Webページから、直接ドラッグ&ドロップで画像が保存できるって知ってました?私は知らなかった・・・

Save pictures with dragn drop title
Dag 2 van de Javascript cursus… / flash.pro

おはようございます。パソコン使い始めて12年、Macは2年のうしぎゅう(@ushigyu)です。

先日、Webから画像を大量にダウンロードしなければいけない状況がありまして。

面倒くさいなー、何かラクにできる方法ないかなー、ブラウザからドラッグ&ドロップで保存できればラクなのにな…と思ったら、・・・あれ、普通にできるやん!

これ、みんなやってることだったんですかね?

当たり前な人には当たり前だと思いますが、私のように「知らなかった!」という方もいるかもなのでシェアします。


今までどうやって画像を保存していたか?

今までのやり方は、以下の通り。

画像の上で右クリック(MacならCtrl+クリック)して、「画像を保存」を選び、保存先を選び、保存。

Save pictures with dragn drop 1

これが普通だと思って何も考えずにやってました。

今思えば何てめんどくさいことを・・・。

ドラッグ&ドロップで画像をサクっと保存できる!

Webページを開いた状態で、保存したい画像をフォルダにドラッグ&ドロップ。

Save pictures with dragn drop 2

これだけで保存できちゃうのです!知らなかった・・・。

Save pictures with dragn drop 3

ちなみに、MacのChromeとSafari、Windows(Vista)のChromeとInternet Explorerで確かめましたが、どれでも大丈夫でした。

リンク(ブックマーク)やテキストも保存できます

ちなみに、リンク(ブックマーク)やテキストも保存できます。

画像のときと同じように、リンクをドラッグ&ドロップ。
これで保存できます。

Save pictures with dragn drop 4

このドラッグ&ドロップしたものをダブルクリックすれば、そのリンク先のページが開いてくれます。

テキストでもOK。残しておきたい文章を選択した状態で、ドラッグ&ドロップ。

Save pictures with dragn drop 5

これで保存されました。
(ちなみにこのテキスト保存だけはWindows Vistaのパソコンではできませんでした)

あとがき

知っている人にとっては基本的なことだと思いますが、意外に知らないことって多いものです。

もし私と同じように知らなかった方がいれば、早速活用してみてください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら