[Mac]同じ文字の連続入力やカーソル移動を爆速にする方法(Karabinerによるキーリピートの時間短縮)

Accelerate consecutive input and moving cursor title

どうも。Macユーザー歴3年目のうしぎゅう(@ushigyu)です。

今回は、フリーソフトを使って同じ文字の連続入力(キーリピート)や、矢印ボタンによるカーソル移動の速度をアップさせる方法をご紹介。

BackSpace(delete)のスピードも速くなるので、Mac標準の設定では入力・削除のスピードが物足りないという人にオススメです。


Mac標準の設定だと限界あり

Mac標準のキーリピート(同じ文字の連続入力)設定は、システム環境設定の「キーボード」から設定できます。

以下の「キーのリピート」が連続入力のスピード、「リピート入力認識までの時間」が、押しっぱなしにしたときに連続入力が始まるまでの時間です。

Accelerate consecutive input and moving cursor 1

ですが、この設定で最速にしても個人的にはスピードが物足りませんでした。

そこで、前回の記事「JISとUSキーボードの違いと、乗り換える際に最低限やっておくべき2つの設定」でも使った「KeyRemap4MacBook」というフリーソフトを使ってこのキーリピートの速度をさらに早くすることにしました。

Karabinerでキーリピート速度を設定

まずは、以下のサイトで「Karabiner(旧:KeyRemap4MacBook)」をダウンロード、インストールしてください。

KeyRemap4MacBook

このソフトは、任意のキーで入力する文字を入れ替えたり、違う機能を持たせたり、入力速度などの設定を変更可能。

今回はこれを使って、キーリピート(同一文字の入力)の速度を変更します。


インストールが終わったら、システム環境設定を開いて一番下の行の「KeyRemap4MacBook」を選択。

Accelerate consecutive input and moving cursor 2

「Key Repeat」タブを選択し、上の2つの項目を変更します。

「Initial Wait」は、キーリピートまでの待ち時間(先程のMac標準のキーボード設定でいうと「リピート入力認識までの時間」)を表します。

「Wait」は、キーリピートの速度(同じく「キーのリピート」)を表しています。

Accelerate consecutive input and moving cursor 3

わかりにくければ、極端に長くしたり短くして試してみるといいでしょう。

あとがき

世の中には便利なフリーソフトを公開してくれている人がいるものです。

開発者様に感謝!

なお、寄付は以下から行えますのでよろしければどうぞ。

JISとUSキーボードの違いと、乗り換える際に最低限やっておくべき2つの設定
Macでの作業効率が地味にアップする設定&ショートカットとその覚え方

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら