1ヶ月無料。自宅に届きポストに返却がめちゃ楽!

コンビニがプリンター代わりになる!セブンネットプリントの利用手順

⇒もっと 「Webサービス」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック