2013年9月25日
生活の知恵

郵便局留

どうも。東京に長期滞在中の@ushigyuです。

旅行・遠征先に長く留まる場合に困るのが、郵便が受け取れないこと。

ホテルで受け取ってくれることもなくはないですが、あまりアテにはできません。


そんなときに便利なのが、「郵便局留」で送ってもらうこと。

受け取りたい郵便局を指定して送ってもらうことで、受取側は送付側に住所を教えなくても送れますし、郵便局さえあればどこでも受け取れます。

覚えておくとどこかで役に立つかもしれませんよ!

郵便局留のメリットと用途

郵便局のホームページでの郵便局留の説明は以下の通り。

上記によると、メリットは・・・

・全国約24,000局の郵便局で受け取り可能

・利用手続きや手数料不要

用途もいろいろ。

・旅行先、勤務先の近く、最寄り駅の近くなどで受け取れる

・女性の一人暮らしなどでも、対面して受け取らなくてよい

・住所を相手に伝える必要がない

郵便局留を使う方法

① どこの郵便局で受け渡しをするか決める

荷物の受け渡しに都合の良い場所にある郵便局を探しましょう。

以下のページなどで探しても良いですね。

② (送付側)荷物を郵便局へ送る

届けたい荷物を郵便局宛てに送りましょう。

送付先郵便局の郵便番号、郵便局名、及び送る相手の氏名を書いておけばOKです。
(詳細はこちらを参考に。受取人の住所も必要と書いてあるが、なくても届くので問題なし)

③(受取側)郵便局で荷物を受け取る

受け取りたい荷物を郵便局に取りに行きます。
特に郵便局から通知などは来ないため、自分で確認しにいってください。

また、身分証明書の提示も必要なので持って行きましょう。


以上です!

あとがき

ホテルでの長期滞在時や、住所を教えたくない相手とのやりとりなどにご活用ください!

⇒もっと 「生活の知恵」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック