実は熊本が発祥!大正時代に開発されたふりかけの元祖「御飯の友」

Gohanno tomo 1

どうも。九州の食の伝道師@ushigyuです。

九州の食べ物を不定期に紹介している当ブログですが、今回は「御飯の友」というふりかけをご紹介。

このふりかけを作っている会社は熊本にある会社なのですが、実はこの御飯の友がふりかけの元祖なのです。

[note]大正時代の初期、日本人にカルシウムが不足していた最中、熊本の薬剤師吉丸末吉が、カルシウムを補うため、魚の骨を粉にして御飯にかけて食べるという、まったく単純な発想にたどりつき「御飯の友」を開発した。
(中略)
業界団体「全国ふりかけ協会」がふりかけのルーツとして公認している商品
御飯の友 – Wikipedia)[/note]

最初に作られたのは大正時代の初期(約100年前)で、日本人のカルシウム不足を憂いて発想されたらしい。

確かに、ふりかけの形なら魚嫌いの子供でも抵抗なく食べられそうです。

私もこの話を聞くまでこの話を知らなかったので、早速買って来てレビューしてみることにしました!


こちらが、「御飯の友」のパッケージ。
普段はオレンジと紫ですが、現在(2012/11)は熊本で売り出し中の人気ゆるキャラ「くまもん」が登場しています。

Gohanno tomo 1

「サプライズキャラクター」の意味はわからない。
(追記:これは「くまもとサプライズ」というキャンペーンのキャラクターがくまもん、という意味らしいです。指摘ありがとうございます。)

Gohanno tomo 2

裏面。

Gohanno tomo 3

主原料がいりこなのが特徴です。
作っているのは熊本の「フタバ」という会社。

Gohanno tomo 4

普通にご飯にふりかける以外にも、いろんな使い方があるようです。

Gohanno tomo 5

炊きたてのご飯と一緒に、いただきます!

Gohanno tomo 6

素朴でシンプルなふりかけの味。炊きたてご飯と絶妙なコンビネーションです。美味い!


ご飯のお供というと漬物や明太子、佃煮などいろいろありますが、最もシンプルなのがふりかけでしょう。

大正時代から続く元祖、ロングセラーの「御飯の友」。
全国的に販売されているかどうかはわからないのですが、買い物のときにでもぜひ探してみてください!

やっぱりこの味!「うまかっちゃん」九州トップシェアのインスタント袋ラーメン!
九州定番のアイス「ブラックモンブラン」関東・関西の一部でも販売中らしい!
九州・宮崎発、全国にある…はずの乳性炭酸飲料「愛のスコール」知ってますか?
生麺に近く、安くてヘルシーな九州発インスタントラーメン「マルタイ棒ラーメン」

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら