「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

iOS 15のiPhoneで、Safariのアドレスバー(タブ)を上に移動させる方法

iOS 15のiPhoneで、Safariのアドレスバー(タブ)を上に移動させる方法

日本時間2021年9月21日にリリースされた、iPhone・iPad向けの新しいOS、iOS 15

さまざまな変更点がある中のひとつが、Safariのアドレスが表示されているバー(タブ)が画面下へと移動したこと。


もちろんAppleとしては良かれと思って移動させたはずですが、特別利便性が上がったようには思えない割にインターフェースが変わって使いにくいと感じるユーザーも多数。

調べてみると従来どおりこのアドレスバーを上に戻す設定ができるようなので、早速やってみました。


Safariのアドレスバー(タブ)を上に移動させる方法

iPhoneおよびiPadをiOS 15にアップデートすると、Safariのアドレスが表示されるタブバーが画面下部に移動しているはず。

Safariのアドレスが表示されるタブバーが画面下部に移動している

このタブを上に移動させるためには、URLが表示されている左横の「ぁあ」をタップし、「上のアドレスバーを表示」すればOK。

タブを上に移動させるためには、上のアドレスバーを表示


設定から変更することも可能。

設定の「Safari」から、タブを「シングルタブ」にすることでアドレスバーを上に持ってくることができます。

設定の「Safari」から、タブを「シングルタブ」にすることでアドレスバーを上に持ってくることができる

上のアドレスバーを下に戻したい場合

上に移動させたアドレスバーを下に戻したい場合は、同様に「ぁあ」をタップして「下のタブバーを表示」するか、設定から「シングルタブ」→「タブバー」にすれば戻せます。

上に移動させたアドレスバーを下に戻したい場合

コメントを残す